焼酎のおすすめ通信講座とはどんな講座?

焼酎のおすすめ通信講座とはどんな講座?

日本酒と共に日本のお酒として広く愛されている焼酎。国内のみならず今や海外でも人気が高まっています。ここではそんな焼酎に関する資格を取得可能な、おすすめ通信講座を3校紹介します。

焼酎セレクトマイスターW資格取得講座

焼酎のおすすめ通信講座とはどんな講座?

焼酎セレクトマイスターW資格取得講座は、諒設計アーキテクトラーニングが行っている通信講座です。

講座内容

焼酎の特徴を初めてとしてその歴史や製造までの工程、それらを踏まえた上でどのように焼酎と付き合い、楽しむかを学ぶことが出来ます。

取得できる資格、主催協会・団体名

日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「焼酎セレクトマイスター」、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「焼酎セレクトアドバイザー」の2資格を修了後、試験に合格することで取得できます。

受講料金、受講期間

通常講座は一括で59,800円、分割払いで3,300円の20回払いとなります。また、後述するスペシャル講座は受講料は一括で79,800円、分割払いが4,400円の20回払いとなります。受講期間はどちらも通常6か月、最短2か月となっています。

受講の流れ

  1. 受講申し込み後、自宅に教材が届きます。テキスト、練習問題集、、模擬試験、添削課題などです。後述するスペシャル講座の場合、卒業課題も付属します。
  2. まずは焼酎の基礎知識から学習がスタートします。焼酎とは何か、産地はどこか、芋焼酎と麦焼酎、黒糖焼酎など焼酎の種類と製造方法などについてです。続いてマイスターを目指すなら知っておきたいブランド酒について、ラベルの見方などを学びます。より実践的に焼酎を用いたカクテルや料理法などを学んでいきます。
  3. 各回の区切りごとに添削問題を提出し、すべて完了すれば講座は修了です。

講座の特徴、メリット

本講座は修了することで日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「焼酎セレクトマイスター」、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「焼酎セレクトアドバイザー」の2資格をそれぞれのカリキュラムの修了条件を満たし、そのまま試験に進むことが出来ます。

それだけでもお得なのですが、更にスペシャル講座は卒業課題を提出することで試験が免除となり、在宅で効率よく2つの資格を取得することが出来ます。特に時間がないが急いで資格を取得したい方にとっては大変メリットがあると言えるでしょう。また、受験料のことを考えると1度で受かる自信がない方もスペシャル講座を選択することで確実に資格が取得でき、お得だと言えるでしょう。

焼酎はブームを超え、人々の定番のお酒として定着しましたが、マイスターというべき詳しい人は日本酒他と比べてまだまだ少ない状況です。この講座を受講し、取得することで飲食業界での活躍が見込まれます。

焼酎唎酒師-通信プログラム

焼酎のおすすめ通信講座とはどんな講座?

焼酎唎酒師-通信プログラムは日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会/SSIが行っている通信講座です。

講座内容

焼酎をはじめとした酒類や食品、サービスの基礎知識を身に着け、また焼酎の香りと味わいを的確に把握するテイスティングなど実践的な技術も学ぶことができます。それだけでなくセールスにおける問題点やマッチする料理、シーズンなど総合的なセールスプロモーションを学び、提案力アップにつなげることができます。

取得できる資格、主催協会・団体名

講座で用意された課題を提出し、基準に達することで焼酎唎酒師の資格を取得することができます。日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が主宰しています。

受講料金、受講期間

受講期間はスタート月より一年間となっています。スタート月の判定は申し込みをした翌月、もしくは翌々月からとなります。申し込みの締め切りは毎月25日です。たとえば、3月26日~4月25日の間に申し込みをした場合、5月1日からのスタートとなります。

受講料金は一般の場合78,400円です。合格後、認定料25,000円入会金19,000円年会費15,900円が追加で必要であることに注意が必要です。NPO法人FBO(料飲専門家団体連合会)の認定会員であれば、受講料金が39,200円、認定料が12,500円と大幅に安くなります。

受講の流れ

  1. 受講申し込み後、自宅に教材が届きます。テキスト(もてなしの基、焼酎の基)、焼酎テイスティングノート、提出課題、そして講座独自のユニークな教材として教材首があります。フレーバー、ライト、リッチ、キャラクターの4タイプの焼酎や、正常な焼酎と劣化した焼酎のセット、添削課題用の焼酎です。また、オンデマンドで動画が配信されており、動画でも学習が出来る様になっています。
  2. 通信カリキュラムは大きく3回に分かれます。第1回は食品、飲料に関する基礎知識と有資格者のスタンスについてと、焼酎の商品特性や蒸留酒の歴史とその特徴について学びます。第2回は焼酎に関する法規、法令、製法について学びます。第3回は消費者の視点に立った焼酎のタイプ分類についてと、焼酎のテイスティング、サービス、セールスぷろっモーションについて学びます。
  3. 各回ごとに提出課題を提出し、受講開始から1年以内にすべての課題に合格することで講座は修了、資格が取得でき、登録することで晴れて資格を得ることができます。

講座の特徴、メリット

本講座は焼酎のテイスティングを教材酒を用いることによって通信講座で学ぶことができます。本来は会場で限られた時間で講師から学ぶテイスティングが、自分のペースで学習できることは大きなメリットと言えるでしょう。また日本酒の唎酒師をすでに取得している方はFBOの認定会員であり、受講料や登録料が安くなるので、そう言った方にはさらにメリットが大きいと言えるでしょう。

焼酎ナビゲーター講座

焼酎のおすすめ通信講座とはどんな講座?

