焼酎のおすすめ通信講座とはどんな講座?

焼酎のおすすめ通信講座とはどんな講座?

日本酒と共に日本のお酒として広く愛されている焼酎。国内のみならず今や海外でも人気が高まっています。ここではそんな焼酎に関する資格を取得可能な、おすすめ通信講座を3校紹介します。

焼酎ソムリエW資格取得講座

焼酎のおすすめ通信講座とはどんな講座?

焼酎ソムリエW資格取得講座は、諒設計アーキテクトラーニングが行っている通信講座です。

講座内容

焼酎の特徴を初めてとしてその歴史や製造までの工程、それらを踏まえた上でどのように焼酎と付き合い、楽しむかを学ぶことが出来ます。

取得できる資格、主催協会・団体名

日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「焼酎ソムリエ」、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「焼酎コンシェルジュ」の2資格を修了後、試験に合格することで取得できます。

受講料金、受講期間

通常講座は一括で59,800円、分割払いで3,300円の20回払いとなります。また、後述するスペシャル講座は受講料は一括で79,800円、分割払いが4,400円の20回払いとなります。受講期間はどちらも通常6か月、最短2か月となっています。

受講の流れ

  1. 受講申し込み後、自宅に教材が届きます。テキスト、練習問題集、、模擬試験、添削課題などです。後述するスペシャル講座の場合、卒業課題も付属します。
  2. まずは焼酎の基礎知識から学習がスタートします。焼酎とは何か、産地はどこか、芋焼酎と麦焼酎、黒糖焼酎など焼酎の種類と製造方法などについてです。続いてマイスターを目指すなら知っておきたいブランド酒について、ラベルの見方などを学びます。より実践的に焼酎を用いたカクテルや料理法などを学んでいきます。
  3. 各回の区切りごとに添削問題を提出し、すべて完了すれば講座は修了です。

講座の特徴、メリット

本講座は修了することで日本安全食料料理協会(JSFCA)主催の「焼酎ソムリエ」、日本インストラクター技術協会(JIA)主催の「焼酎コンシェルジュ」の2資格をそれぞれのカリキュラムの修了条件を満たし、そのまま試験に進むことが出来ます。

それだけでもお得なのですが、更にスペシャル講座は卒業課題を提出することで試験が免除となり、在宅で効率よく2つの資格を取得することが出来ます。特に時間がないが急いで資格を取得したい方にとっては大変メリットがあると言えるでしょう。また、受験料のことを考えると1度で受かる自信がない方もスペシャル講座を選択することで確実に資格が取得でき、お得だと言えるでしょう。

焼酎はブームを超え、人々の定番のお酒として定着しましたが、マイスターというべき詳しい人は日本酒他と比べてまだまだ少ない状況です。この講座を受講し、取得することで飲食業界での活躍が見込まれます。

焼酎唎酒師-通信プログラム

焼酎のおすすめ通信講座とはどんな講座?

焼酎唎酒師-通信プログラムは日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会/SSIが行っている通信講座です。

講座内容

焼酎をはじめとした酒類や食品、サービスの基礎知識を身に着け、また焼酎の香りと味わいを的確に把握するテイスティングなど実践的な技術も学ぶことができます。それだけでなくセールスにおける問題点やマッチする料理、シーズンなど総合的なセールスプロモーションを学び、提案力アップにつなげることができます。

取得できる資格、主催協会・団体名

講座で用意された課題を提出し、基準に達することで焼酎唎酒師の資格を取得することができます。日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が主宰しています。

受講料金、受講期間

受講期間はスタート月より一年間となっています。スタート月の判定は申し込みをした翌月、もしくは翌々月からとなります。申し込みの締め切りは毎月25日です。たとえば、3月26日~4月25日の間に申し込みをした場合、5月1日からのスタートとなります。

受講料金は一般の場合78,400円です。合格後、認定料25,000円入会金19,000円年会費15,900円が追加で必要であることに注意が必要です。NPO法人FBO(料飲専門家団体連合会)の認定会員であれば、受講料金が39,200円、認定料が12,500円と大幅に安くなります。

