太ると言われる芋焼酎とカロリーの関係

焼酎の中でも、芋焼酎は太るのではと考えてしまう方も多いようです。

太るお酒であれば、芋焼酎はダイエット中に飲むことが出来ないという事になりますね。

実際に焼酎は太るのか、さらに芋焼酎とカロリーの関係について紹介します。

ダイエット中でも気にせずにお酒を飲みたいという方は、是非チェックしてみてくださいね。

芋焼酎が太るという話は嘘?

「芋焼酎だから太る」という内容は、嘘であるといえるでしょう。

芋という名称から、太りやすいのではという考えに至り、「芋焼酎は太る」という話が広まったのだと考えられます。

芋焼酎は、数あるアルコール類の中でも太りにくいといえるのです。

カロリーこそ低くはないものの、飲み方が特殊であるため太りにくいお酒でしょう。

芋焼酎そのもので太るのではなく、別の要因で太ることが考えられるのです。

ダイエット中に飲むべきお酒

芋焼酎は、ダイエット中にこそ最適な種類のお酒であるといえるでしょう。

芋焼酎は芋の甘味を感じられるお酒ではあるものの、糖質はほとんど含まれず太りにくいお酒なのです。

さらに、焼酎自体、沢山の量を飲む種類のお酒ではありません。

そのため、アルコールとしての摂取カロリーも少なくなります。

ただし、多量の芋焼酎を飲めば、当然にカロリーが積み重ってしまうため太る要因となるケースはあります。

適量を心掛けている事で、太りにくいお酒になるといえるでしょう。

割る飲み物によって太ることがある

芋焼酎を飲んでいて太ったという経験がある方もいるはずです。

それは、芋焼酎に原因がある訳ではないと考えられます。

焼酎はストレートで飲むことが苦手であるという方も多く、ジュースなど糖分の高い飲み物で割って飲むという方も居るはずです。

飲み物の糖分を多量に摂取したことによって太るということが考えられます。

太ることを気にしている場合は、緑茶割りやウーロン茶割り、水割りなどで飲むことがおすすめです。

つまみが太る原因になる?

芋焼酎を飲んでいて太ったという方の中には、つまみで太った方も多いはずです。

芋焼酎は、アルコール度数の高いお酒。そのため、つまみも塩辛く、甘みのあるおかずが合うのです。

太ることを気にしている場合に芋焼酎を飲むのであれば、つまみを食べないということが最も有効な方法でしょう。

芋焼酎自体の糖質や、摂取カロリーを意識していたとしてもつまみのカロリーによって太ることに繋がるのです。

つまみを食べなければ、芋焼酎以外のカロリーを摂取しないという事になるため、太る可能性も非常に低くなるでしょう。

どうしてもつまみが欲しい場合は、カロリーの低い野菜などを摂取することがおすすめです。

ピーナッツやスナック菓子などは控えるように注意が必要です。

芋焼酎だけでは太らない

カロリー自体は低く、100ml当たり約140キロカロリー程度です。

芋焼酎自体で太ることは考えにくいお酒であるといえるでしょう。

しかし、そこにジュースやつまみなどのカロリーが加わると、太る原因となってしまいます。

つまり、芋焼酎を単体、ロックや水割りなどで飲む場合以外には、飲む時間なども太る原因となるのです。

ダイエット中に芋焼酎を楽しみたいのであれば、一緒に飲む飲み物、食べ物、時間帯にも気を付けなければなりません。

芋焼酎以外のカロリーにも意識を向けましょう。