焼酎ナビゲーター講座はプロカレッジが行っている通信講座です。

講座内容

酒類を含む食品・サービス全般の基礎知識からノウハウまで、総合的に顧客から求められる焼酎の知識を学ぶことができます。

取得できる資格、主催協会・団体名

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が主宰し、NPO法人FBOが公認している「焼酎ナビゲーター」の資格を講座を修了し、提出課題全てに合格することで取得できます。

受講料金、受講期間

通常講座は33,940円となります。受講期間は3か月、在籍期間は6か月となっており、この間に全課題の合格が必要です。

受講の流れ

  1. 受講申し込み後、自宅に教材が届きます。テキスト、DVD、添削課題などです。
  2. テキストは2冊構成で、1冊目はもてなしの基、食品・飲料の基礎知識、食品・飲料の文化、テイスティング、マネジメントによって構成されています。
  3. 2冊目は世界に誇るべき蒸留酒、焼酎について、焼酎のラベル表示、本格焼酎と泡盛の基礎知識、甲類焼酎の基礎知識、セールスプロモーションによって構成されます。
  4. 初級では焼酎とは何か、焼酎が作られる産地はどこか、日本のブランド酒、泡盛と焼酎の違いなどです。
  5. 区切りごとに添削問題を提出し、すべて提出、合格すれば講座は修了、焼酎ナビゲーター認定登録用紙を記入、郵送することで後日認定証が送付されます。

講座の特徴、メリット

焼酎はブームを超え、人々の定番のお酒として定着しましたが、その需要に販売者はまだまだ答えきれていない状態です。いわばブルーオーシャンであるこの界隈に体系的な知識を持って臨めることは大きなメリットと言えるでしょう。

またこの資格をとっかかりとして、より高度な資格である焼酎きき酒師を目指すこともでき、キャリアアップの可能性が広がります。資格認定団体及び公認団体の教材を使用しているので安心して学習を進めることができます。

焼酎単体の選び方、飲み方について知識を深められるだけでなく、適した料理の組合せや酒器に至るまで学習することができますので、仕事での酒席において活躍が期待できることは勿論、プライベートの時間においてもより充実した焼酎との付き合いができることでしょう。

講座終了後に試験会場に出向いたり、受験料を支払わずとも在宅での添削課題を提出し、合格するだけで受講料の料金だけで焼酎ナビゲーターの認定を受けられることも多忙でありなかなか休みが取れないが、焼酎関係の資格を取得したいという人には大きなメリットであると言えるでしょう。

焼酎の資格に関する記事はこちら

焼酎資格とはどんな資格?

焼酎資格とはどんな資格?

焼酎は日本独自の蒸留酒で、麦・米・芋・そばなどを原料とした日本の代表的なお酒の1つです。

焼酎資格とはどんな資格?

お酒は大きく分けて、醸造酒と蒸留酒に分けることが出来ます。果実や穀物を原料として酵母でアルコール発酵させたものが醸造酒で、ビールやワイン、日本だと日本酒がこれに当たります。一方、蒸留酒とは原料を発酵によって生成し、出来た原酒をさらに蒸留する事でアルコール濃度や、原料から出た成分を高めたものです。その為、醸造酒と比べてアルコール度数が高めです。焼酎と共にウイスキーやブランデーが蒸留酒に当たります。

以前は、焼酎と言うとおじさんの飲むお酒というイメージが強かったですが、ロック・水割り・お湯割り・ジュース割りなど様々な飲み方が楽しめる事から若い世代の間でも人気が高まり、今では世代を問わず、多くの人達から愛されるお酒となっています。

焼酎は原料によっても種類が分かれ、それぞれに特徴があります。一般的には麦・芋・米の3つが、多く出回っています。

麦を原料とした麦焼酎は、癖のない香りで、飲みやすいのが特徴なので、初めて焼酎を飲む人におすすめです。米を原料とした米焼酎はすっきりした味で日本酒に近いことから、日本酒好きな人に愛される傾向があります。さつまいもを原料とした芋焼酎は、芳醇な香りが特徴的で、他の焼酎と比べてやや癖がある為、色々なお酒を飲まれている人に向いています。

原料によっても味や香りが違うのが焼酎の特徴で、種類によっておすすめの飲み方や合う料理も違いので、自分に合った焼酎と飲み方を探すのも、焼酎を楽しむ醍醐味のひとつと言えるでしょう。

現在では、各メーカーから様々な焼酎が発売されており、同じ原料の焼酎でも味わいや香り、癖が違います。居酒屋などで飲むのはもちろん、酒屋へ行けば多くの焼酎が並んでいるので、自分好みの焼酎を探すのもいいでしょう。

焼酎の歴史には諸説ありますが、11世紀ごろには東南アジアで焼酎に似た蒸留酒があったと言われています。その後、日本に伝わったのがおよそ15世紀ごろ。薩摩で米から作った蒸留酒が飲まれていたという記録が残っています。その後、南九州を中心に焼酎は広まり、一般的に飲まれていたと言われています。

ちなみに、焼酎という名前の由来は、「焼」が熱を加えるという意味で、「酎」は濃いお酒・強いお酒と言う意味があります。蒸留する際に熱を加えるので、焼酎とは「蒸留した濃いお酒」という意味があります。

焼酎の資格の種類

日本酒と共に日本のお酒として広く愛されている焼酎。国内のみならず今や海外でも人気が高まっています。ここではそんな焼酎に関する資格の種類について説明します。

焼酎資格とはどんな資格?

焼酎セレクトマイスター【日本安全食料料理協会】

焼酎セレクトマイスターとは、日本安全食料料理協会が主催されている資格です。

焼酎に関する幅広い知識を正しく有している事を認定する資格となっています。

焼酎の歴史や製造方法はもちろん、芋・麦・米・胡麻・シソなどの種類や、それぞれの土地による風土や気候、文化の違いによる焼酎作りの違いや味の特徴なども理解します。さらにロック・水割り・お湯割り・ソーダ割りなどの飲み方の違いを把握し、飲む人の好みに合わせた飲み方を提供できる必要があります。

飲食関係の仕事をしている人やお酒を取り扱う仕事をしている人だけでなく、お酒が好きな人、特に焼酎が好きな人にもおすすめの資格です。

試験内容、受験料、受験日程

焼酎の歴史や原料と言った基礎知識から、製品による製造方法の違いや特徴、そして美味しく飲む為の飲み方など、焼酎に関わる知識全般を出題されます。

試験は2月・4月・6月・8月・10月・12月の年6回で、開催の前月が申込期間、当月末が答案提出の締め切りとなっています。

受講料は10000円なので、他の資格試験よりは安価で比較的受けやすい資格です。

取得方法、受験資格

焼酎セレクトマイスターの資格試験を受けるには、日本安全食料料理協会のホームページから申し込む必要があります。こちらは在宅受験なので、申し込むと自宅へ試験問題が郵送されます。届いたら自宅で問題を解き、締め切り期日までに答案用紙を返信します。70%以上の正答率で合格となり資格取得できます。