受講の流れ

  1. 受講申し込み後、自宅に教材が届きます。テキスト(もてなしの基、焼酎の基)、焼酎テイスティングノート、提出課題、そして講座独自のユニークな教材として教材首があります。フレーバー、ライト、リッチ、キャラクターの4タイプの焼酎や、正常な焼酎と劣化した焼酎のセット、添削課題用の焼酎です。また、オンデマンドで動画が配信されており、動画でも学習が出来る様になっています。
  2. 通信カリキュラムは大きく3回に分かれます。第1回は食品、飲料に関する基礎知識と有資格者のスタンスについてと、焼酎の商品特性や蒸留酒の歴史とその特徴について学びます。第2回は焼酎に関する法規、法令、製法について学びます。第3回は消費者の視点に立った焼酎のタイプ分類についてと、焼酎のテイスティング、サービス、セールスぷろっモーションについて学びます。
  3. 各回ごとに提出課題を提出し、受講開始から1年以内にすべての課題に合格することで講座は修了、資格が取得でき、登録することで晴れて資格を得ることができます。

講座の特徴、メリット

本講座は焼酎のテイスティングを教材酒を用いることによって通信講座で学ぶことができます。本来は会場で限られた時間で講師から学ぶテイスティングが、自分のペースで学習できることは大きなメリットと言えるでしょう。また日本酒の唎酒師をすでに取得している方はFBOの認定会員であり、受講料や登録料が安くなるので、そう言った方にはさらにメリットが大きいと言えるでしょう。

焼酎ナビゲーター講座

焼酎のおすすめ通信講座とはどんな講座?

焼酎ナビゲーター講座はプロカレッジが行っている通信講座です。

講座内容

酒類を含む食品・サービス全般の基礎知識からノウハウまで、総合的に顧客から求められる焼酎の知識を学ぶことができます。

取得できる資格、主催協会・団体名

日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会(SSI)が主宰し、NPO法人FBOが公認している「焼酎ナビゲーター」の資格を講座を修了し、提出課題全てに合格することで取得できます。

受講料金、受講期間

通常講座は33,940円となります。受講期間は3か月、在籍期間は6か月となっており、この間に全課題の合格が必要です。

受講の流れ

  1. 受講申し込み後、自宅に教材が届きます。テキスト、DVD、添削課題などです。
  2. テキストは2冊構成で、1冊目はもてなしの基、食品・飲料の基礎知識、食品・飲料の文化、テイスティング、マネジメントによって構成されています。
  3. 2冊目は世界に誇るべき蒸留酒、焼酎について、焼酎のラベル表示、本格焼酎と泡盛の基礎知識、甲類焼酎の基礎知識、セールスプロモーションによって構成されます。
  4. 初級では焼酎とは何か、焼酎が作られる産地はどこか、日本のブランド酒、泡盛と焼酎の違いなどです。
  5. 区切りごとに添削問題を提出し、すべて提出、合格すれば講座は修了、焼酎ナビゲーター認定登録用紙を記入、郵送することで後日認定証が送付されます。

講座の特徴、メリット

焼酎はブームを超え、人々の定番のお酒として定着しましたが、その需要に販売者はまだまだ答えきれていない状態です。いわばブルーオーシャンであるこの界隈に体系的な知識を持って臨めることは大きなメリットと言えるでしょう。

またこの資格をとっかかりとして、より高度な資格である焼酎きき酒師を目指すこともでき、キャリアアップの可能性が広がります。資格認定団体及び公認団体の教材を使用しているので安心して学習を進めることができます。

焼酎単体の選び方、飲み方について知識を深められるだけでなく、適した料理の組合せや酒器に至るまで学習することができますので、仕事での酒席において活躍が期待できることは勿論、プライベートの時間においてもより充実した焼酎との付き合いができることでしょう。

講座終了後に試験会場に出向いたり、受験料を支払わずとも在宅での添削課題を提出し、合格するだけで受講料の料金だけで焼酎ナビゲーターの認定を受けられることも多忙でありなかなか休みが取れないが、焼酎関係の資格を取得したいという人には大きなメリットであると言えるでしょう。

焼酎の資格に関する記事はこちら

焼酎資格とはどんな資格?

