焼酎の種類について

焼酎の種類で一般的なものは麦・芋です。この様な焼酎の種類は、原材料によって決まります。さらに、蒸留方法、仕込み方法によって、味は細かく枝分かれをしていくのです。

好みの焼酎を見つけるために重要となる、焼酎の種類や種類ごとの特徴などを紹介します。

甲類と乙類の違い

焼酎の種類を分ける上で、最初に分類される甲類と乙類。

高類は純度、乙類は香りを重視したアルコールで作られています。

蒸留方法によって分けられるものです。

それぞれに芋や麦、米などの材料が加わることで、更に種類が分かれています。

甲類焼酎と乙類焼酎と別名

甲類焼酎の特徴は、アルコールの匂いが薄く、飲みやすいことが特徴。無色透明であり、サワーなどに用いられることが多い種類です。

乙類焼酎は「本格焼酎」とも呼ばれる種類。

焼酎の風味を感じることが出来る種類の焼酎です。

芋や麦など、その素材の風味を生かすことが出来る種類の焼酎。

ジュースや炭酸などで割ることなく、ストレートで楽しむことがおすすめの種類です。

本格焼酎には、黒麹、黄麹、白麹の3つが使用されます。

この麹ごとに、味や香りには差があるのです。

黒麹は重みのある味、黄麹は日本酒にも使用され、爽やかな香りになります。白麹は最も軽い味になるのです。

味と香りが特徴の焼酎

代表的な芋焼酎と麦焼酎。芋焼酎は、さつまいもを使用するため、味は甘いです。口の中に程よくまとわりつく口当たりが特徴。産地としては、鹿児島県が有名です。

芋焼酎に使用されるさつまいもの品種が変わることで、様々な味の焼酎が作られています。

炭酸、お湯などで割ることで飲みやすくなります。味が濃いことで、割っても薄くなる印象はなくお酒を楽しむことが出来るでしょう。

麦焼酎は、クセがないため飲みやすいことが特徴。

アルコールの香りに慣れていない方や、焼酎を飲み始めたばかりという方におすすめの種類です。

麦の香ばしい香りを楽しむことが出来るため、割らずに楽しむこともおすすめです。

シンプルな飲み口の米焼酎

米焼酎の特徴は、すっきりとしていて非常に飲みやすいという点。

麹も米であるため、材料は大きく分けると水と米だけという事になります。

日本酒に似た飲み口でもあるため、日本酒が好きな方には人気の種類です。

地域の焼酎

地域の焼酎の種類として有名なものは、泡盛。

沖縄で作られており、黒麹とタイ米を使って作られている米焼酎になります。

度数には幅があり、25度~40度まで。

アルコール度数に関係なく、強く独特な香りが特徴です。

そば焼酎は、甘みが特徴。飲みやすく、食事にも合わせやすい種類です。

他にも、ゆず、アセロラ、シソなどを使用した焼酎が注目を集めています。

割って飲むことでカクテルの様に楽しむことが出来るため、大変人気となっているのです。

増え続ける焼酎の種類

主に甲類、乙類から始まり、芋・麦・米といった種類が一般的です。

近年では、さらに飲みやすいように進化した焼酎が増えてきています。

フルーツを使用した焼酎や、野菜を使用した焼酎。ピーマンなどを使用した焼酎まで発売されています。

まず焼酎の基本的な種類を知る事で、焼酎の好みを定めることが出来るでしょう。

飲み口や味を参考に、飲み比べをしてみてください。