受験資格は特にないので、どなたでも試験を受けることが出来ます。

焼酎セレクトアドバイザー【日本インストラクター技術協会】

焼酎セレクトアドバイザーは、日本インストラクター技術協会が主催されている資格です。

焼酎セレクトアドバイザーは、焼酎の製造方法や特徴などの基礎知識だけでなく、焼酎の選定方法や飲み方、さらには各焼酎に合うグラスや料理の選び方まで学び、焼酎のプロフェッショナルとしてアドバイスが出来るだけの知識を認める資格です。

焼酎の知識を学ぶだけでなく、料理と合わせて焼酎を楽しむための選び方や、種類によって違う焼酎の味や特徴を理解し、飲み方を提案できること。さらにより焼酎を楽しんでもらうためのおもてなしや雰囲気を作れることも必要となる資格です。

焼酎を取り扱う仕事をしている人はもちろん、自分で焼酎を楽しみたい人にも人気の資格です。

試験内容、受験料、受験日程

焼酎セレクトアドバイザーの資格試験では、焼酎の製法や特徴、選定方法や飲み方など焼酎にまつわる基礎知識だけでなく、焼酎に合わせた料理の選び方や、オリジナルの酎ハイの作り方、さらにはおもてなしについても出題されます。

試験は2月・4月・6月・8月・10月・12月の年6回で、試験開催月の前月1ヶ月間が申込期間で、当月末が答案提出の締め切りとなっています。

受講料は10000円なので、比較的安価でどなたでも受けやすい資格です。

取得方法、受験資格

焼酎セレクトアドバイザーも在宅受験なので、試験会場へ出向く必要がなく、時間がない人や小さいお子さんがいて家を空けられない人でも受けられる資格です。

日本インストラクター技術協会のホームページから申し込むと、自宅へ試験問題が郵送されます。試験期間中に問題を解き、同封されている封筒に答案用紙を入れ返信ます。

70%以上の正答率で合格となり資格取得となります。

焼酎唎酒師【日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会】

焼酎唎酒師は、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が主催されている資格です。

焼酎唎酒師は焼酎アドバイザーとも呼ばれており、焼酎の製造工程や原料などの基礎知識から、焼酎の種類による特徴や提供方法、テイスティング法などの美味しく飲むための方法、さらには焼酎を楽しんでもらうためのサービスやおもてなしまで学び、焼酎のプロフェッショナルであることを認める資格です。

資格発行元の「日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会」は、日本のお酒である「日本酒」・「焼酎」を世界のお酒と胸を張って言えるよう、国際的な基準で、そして消費者視点で問題を提起し、それを解決に向けて研究することで、日本の酒文化を発展・継承に寄与する事を目的としたNPO法人です。

焼酎唎酒師は、焼酎に関する知識と、より焼酎を美味しく飲み楽しむ為の知識と技術が求められる資格です。

試験内容、受験料、受験日程

焼酎唎酒師の資格試験は、1次~4次まで分かれています。1つの試験で所要時間は50分ほどで、内容は1次と2次が選択式の筆記試験(一部記述式)です。1次試験では接客などのおもてなしと、食品・飲料全般の基礎知識に関しての問題が出題され、2次試験では焼酎の原料や商品特性、製法・歴史など、焼酎の基礎知識について出題されます。

3次試験はテイスティングを伴う筆記試験で、一部選択式の記述問題です。焼酎の品質の評価、個性の抽出、焼酎の正常な状態と劣化した状態の品質判定など、より実践的な試験を行います。4次試験は記述式で、焼酎のサービスやセールスプロモーションなどさらに広い視野を必要とするに問題が出題されます。ちなみに、通信プログラムでは試験がなく、その代わりに課題を提出し判定します。

受験費用はプログラムによって異なり、通信プログラムでは受講料と合格後の諸費用で合計138300円です。1日通学コースと在宅コースは118700円かかります。会場は各地にあり、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会のホームページが確認できます。試験は月に2~6回開催されています。2日間集中プログラムでは139100円かかりますが、FBO認定会員だと52100円です。7月と11月の年2回開催されています。

取得方法、受験資格

焼酎唎酒師の取得方法は「通信プログラム」・「受験プログラム(1日通学コース)」・「受験プログラム(在宅コース)」・「2日間集中プログラム」の4つがあります。

通信プログラムは自分のペースでゆっくりと勉強したい人におすすめです。添削問題を提出して講師からのアドバイスを受け、次の添削問題に挑みます。試験はなく全3回の添削問題で合格ラインに達していれば資格取得となります。

受験プログラム(1日通学コース)は、会場へ出向き講義を受講した後、試験を受けます。講義は1日で終わり、講義から1カ月以内に試験を受ける必要があります。講師から直接指導を受けたい人におすすめです。

受験プログラム(在宅コース)は、時間がなく講義会場へ行けない人の為のコースです。自宅へ届いた教材と動画で、在宅学習をし、その後試験を受け、合格すると資格取得となります。

最後に2日間集中プログラムは、事前に自宅へ届く教材で事前学習を行い、会場で2日間連続して受講と試験を繰り返し、資格取得を目指します。2日間で資格取得が出来るので、早く資格を欲しい人におすすめのプログラムです。

どのプログラムも受験資格は20歳以上であること以外には特にありません。

焼酎の資格を活かす方法

焼酎資格とはどんな資格?

焼酎の資格を生かせる場所は限られてきますが、それにはどのような方法があるのでしょうか。ここでは焼酎の資格を生かすための方法について説明します。

飲食店で働く

焼酎の資格を最も生かしやすのが飲食店です。居酒屋やバーなどお酒を扱う飲食店には様々な種類のお酒が並び、お客様は自宅では飲めないような美味しいお酒を求めて来店されます。中でも焼酎は種類が豊富で若い世代にも人気が高まってきたこともあり、最近では焼酎専門のバーもあります。

人それぞれ味の好みがあるので、来店されたお客様から求めているのもや味の好みを聞きだし、その人に合った焼酎を選び提供できれば、大変喜ばれるでしょう。

醸造業

お酒造りに携わる人にも焼酎の資格はおすすめです。焼酎の資格を取得するには製造方法や原料はもちろん、各土地によって異なる製造過程なども学びます。土地や文化によって違う製造方法を学び、そこから来る味の違いを知ることで、仕事にも良い影響が出るでしょう。

また、最近では酒蔵見学などのツアーも開かれるようになりました。そのような時にあまり知られていないような焼酎の知識を伝えられると、参加者の興味を引け、焼酎に対する関心を持ってもらいやすくなります。