焼酎資格とはどんな資格?

焼酎は日本独自の蒸留酒で、麦・米・芋・そばなどを原料とした日本の代表的なお酒の1つです。

焼酎資格とはどんな資格?

お酒は大きく分けて、醸造酒と蒸留酒に分けることが出来ます。果実や穀物を原料として酵母でアルコール発酵させたものが醸造酒で、ビールやワイン、日本だと日本酒がこれに当たります。一方、蒸留酒とは原料を発酵によって生成し、出来た原酒をさらに蒸留する事でアルコール濃度や、原料から出た成分を高めたものです。その為、醸造酒と比べてアルコール度数が高めです。焼酎と共にウイスキーやブランデーが蒸留酒に当たります。

以前は、焼酎と言うとおじさんの飲むお酒というイメージが強かったですが、ロック・水割り・お湯割り・ジュース割りなど様々な飲み方が楽しめる事から若い世代の間でも人気が高まり、今では世代を問わず、多くの人達から愛されるお酒となっています。

焼酎は原料によっても種類が分かれ、それぞれに特徴があります。一般的には麦・芋・米の3つが、多く出回っています。

麦を原料とした麦焼酎は、癖のない香りで、飲みやすいのが特徴なので、初めて焼酎を飲む人におすすめです。米を原料とした米焼酎はすっきりした味で日本酒に近いことから、日本酒好きな人に愛される傾向があります。さつまいもを原料とした芋焼酎は、芳醇な香りが特徴的で、他の焼酎と比べてやや癖がある為、色々なお酒を飲まれている人に向いています。

原料によっても味や香りが違うのが焼酎の特徴で、種類によっておすすめの飲み方や合う料理も違いので、自分に合った焼酎と飲み方を探すのも、焼酎を楽しむ醍醐味のひとつと言えるでしょう。

現在では、各メーカーから様々な焼酎が発売されており、同じ原料の焼酎でも味わいや香り、癖が違います。居酒屋などで飲むのはもちろん、酒屋へ行けば多くの焼酎が並んでいるので、自分好みの焼酎を探すのもいいでしょう。

焼酎の歴史には諸説ありますが、11世紀ごろには東南アジアで焼酎に似た蒸留酒があったと言われています。その後、日本に伝わったのがおよそ15世紀ごろ。薩摩で米から作った蒸留酒が飲まれていたという記録が残っています。その後、南九州を中心に焼酎は広まり、一般的に飲まれていたと言われています。

ちなみに、焼酎という名前の由来は、「焼」が熱を加えるという意味で、「酎」は濃いお酒・強いお酒と言う意味があります。蒸留する際に熱を加えるので、焼酎とは「蒸留した濃いお酒」という意味があります。

焼酎の資格の種類

日本酒と共に日本のお酒として広く愛されている焼酎。国内のみならず今や海外でも人気が高まっています。ここではそんな焼酎に関する資格の種類について説明します。

焼酎資格とはどんな資格?

焼酎ソムリエ【日本安全食料料理協会】

焼酎ソムリエとは、日本安全食料料理協会が主催されている資格です。

焼酎に関する幅広い知識を正しく有している事を認定する資格となっています。

焼酎の歴史や製造方法はもちろん、芋・麦・米・胡麻・シソなどの種類や、それぞれの土地による風土や気候、文化の違いによる焼酎作りの違いや味の特徴なども理解します。さらにロック・水割り・お湯割り・ソーダ割りなどの飲み方の違いを把握し、飲む人の好みに合わせた飲み方を提供できる必要があります。