カルチャースクール

一昔前は、焼酎と言えば「おじさんの飲むお酒」というイメージでしたが、最近では若い人や女性でも焼酎を飲む人が増えてきたこともあり、新しく焼酎に興味を持ち始めた人も少なくありません。そういった焼酎初心者の人を対象に、焼酎の魅力を知ってもらう為、焼酎の飲み方や、自分好みの焼酎を見つける方法をレクチャーするカルチャースクールを自宅などを使って開催する事もできます。

カルチャースクールの場合、参加者のほとんどは焼酎を学びたいと思って集まっているので、ただ焼酎が好きな人や詳しい人でなく、焼酎のプロから学びたいと考えるものです。資格を取得する事で焼酎のプロフェッショナルとして参加者への信頼にも繋がるので、焼酎の資格を取得する事はカルチャースクール開催のためには必須条件とも言えます。

自宅で焼酎を楽しむ

焼酎の資格を取得する目的は仕事のためだけとは限りません。お酒が好きな人、特に焼酎が好きな人で、焼酎についてより深く知る為に資格を取得する人もいます。

焼酎について学ぶ事で、種類による飲み方の違いや、合う料理の違いを知ることができ、自宅でのひと時をより心地よく楽しいものにしてくれます。

焼酎の通信講座に関する記事はこちら

焼酎のつまみには何がいい?焼酎別の簡単レシピ

焼酎

焼酎といえば酒類の中でも、食中酒として楽しむ方が多いのではないでしょうか。食中酒として楽しむ方が多い理由としては原料によっていろいろな味わいがあり幅広いジャンルの料理に対応できるという事と、ロック、水割り、お湯割りなど様々な飲み方ができるので熱い料理から冷たい料理まで味付けの濃いものから優しい味付けのものまでこちらも幅広く合わせることができます。今回は焼酎の種類別におすすめのおつまみと簡単なレシピのご紹介をしたいと思います。

芋焼酎にあわせるつまみ

しっかりした風味や味わいが感じられる芋焼酎には、やはりしっかりした味付けのものがおすすめです。芋焼酎の本場の鹿児島た宮崎では醤油は甘い醤油が主流です。甘い醤油で食べるおさしみや、鹿児島の伝統食であるさつまあげなどは芋焼酎にぴったりのつまみだといえます。また、しめさばなどの少しクセのあるものやキムチなどの発酵系の酸味のあるものいぶりがっこなんかもあいます。お肉だとやはり豚肉と相性が良いので、豚キムチや豚肉の生姜焼き、スペアリブの甘辛煮込みなどしっかりした味わいの豚肉料理にはぴったりではないでしょうか。では、芋焼酎に合わせるつまみの簡単レシピをご紹介したいと思います。
キムチ冷ややっこ(温豆腐)
材料

豆腐半丁

キムチ適量

お醤油(あれば甘い醤油)

ネギ

作り方

豆腐半丁にキムチをのせて冷ややっこの場合はそのままお醤油とネギをかけて出来上がり。温豆腐にする場合は豆腐半丁にキムチをのせてレンジで2分温め、お醤油とネギをかけて出来上がり。

麦焼酎にあわせるつまみ

クセが少なく飲みやすい麦焼酎ですので、どんなお料理にも合わせやすいと思います。揚げ物などにあわすと油っぽさを麦焼酎はさっぱりとさせるので良く合うのではないでしょうか。麦焼酎の本場である大分県ではとり天が有名ですがまさしくとり天などは麦焼酎にピッタリだと思います。あとは、ごま油などの香りやコクのあるお料理とも良くあうと思います。中華料理などにも合わせやすいのではないでしょうか。レバニラや八宝菜などに少しごま油をきかすと麦焼酎にぴったりのおつまみになると思います。それでは麦焼酎に合うつまみの簡単レシピをご紹介したいと思います。
ザーサイ奴(温豆腐)
材料

豆腐半丁

ザーサイ適量

お醤油

ごま油

作り方

豆腐半丁に少し粗めに刻んだザーサイをのせてお醤油をかけ仕上げにごま油を少し垂らす。温かくしたい場合は、豆腐半丁を先にレンジで2分ほど温めてそのあとザーサイとお醤油、ごま油をかける。

米焼酎にあわせるつまみ

米焼酎には2種類あります。日本酒ににているような吟醸香のある綺麗な味わいのものと、昔ながらの球磨焼酎のようなしっかりとした味わいのもの。日本酒のような米焼酎にはやはりお刺身があうのではないでしょうか。たっぷりのワサビをきかせて食べると魚の生臭みも米焼酎により消されます。球磨焼酎タイプのしっかりした米焼酎なら、豚の角煮などの甘辛いしっかりした味付けのものがあうと思います。その他、焼き鳥などにも良く合うと思います。最後に米焼酎に合うつまみのレシピをご紹介したいと思います。
昆布豆腐(温豆腐)
材料

豆腐半丁

とろろ昆布適量

お醤油

かつおぶし・ネギ・七味

作り方

豆腐半丁にとろろ昆布をのせて、お醤油をかけかつおぶし・ネギ・七味をのせる。温豆腐にする場合は、豆腐半丁にとろろ昆布と料理酒を小さじ1ほど垂らしてレンジで2分温め醤油、かつおぶし・ネギ・七味をかける。

今回はそれぞれの焼酎にあう、本当に簡単に豆腐で作れるレシピをご紹介させて頂きました。焼酎にあわせてつまみを工夫して食べると食の幅がひろがるのでおすすめです。

ツウ好みの米焼酎!球磨焼酎や泡盛を徹底解剖

原料によって焼酎の種類は様々ですが、芋焼酎や麦焼酎と違って少し地味なイメージがあるのが米焼酎です。実は、熊本などで作られる米焼酎も有名ですがもっと有名なのが沖縄で造られる米焼酎、「泡盛」です。泡盛=米焼酎というイメージの方は少ないかもしれませんが、泡盛はれっきとした米焼酎です。それでは、泡盛も含めて米焼酎についてご紹介したいと思います。

米焼酎とは

米焼酎とは、米を原料とした焼酎です。熊本県で造られる「球磨焼酎」が有名ですが沖縄県で造られる「泡盛」も米焼酎の一種です。大きな違いは、「球磨焼酎」は基本的に白麹、黒麹、黄麹どの麹を使って製造しても良いのですが、「泡盛」は黒麹のみ使用が認められています。また、原料米も、球磨焼酎が国産米を使用することが多いのに比べて「泡盛」はタイ米を中心に製造されます。出来上がった味わいも全く違いますがそれぞれ米焼酎にカテゴライズされます。では「球磨焼酎」とは詳しくどのような焼酎なのでしょうか。