飲食関係の仕事をしている人やお酒を取り扱う仕事をしている人だけでなく、お酒が好きな人、特に焼酎が好きな人にもおすすめの資格です。

試験内容、受験料、受験日程

焼酎の歴史や原料と言った基礎知識から、製品による製造方法の違いや特徴、そして美味しく飲む為の飲み方など、焼酎に関わる知識全般を出題されます。

試験は2月・4月・6月・8月・10月・12月の年6回で、開催の前月が申込期間、当月末が答案提出の締め切りとなっています。

受講料は10000円なので、他の資格試験よりは安価で比較的受けやすい資格です。

取得方法、受験資格

焼酎ソムリエの資格試験を受けるには、日本安全食料料理協会のホームページから申し込む必要があります。こちらは在宅受験なので、申し込むと自宅へ試験問題が郵送されます。届いたら自宅で問題を解き、締め切り期日までに答案用紙を返信します。70%以上の正答率で合格となり資格取得できます。

受験資格は特にないので、どなたでも試験を受けることが出来ます。

焼酎コンシェルジュ【日本インストラクター技術協会】

焼酎コンシェルジュは、日本インストラクター技術協会が主催されている資格です。

焼酎コンシェルジュは、焼酎の製造方法や特徴などの基礎知識だけでなく、焼酎の選定方法や飲み方、さらには各焼酎に合うグラスや料理の選び方まで学び、焼酎のプロフェッショナルとしてアドバイスが出来るだけの知識を認める資格です。

焼酎の知識を学ぶだけでなく、料理と合わせて焼酎を楽しむための選び方や、種類によって違う焼酎の味や特徴を理解し、飲み方を提案できること。さらにより焼酎を楽しんでもらうためのおもてなしや雰囲気を作れることも必要となる資格です。

焼酎を取り扱う仕事をしている人はもちろん、自分で焼酎を楽しみたい人にも人気の資格です。

試験内容、受験料、受験日程

焼酎コンシェルジュの資格試験では、焼酎の製法や特徴、選定方法や飲み方など焼酎にまつわる基礎知識だけでなく、焼酎に合わせた料理の選び方や、オリジナルの酎ハイの作り方、さらにはおもてなしについても出題されます。

試験は2月・4月・6月・8月・10月・12月の年6回で、試験開催月の前月1ヶ月間が申込期間で、当月末が答案提出の締め切りとなっています。

受講料は10000円なので、比較的安価でどなたでも受けやすい資格です。

取得方法、受験資格

焼酎コンシェルジュも在宅受験なので、試験会場へ出向く必要がなく、時間がない人や小さいお子さんがいて家を空けられない人でも受けられる資格です。

日本インストラクター技術協会のホームページから申し込むと、自宅へ試験問題が郵送されます。試験期間中に問題を解き、同封されている封筒に答案用紙を入れ返信ます。

70%以上の正答率で合格となり資格取得となります。

焼酎唎酒師【日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会】

焼酎唎酒師は、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が主催されている資格です。

焼酎唎酒師は焼酎アドバイザーとも呼ばれており、焼酎の製造工程や原料などの基礎知識から、焼酎の種類による特徴や提供方法、テイスティング法などの美味しく飲むための方法、さらには焼酎を楽しんでもらうためのサービスやおもてなしまで学び、焼酎のプロフェッショナルであることを認める資格です。

資格発行元の「日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会」は、日本のお酒である「日本酒」・「焼酎」を世界のお酒と胸を張って言えるよう、国際的な基準で、そして消費者視点で問題を提起し、それを解決に向けて研究することで、日本の酒文化を発展・継承に寄与する事を目的としたNPO法人です。

焼酎唎酒師は、焼酎に関する知識と、より焼酎を美味しく飲み楽しむ為の知識と技術が求められる資格です。

試験内容、受験料、受験日程

焼酎唎酒師の資格試験は、1次~4次まで分かれています。1つの試験で所要時間は50分ほどで、内容は1次と2次が選択式の筆記試験(一部記述式)です。1次試験では接客などのおもてなしと、食品・飲料全般の基礎知識に関しての問題が出題され、2次試験では焼酎の原料や商品特性、製法・歴史など、焼酎の基礎知識について出題されます。