球磨焼酎とは

米焼酎の中でも中心的なブランドとして有名な球磨焼酎ですが、球磨焼酎を名乗るには3つの条件があります。一つは原料が米を100%使用している事、二つ目は球磨川の伏流水で仕込んでいる事、最後に球磨地方で蒸留、瓶詰めされている事、この3つの条件をクリアしなければ球磨焼酎と名乗ることはできません。昔ながらの球磨焼酎の特徴としては度数が高いものが多く独特のクセがあります。ただ、熟成するにつれクセが旨味となり球磨焼酎にしか出せない味わいを作りだします。焼酎は球磨焼酎でないと、という方がいるのも納得いきます。最近では綺麗な味わいで飲みやすいタイプのものや、樽などで熟成させたタイプのものなど様々な球磨焼酎が広く流通しています。球磨焼酎の有名な銘柄としては、昔ながらのタイプですと「武者返し」や「豊永蔵」などがあり、すっきり綺麗な味わいだと「鳥飼」や「吟醸房の露」などが人気があります。また、全国的に有名なものはすっきりと飲みやすいタイプの「白岳しろ」や「もっこす」などがあります。米焼酎をお探しならまずは、球磨焼酎からはいられると色々楽しむことができ本格的に味わいの幅を感じることができると思います。もう一方で有名な米焼酎に沖縄で造られる泡盛があります。

泡盛とは

沖縄で造られる米焼酎で黒麹を使用することが決められています。泡盛にも実は、細かい規定がありそれをクリアしていないと「琉球泡盛」と名乗ることができません。泡盛の規定は、原料に米を使用すること、黒麹菌を使用すること、仕込みは一回だけの全量仕込みをしていること、単式蒸留で蒸留すること。この4つが琉球泡盛を名乗る為の要件です。米を使用することは球磨焼酎と同じなのですが、黒麹を使用するのは泡盛独自のルールです。暑い沖縄では麹菌自体が強い黒麹菌を使います。全量仕込みというのは原料の米に黒麹をかけて麹米をつくりそこに水と酵母を加えてもろみをつくり発酵させるという、一工程でアルコール発酵まですすめるシンプルな造りの事を全量仕込みといいます。単式蒸留はいわゆる本格焼酎の事で、乙類の焼酎の事です。逆に連続式蒸留というのは甲類の焼酎の事です。泡盛は作る地域によって味わいが違うのでそれぞれ贔屓にしている銘柄があります。中でもやはり地元の蔵元の泡盛は人気があるので好きな銘柄で出身地がわかったりします。全国的に良くしられているのは「残波」や「菊の露」などが有名ですが、「瑞泉」や「八重泉」なども最近では人気があります。

米焼酎と一言でいっても、様々な味わいがあり芋焼酎や麦焼酎に比べても味わいの幅は広いものだと思います。色々のみ比べてお気に入りの一本をみつけてみてはいかがでしょうか。

焼酎の効能は?健康に良い焼酎の飲み方は?

酒は百薬の長という言葉がありますがこれは焼酎にも当てはまるのでしょうか。また、焼酎は健康に良いともいわれていますが本当でしょうか。焼酎の効能や健康に良い理由などをご紹介したいと思います。

焼酎は健康に良い?

一般に焼酎が身体によいという話をきいたりすることがあると思います。実は、鹿児島の大学などでが焼酎と健康に対しての研究がずっと続けられており新しい論文なども発表されています。焼酎が身体に良いといわれている理由は諸説ありますがいくつかご紹介したいと思います。まずは、コレステロールのお話です。焼酎には悪玉コレステロールを減らし善玉コレステロールを増やす効果があるといわれています。ただこの効果は焼酎に限ったことではなくアルコール一般にいわれている効果です。ですので焼酎だけが健康にいいという事ではないです。次に、焼酎には「プラスミン」という酵素を増やす働きを促す効果があります。このプラスミンは肝臓で作られる酵素の一種で、血栓を分解する効果があるといわれています。アルコールにはプラスミンを増やす効果があるのですが、アルコールの中でも特に焼酎がこの効果が高いといわれています。もっと細かくいうと芋焼酎や泡盛が良いそうです。血栓を溶かすことで、心筋梗塞の予防や脳梗塞の予防、血栓症の予防などに役立つことが期待できます。そして良くいわれる効能が、痛風に対する効能です。痛風はプリン体の取りすぎによって尿酸値があがり発症しますが、ビールなどに比べて焼酎はプリン体の含有量が少ないため、痛風の際にアルコールを飲むなら焼酎がおすすめです。その他は、焼酎は糖質が0でなおかつカロリーも低いためダイエット効果もあるといわれています。現代人に嬉しい効果としては、焼酎の香りにはリラックス効果やストレス軽減の効果があるといわれています。確かに、少し甘い香りをかぐと優しい気持ちになるような気がします。また最近の研究では、焼酎には血糖値の上昇を抑える効果があるという発表がありました。これはまだ、新しい発表で研究もまだまだ進められていますが糖尿病の方などには嬉しい健康効果の発表だといえます。このように、色々な健康効果があるといわれている焼酎ですが効果的な飲み方はあるのでしょうか。

焼酎の効果的な飲み方

ダイエット効果を促進するなら、ロックで飲むより水割りやお湯割りがおすすめです。ただでさえ低カロリーの焼酎ですが、水などのカロリーのないもので割ることによりさらにカロリーが低くなります。少し味があったほうがよければ、レモンやライムを加えるのもおすすめです。また、ストレス軽減やリラックス効果を期待するならお湯割りがおすすめです。お湯割りにすることで焼酎の成分が揮発しより効果を得ることができます。また、お湯割りは身体を温めることができるので、アルコールの効果と相まって身体をしっかり温め血液の循環を良くすることができます。血流の改善により、肩こりや冷え性にも効果があります。ただ、気を付けないといけないのは何事も適量をまもるという事です。

焼酎の適量は?

健康効果があるからといって焼酎をたくさん飲むと肝臓を傷めたりし逆効果になります。だいたい多くても2.5合くらいが適量といわれています。焼酎を適量楽しむことで身も心も健康効果を存分に得たいものですね。

焼酎の度数は何度くらい?日本酒とどちらが高い?