3次試験はテイスティングを伴う筆記試験で、一部選択式の記述問題です。焼酎の品質の評価、個性の抽出、焼酎の正常な状態と劣化した状態の品質判定など、より実践的な試験を行います。4次試験は記述式で、焼酎のサービスやセールスプロモーションなどさらに広い視野を必要とするに問題が出題されます。ちなみに、通信プログラムでは試験がなく、その代わりに課題を提出し判定します。

受験費用はプログラムによって異なり、通信プログラムでは受講料と合格後の諸費用で合計138300円です。1日通学コースと在宅コースは118700円かかります。会場は各地にあり、日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会のホームページが確認できます。試験は月に2~6回開催されています。2日間集中プログラムでは139100円かかりますが、FBO認定会員だと52100円です。7月と11月の年2回開催されています。

取得方法、受験資格

焼酎唎酒師の取得方法は「通信プログラム」・「受験プログラム(1日通学コース)」・「受験プログラム(在宅コース)」・「2日間集中プログラム」の4つがあります。

通信プログラムは自分のペースでゆっくりと勉強したい人におすすめです。添削問題を提出して講師からのアドバイスを受け、次の添削問題に挑みます。試験はなく全3回の添削問題で合格ラインに達していれば資格取得となります。

受験プログラム(1日通学コース)は、会場へ出向き講義を受講した後、試験を受けます。講義は1日で終わり、講義から1カ月以内に試験を受ける必要があります。講師から直接指導を受けたい人におすすめです。

受験プログラム(在宅コース)は、時間がなく講義会場へ行けない人の為のコースです。自宅へ届いた教材と動画で、在宅学習をし、その後試験を受け、合格すると資格取得となります。

最後に2日間集中プログラムは、事前に自宅へ届く教材で事前学習を行い、会場で2日間連続して受講と試験を繰り返し、資格取得を目指します。2日間で資格取得が出来るので、早く資格を欲しい人におすすめのプログラムです。

どのプログラムも受験資格は20歳以上であること以外には特にありません。

焼酎の資格を活かす方法

焼酎資格とはどんな資格?

焼酎の資格を生かせる場所は限られてきますが、それにはどのような方法があるのでしょうか。ここでは焼酎の資格を生かすための方法について説明します。

飲食店で働く

焼酎の資格を最も生かしやすのが飲食店です。居酒屋やバーなどお酒を扱う飲食店には様々な種類のお酒が並び、お客様は自宅では飲めないような美味しいお酒を求めて来店されます。中でも焼酎は種類が豊富で若い世代にも人気が高まってきたこともあり、最近では焼酎専門のバーもあります。

人それぞれ味の好みがあるので、来店されたお客様から求めているのもや味の好みを聞きだし、その人に合った焼酎を選び提供できれば、大変喜ばれるでしょう。

醸造業

お酒造りに携わる人にも焼酎の資格はおすすめです。焼酎の資格を取得するには製造方法や原料はもちろん、各土地によって異なる製造過程なども学びます。土地や文化によって違う製造方法を学び、そこから来る味の違いを知ることで、仕事にも良い影響が出るでしょう。

また、最近では酒蔵見学などのツアーも開かれるようになりました。そのような時にあまり知られていないような焼酎の知識を伝えられると、参加者の興味を引け、焼酎に対する関心を持ってもらいやすくなります。

カルチャースクール

一昔前は、焼酎と言えば「おじさんの飲むお酒」というイメージでしたが、最近では若い人や女性でも焼酎を飲む人が増えてきたこともあり、新しく焼酎に興味を持ち始めた人も少なくありません。そういった焼酎初心者の人を対象に、焼酎の魅力を知ってもらう為、焼酎の飲み方や、自分好みの焼酎を見つける方法をレクチャーするカルチャースクールを自宅などを使って開催する事もできます。

カルチャースクールの場合、参加者のほとんどは焼酎を学びたいと思って集まっているので、ただ焼酎が好きな人や詳しい人でなく、焼酎のプロから学びたいと考えるものです。資格を取得する事で焼酎のプロフェッショナルとして参加者への信頼にも繋がるので、焼酎の資格を取得する事はカルチャースクール開催のためには必須条件とも言えます。