日本酒と違って焼酎は基本的に割ってのむことが多いと思います。

その理由としては味わいやおいしさはもちろんの事、焼酎は日本酒に比べて度数が高いことがあげられます。焼酎と日本酒の度数の違いや、焼酎の度数にはどのような種類があるのかご紹介したいと思います。

焼酎と日本酒の度数の違い

一般的に日本酒は温度は色々変化させるものもありますが、基本的にはそのまま飲むことが多いです。度数は大体、15度~16度前後で酒税法では22度未満と規定されています。日本酒の度数が低い理由は日本酒を含む醸造酒は酵母によるアルコール発酵のみで生成されるため、酵母菌の活動がとまればアルコール発酵も止まる為それ以上アルコールが生成されなくなります。通常ですと20度前後のアルコール度数が限界となります。それに比べて焼酎は蒸留酒なので必然的にアルコール度数は高いものになります。50度前後の原酒をまずつくり、そこに加水をして度数を調整します。長期熟成するものなどは、そのままの味わいを残すために高い度数のまま貯蔵熟成をすることもありますが基本的には加水をして20度~25度くらいに仕上げるのが一般的です。ただ、泡盛に関しては30度が基本の度数になります。一説ですが、泡盛は沖縄で飲まれており、沖縄は気候上泡盛を水割りで飲むことが多く水で割っても数がしっかり残るように30度に設定されているという説があります。それでは同じ焼酎の銘柄でも20度と25度があるのはどうしてでしょうか。

焼酎の度数が20度と25度ある理由

有名なものでは、黒霧島が良く見かけることが多いと思いますが20度と25度の両方を作っています。大分県の麦焼酎や宮崎県の芋焼酎に良く見られる同一銘柄で20度と25度があるという現象ですが理由としては諸説あります。25度を割れば20度になるのでは?と思う方も多いと思いますが、実は酒税法が絡んでいるそうです。酒税は基本的にアルコール度数によって課税金額がかわります。アルコール度数が高いと課税金額も高くなる為、戦後まもなくは25度の度数の焼酎しかつくられていませんでした。そんな中、多くの密造焼酎がでまわりました。密造焼酎は質が悪く健康に害を及ぼす恐れのある危険なものでした。また、製造技術もそんなに高くない為、度数も安定せず、20度前のものが多かったそうです。その密造酒対策として酒税法が改正され、25度しか作られなかった焼酎が20度の製造も可能になりました。20度は25度より度数が低いため、税金も低くてすみ販売価格も抑えられました。このようなことから、20度の焼酎が作られるようになったといわれています。その他には、宮崎や大分では焼酎を「生(き)」で飲まれる方が多く25度だと少し飲みにくいため滑らかに飲むことができる20度が重宝されるという説もあります。

20度と25度の焼酎の味わいの違い

20度の焼酎は加水の割合が高いためのみやすく感じるという事ももちろんありますが、焼酎の成分と水の成分が融合し25度に比べると甘味を感じるといわれます。アルコールの強いアタックも少ないため初心者でも飲みやすいです。そのまま冷やして飲むという強者もいらっしゃいます。一方25度はしっかりした味わいとコク旨味を感じられます。お湯や水で割ったり焼酎の味わいをしっかり感じたい時はやはり25度の焼酎がおすすめです。

このように度数の違いに注目して焼酎を飲んでみるもの楽しいものです。20度の焼酎も探せば以外とたくさんあるので是非、色々調べてみると面白いと思います。

焼酎を英語で言うと何になる?日本酒との違いの説明は?

焼酎のおすすめ通信講座とはどんな講座?

日本ではとてもポピュラーなお酒の一種である焼酎ですが、英語ではなんと説明するのでしょうか。日本に訪れる海外の方も多くなり話題になる機会もこれから増えると思います。

今回は、焼酎を英語で伝えたり、日本酒との違いを英語でうたえるにはどのように表現するかをご紹介したいと思います。

焼酎は英語でなんていう?

焼酎はそのまま「sho-chu」で通じます。少し説明も付け加えるなら「Sho-chu is a traditional Japanese distilled spirit.」(焼酎は日本の伝統的な蒸留酒です。)でわかると思います。ここから細かく説明するなら、主に九州で造られていることや、原料は基本的に芋・麦・米が主流ですが、色々な原料から作ることができることなどを説明するともっと理解を深められると思います。例えば「Sho-chu is a Japanese distilled beverage. Although sho-chu is made at pretty much everywhere in Japan, Kyushu is a famous district for it. It can be made from from barley, sweet potatoes, rice, buckwheat and other ingredients. There are many ways to drink sho-chu.」(焼酎は日本の蒸留酒です。全国で造られていますが、最も盛んにつくられているのは九州です。麦や芋、米、黒糖など様々な原料から作られます。焼酎は色々な方法で飲むことができます。)と説明するとよりわかりやすい説明になると思います。そこに続く言葉として覚えておきたいのが飲み方を表す英語の表現です。

焼酎の飲み方を表す英語の表現

水割りやソーダ割りなど、「~割」という表現は「with~」というのが一番わかりやすいとおもいます。水割りなら「with water」ソーダ割りなら「with soda」のように表現します。お湯割りなら「with hot water」ですね。量も付け加えたい場合は「with a little bit of water」や「with a lot of water」と加えます。また、割らないでそのまま飲む場合は「straight」や「neat」という表現を使います。「with~」はとても便利でレモンを添える場合には「with lemon」などのように添えたいものを後ろに付け加えるだけで色々な表現ができます。それでは良くきかれる焼酎と日本酒の違いについての表現をご紹介したいと思います。

焼酎と日本酒の違いを英語で説明する方法

まず、焼酎は「sho-chu」、日本酒は「Sake」または「Japanese Rice Wine」といいます。焼酎と日本酒の違いは、製造方法の違い、原料の違い、飲み方のバリエーションの違いがあります。まず、製造方法ですが焼酎は蒸留して作られるのに対して日本酒はワインなどと同じ醸造酒です。こちらを英語で表現すると「What is the difference between Sho-chu and Sake?」(焼酎と日本酒にはどのような違いがありますか?)「The biggest difference is that Sho-chu is distilled and Sake is not distilled.」(最も大きな違いは焼酎は蒸留されていますが、日本酒は蒸留されていません。)と伝えると良いと思います。次に原料の違いですが、日本酒が米からしか作られないのに対して焼酎の原料は様々です。これを伝えるときには「Secondly, the ingredients are different.」(次に原料にによる違いがあります。)「Sake is always made of rice, but Sho-chu is made of different ingrediants, such as rice, wheat, sweet potato, and so on.」(日本酒は米から作られますが、焼酎は米や麦、さつまいもなど様々な原料から作られます。)と表現します。最後に飲み方のバリエーションですが、日本酒は温度の差はあれどそのまま飲むことが基本です。それに比べて焼酎は様々な飲み方ができます。それを伝えるには「Most people drink Sake straight, but when they drink Sho-chu, they like to put some ice in or add some water, hot water, soda,and so on.」(多くの日本人は日本酒をそのままストレートで飲みます、でも焼酎を飲むときは氷を入れたり、水を加えたり、お湯やソーダを加えます。)という表現を用います。このように焼酎と日本酒の違いを表現する際はまず、焼酎と日本酒の違いを考えて説明するようにすると伝わりやすいと思います。