自宅で焼酎を楽しむ

焼酎の資格を取得する目的は仕事のためだけとは限りません。お酒が好きな人、特に焼酎が好きな人で、焼酎についてより深く知る為に資格を取得する人もいます。

焼酎について学ぶ事で、種類による飲み方の違いや、合う料理の違いを知ることができ、自宅でのひと時をより心地よく楽しいものにしてくれます。

焼酎の通信講座に関する記事はこちら

焼酎を贈ろう!ギフトに人気の焼酎3選

焼酎の人気が高くなった最近では、お酒好きな方へのギフトに焼酎を贈られる方も多いのではないでしょうか。健康志向ブームもあいまって、蒸留酒である焼酎は糖質やプリン体がないので何かと制限がある方にも喜んで頂けるお酒の一つです。ただ、焼酎の味わいや好みの幅は広く、初めて焼酎をギフトにしようとしたときにどれにしようか迷ってしまうことも事実です。今回は選び方とギフトにおすすめの焼酎をいくつかご紹介したいと思います。

ギフトに贈る焼酎の選び方

普段から焼酎を飲んでいる方になら、飲んでいる焼酎の種類や飲み方である程度絞ることができると思います。例えば、普段芋焼酎をお湯割りで飲んでいるなら、ちょっといい芋焼酎をギフトにするのはいかがでしょうか。芋焼酎でも長期熟成のものや、樽で熟成させてたもの、甕で貯蔵したもの、蒸留して割水していない原酒などいくつか種類があります。ただ、手間をかけている分お値段も少し高くなるのでギフトで頂くと嬉しいと思います。芋焼酎がお好きな方には芋焼酎の少し良いものをギフトにすると喜んで頂けます。次に麦焼酎を水割りやロックで飲んでいる方はおそらく飲み口が良い焼酎がお好きだと思います。同じ麦焼酎をギフトにするのも良いですが、あえて米焼酎をギフトにするのもおすすめです。新しい世界が広がりまた話も弾むと思います。最後に好みがわからない場合は、黒糖焼酎やそば焼酎などはいかがでしょうか。普段あまりご自身で買わない焼酎をギフトで頂くと好みの幅が広がり喜ばれると思います。

ギフトに焼酎を贈る際のコツ

ギフトに焼酎を贈る際に、おすすめしたいコツを二つご紹介します。一つ目は、見た目にこだわることです。焼酎は安い、というイメージがまだまだあるので箱入りのものやボトルの形にこだわったものなどを選ぶとぐっとギフト感が増します。また、一升瓶をギフトにする際は、巻紙をしてもらって熨斗をつけるとぐっとギフトらしくなります。一升瓶2本以上なら、2本縛りにしてもらうのもギフトにはおすすめです。二つ目はグラスなどのアイテムを一緒に贈る事です。意外と、グラスまでこだわっている方は少ないと思います。ロックや水割りで飲まれる方には縁が薄いグラスを、お湯割りなどで飲まれる方には陶器のカップを贈られると喜ばれると思います。焼酎との割る比率がわかりやすくカップに印がついているお湯割り専用の陶器のカップなども販売されているので色々探してみると面白いものが見つかると思います。焼酎好きの方にとても喜ばれるのが焼酎サーバーです。焼酎を入れておくとサーバーの素材などにより熟成されまろやかになる効果などが期待できます。なかなかサーバーまでそろえる方は少ないと思いますので焼酎と一緒にギフトにされるととても喜ばれると思います。それではギフトにおすすめの焼酎をいくつかご紹介したいと思います。