色々な国から外国の方が来日され焼酎を飲まれる方も増えてきています。ぜひ記事を参考に焼酎の良さを伝えて頂ければと思います。

焼酎を贈ろう!ギフトに人気の焼酎3選

焼酎の人気が高くなった最近では、お酒好きな方へのギフトに焼酎を贈られる方も多いのではないでしょうか。健康志向ブームもあいまって、蒸留酒である焼酎は糖質やプリン体がないので何かと制限がある方にも喜んで頂けるお酒の一つです。ただ、焼酎の味わいや好みの幅は広く、初めて焼酎をギフトにしようとしたときにどれにしようか迷ってしまうことも事実です。今回は選び方とギフトにおすすめの焼酎をいくつかご紹介したいと思います。

ギフトに贈る焼酎の選び方

普段から焼酎を飲んでいる方になら、飲んでいる焼酎の種類や飲み方である程度絞ることができると思います。例えば、普段芋焼酎をお湯割りで飲んでいるなら、ちょっといい芋焼酎をギフトにするのはいかがでしょうか。芋焼酎でも長期熟成のものや、樽で熟成させてたもの、甕で貯蔵したもの、蒸留して割水していない原酒などいくつか種類があります。ただ、手間をかけている分お値段も少し高くなるのでギフトで頂くと嬉しいと思います。芋焼酎がお好きな方には芋焼酎の少し良いものをギフトにすると喜んで頂けます。次に麦焼酎を水割りやロックで飲んでいる方はおそらく飲み口が良い焼酎がお好きだと思います。同じ麦焼酎をギフトにするのも良いですが、あえて米焼酎をギフトにするのもおすすめです。新しい世界が広がりまた話も弾むと思います。最後に好みがわからない場合は、黒糖焼酎やそば焼酎などはいかがでしょうか。普段あまりご自身で買わない焼酎をギフトで頂くと好みの幅が広がり喜ばれると思います。

ギフトに焼酎を贈る際のコツ

ギフトに焼酎を贈る際に、おすすめしたいコツを二つご紹介します。一つ目は、見た目にこだわることです。焼酎は安い、というイメージがまだまだあるので箱入りのものやボトルの形にこだわったものなどを選ぶとぐっとギフト感が増します。また、一升瓶をギフトにする際は、巻紙をしてもらって熨斗をつけるとぐっとギフトらしくなります。一升瓶2本以上なら、2本縛りにしてもらうのもギフトにはおすすめです。二つ目はグラスなどのアイテムを一緒に贈る事です。意外と、グラスまでこだわっている方は少ないと思います。ロックや水割りで飲まれる方には縁が薄いグラスを、お湯割りなどで飲まれる方には陶器のカップを贈られると喜ばれると思います。焼酎との割る比率がわかりやすくカップに印がついているお湯割り専用の陶器のカップなども販売されているので色々探してみると面白いものが見つかると思います。焼酎好きの方にとても喜ばれるのが焼酎サーバーです。焼酎を入れておくとサーバーの素材などにより熟成されまろやかになる効果などが期待できます。なかなかサーバーまでそろえる方は少ないと思いますので焼酎と一緒にギフトにされるととても喜ばれると思います。それではギフトにおすすめの焼酎をいくつかご紹介したいと思います。

ギフトにおすすめの焼酎3選

無何有(むかう)本坊酒造屋久島伝承蔵 芋焼酎
1年に1回の出荷の超限定品。手作りで麹を仕込み37度という高アルコールなのにまろやかで角がとれた味わいです。桐箱入り。10.000円前後。
銀座のすずめaged7years 八鹿酒造株式会社
7年間バーボン樽でじっくり熟成させた麦焼酎。まろやかで香ばしい香りと味わいが特徴です。後味や余韻も上品で優しく続きます。5.000円前後。
大古酒(だいこしゅ) 繊月酒造株式会社
常圧で蒸留した米焼酎を土甕で30年以上寝かせたすごい焼酎です。40度あるのでウイスキーのようにちびちび楽しんで頂きたい焼酎です。大古酒を飲むと焼酎の概念を覆されます!桐箱入り。6.000円前後。

是非、ギフトにされるなら箱にもこだわりたいところです。今回ご紹介した3つの焼酎は桐箱や化粧箱に入っているのでギフトにも最適です。こだわりの焼酎をギフトにしてみてはいかがでしょうか。

焼酎をプレゼントに!人気の銘柄や選び方をご紹介

お酒が好きな方へプレゼントするには焼酎は手頃で贈り物にしやすいのではないでしょうか。日常に焼酎を飲まれる方も増えてきて、焼酎の専門店やデパートに行かなくても少し大きいスーパーなどにも焼酎の銘柄がたくさん置かれるようになってきました。ちょっとしたプレゼントやお礼などにも使えるようになってきた焼酎ですがどのような選び方をしたら良いのでしょうか。

プレゼントにする焼酎の選び方

まずはやはり、普段どのようなお酒を飲まれているかによって変わってくると思います。日本酒好きな方なら、きれいな味わいの米焼酎がおすすめですし、ウイスキーがお好きな方なら樽で熟成させた麦焼酎や米焼酎がおすすめです。いつも芋焼酎を飲んでいらっしゃるのでしたら、芋焼酎の少し変わった銘柄を選ぶと喜んでもらえたりします。また、女性の場合は焼酎ベースの梅酒やゆずのリキュールなどをプレゼントすると喜んでもらえる上にそこからハマってしまう方も少なくないです。このように気に入って飲んでもらえることがプレゼントの醍醐味ともいえるのでまずは相手の好みをリサーチすることが大切です。ただ、そんな中でも、相手の好みがわからない、という場合もあると思います。女性ならリキュール系の焼酎がおすすめですが、男性にはちょっとという場合はどうすればよいでしょうか。

相手の好みがわからない場合の選び方

相手の好みがわからない場合おすすめなのが、黒糖焼酎や栗焼酎、そば焼酎などの少し変わり種の焼酎です。本当に変わっているもの、例えばピーマンや粕取りなどは、クセがかなり強くあまりおすすめできませんが、上記であげた黒糖焼酎や栗焼酎、そば焼酎などはクセは柔らかく素材の優しい風味が感じられる為お酒が好きな方ならわりと抵抗なく飲んでいただけると思います。特に、黒糖焼酎は甘味やコクはありますが後味がすっきりとしてクセがなく飲みやすいので飲んだことのない方がプレゼントで頂かれそこからハマってしまう方も多いです。栗焼酎も栗のふわっとした甘い香りがありつつも味わいはすっきり、どちらかというと米焼酎の近い感じで飲みやすく人気があります。またそば焼酎はそば独特の風味がありつつも、素材の性質上なじみがある風味なので万人受けしやすく年配の方にプレゼントすると喜んでいただける場合が多いです。ただ、そば焼酎はそばアレルギーなどもあるのでそこだけは少し注意をしなければいけません。ではそれぞれ人気の銘柄をご紹介したいと思います。

黒糖焼酎のおすすめ銘柄

紅さんご
奄美大島開運酒造 黒糖焼酎

常圧蒸留で仕上げた黒糖焼酎の原酒を樫樽で長期熟成。黒糖焼酎特有のコクのある香りと柔らかな甘味、そして大自然の天然水のまろやかさがバランスよく感じられます。さんご色の箱も美しく男女問わずプレゼントにおすすめです。

栗焼酎のおすすめ焼酎
ダバダ火振
株式会社無手無冠 栗焼酎

栗をたっぷり50%も使用して作った焼酎です。香りを逃さないように低温で仕上げました。栗のほのかな甘みとふんわりした香りがクセになります。少し珍しい焼酎ですが、普段自分では買わないような焼酎をプレゼントにするのもおすすめです。

そば焼酎のおすすめ銘柄

マヤンの呟き
雲海酒造株式会社 そば焼酎

口コミでも評価が高いマヤンの呟きですが、何と言っても減圧蒸留で仕上げた原酒を樫樽で熟成させているのでとにかく綺麗で雑味のない味わいが特徴です。口に含むと優しいそばの香りと樫樽のフルーティな風味か感じられ余韻もきれいです。味わいもさることながら深い緑の雫型のボトルも素敵ですのでプレゼントにしたら喜んでいただけること間違いなしです。

今回は、あえて芋、麦、米焼酎などの王道ではない焼酎をご紹介しました。せっかくのプレゼントなので普段自分で買わないようなものをプレゼントするのも素敵だと思います。是非参考に素敵なプレゼントを探してみて下さい。

贈り物に人気の焼酎!選び方のポイントは?

焼酎はビールや日本酒、ワインなどに比べるとカロリーがないので健康だというイメージがあります。また、痛風などで制限がある方でも楽しめるのでお酒が好きな方への贈り物には最適だといわれています。でもなんとなく焼酎は日常で飲むお酒のように感じられて、贈り物にするには少し気が引ける、という方も多いのではないでしょうか。今回は贈り物にピッタリな焼酎をご紹介したいと思います。

贈り物に焼酎がおすすめな理由

焼酎の種類の一つである「泡盛」。泡盛は沖縄で造られる米焼酎です。この泡盛、実はお祝いでよく贈り物にされるのです。蒸留酒である焼酎(泡盛)は年月を経る=寝かす、熟成させることにより味わいがまろやかになりより美味しくなると言われています。沖縄では『古酒(くーす)』といわれとても大切にされています。子供が生まれると、その年の新酒の泡盛を贈り、子供が20歳になるまで大切に熟成させます。そして20歳のお祝いにみんなで飲むという文化があります。お祝い事にとても重宝されるのです。このようなエピソードがあるように、大切に熟成することができる焼酎(泡盛)は贈り物に最適だと考えられます。

選ぶポイントは?

それでは、どのように選べばよいでしょうか。ポイントはいくつかありますが予算などでも変わってきます。高価なものだと、定価でも何万円もするものももちろんありますし、手にはいりにくい焼酎、いわゆるプレミア焼酎などは定価がそれほどではなくても、実際に購入するには何万円も出さないと買うことができなかったりします。基本的にはよほどのリクエストがない限りはプレミア焼酎は贈り物から外したほうが良いと思います。「どうしてもこの焼酎が欲しい」とリクエストがあった場合は良いと思いますが、実際の値段の何十倍もする価格のものをわざわざ贈り物にする必要はないと思います。あとは贈る相手の好みですが、やはり麦焼酎や米焼酎は飲みやすいものが多いので相手のお好みがわからない場合にはおすすめです。ただ、普段から芋焼酎が好きという方になら、是非芋焼酎を贈られると喜んで頂けると思います。

それでは贈り物におすすめの焼酎の銘柄を値段別に2つご紹介したいと思います。

手頃な3000円前後の焼酎

千年の眠り
株式会社篠崎 麦焼酎 750㎖

モンドセレクションを何度も受賞している本格派の麦焼酎です。地元の地下水で仕込み常圧蒸留で仕上げた麦焼酎を4年以上じっくり熟成させた焼酎です。千年の眠りのすごいところは実は雑味を取り除くために原酒を二度蒸留しています。とても手間のかかる作業の後樫樽で熟成させた琥珀色の焼酎です。普段ウイスキーがお好きな方にも自信をもっておすすめできる逸品です。

色々な贈り物に使いやすい5000円前後の焼酎

甕雫
京屋酒造有限会社 芋焼酎 1800㎖

毎月決まった数しか生産されない為、一時はプレミア焼酎といわれていましたが、最近では比較的手に入りやすくなっています。柄杓付きですくって飲むスタイルは贈り物としてもとても受けが良くなおかつ甕雫は芋の良い部分しか使わない為、雑味のない綺麗な味わいの芋焼酎が出来上がります。女性にも喜ばれる贈り物になると思います。結婚祝いや新築祝いなどにもぴったりなので贈り物の用途の幅もとても広いと思います。

ご紹介した焼酎は2つともこだわりや手間があったうえでの価格設定がされている上質な焼酎です。贈り物にされる際はこのような焼酎を基本に選ぶことをおすすめします。