ギフトにおすすめの焼酎3選

無何有(むかう)本坊酒造屋久島伝承蔵 芋焼酎
1年に1回の出荷の超限定品。手作りで麹を仕込み37度という高アルコールなのにまろやかで角がとれた味わいです。桐箱入り。10.000円前後。
銀座のすずめaged7years 八鹿酒造株式会社
7年間バーボン樽でじっくり熟成させた麦焼酎。まろやかで香ばしい香りと味わいが特徴です。後味や余韻も上品で優しく続きます。5.000円前後。
大古酒(だいこしゅ) 繊月酒造株式会社
常圧で蒸留した米焼酎を土甕で30年以上寝かせたすごい焼酎です。40度あるのでウイスキーのようにちびちび楽しんで頂きたい焼酎です。大古酒を飲むと焼酎の概念を覆されます!桐箱入り。6.000円前後。

是非、ギフトにされるなら箱にもこだわりたいところです。今回ご紹介した3つの焼酎は桐箱や化粧箱に入っているのでギフトにも最適です。こだわりの焼酎をギフトにしてみてはいかがでしょうか。

本格焼酎の賞味期限。10年後も飲んで良い?

本格焼酎を贈り物としてもらったり、珍しい焼酎を開封せずに保管している家庭もあるかと思いますが、気になるのが賞味期限です。開封した焼酎は早めに飲まなければ、風味が落ちた品質が劣化することもあるので早めに飲まなければいけません。未開封でも保存状態が悪いと、入手困難なプレミアム焼酎が台無しになることもあります。
焼酎資格を簡単に資格取得できる通信講座

焼酎の賞味期限は無い

本格焼酎のラベルを見ても賞味期限は表示されておらず、開封後は早く飲むことだけが記載されています。焼酎に賞味期限が設定されていないのは、焼酎はアルコール濃度が高く、瓶は密封されていますから、雑菌が繁殖出来る環境ではありませんから、腐ることがないのです。また、法律などでも賞味期限の表示義務がないのです。
焼酎資格を簡単に資格取得できる通信講座

開封した焼酎はいつまでに飲むべきなのか?

開封したまま飲むのを忘れていたこともあるかと思います。焼酎は封を切った時から劣化が進んでいきます。風味を落とさず飲むには早めに飲んだ方が良いでしょう。開封した後は、しっかりフタをしてほこりなどが混入しないようにして、空気に触れさせないように保管しておきます。

未開封の焼酎の保存方法

焼酎を保存するには、直射日光を避ける、高温多湿の場所は避ける、温度の変化が激しい場所を避けなければいけません。自宅で保存する最適な場所としては押入れや床下の収納があります。床の間に並べておくのも良いですが、飲もうと思ったら劣化していて美味しくないということもあるかもしれません。とにかく光を避けて、冷暗所に保管しておくことが大切です。

保管して10年経った焼酎は飲んでも大丈夫?

未開封で、しっかりと管理、保存していた焼酎なら10年以上経過しても美味しさを保てることがあるようです。蔵元の中には長期熟成した本格焼酎を造っているところもあります。劣悪な環境に置いてない限りは飲めますが、作った当時のままの風味があるのかと言えば、開封してみなければわかりません。

焼酎が劣化してる時の症状

長期保管していたり、開封した後放置していた焼酎を飲む前には、本当に飲めるか確認した方が良いでしょう。目視と臭いで判断することが可能です。目視で沈殿物が無いか見てみましょう。白い沈殿物は焼酎の成分である「オリ」といわれるものが分離している状態で、この焼酎を飲めますが風味が落ちています。また封を開けた時に、嫌な臭いを感じたら劣化していますから、飲むのは避けた方が良いでしょう。この臭いの元は、焼酎が酸化したことによるもので、腐った油のような独特の嫌な臭いがするのです。
焼酎資格を簡単に資格取得できる通信講座

他のお酒の賞味期限

缶入りの酎ハイには缶の底面に賞味期限が表示されていますが、焼酎以外のお酒をベースにしていることがある為です。日本酒は製造年月が表示してあり、普通の日本酒は製造年月プラス1年、生酒は製造年月プラス半年が美味しく飲める機関になります。お酒の賞味期限はアルコールの濃度が関係しており、濃度が10度以上だと腐ることがないと言われています。低アルコールのお酒には賞味期限がありますから、冷蔵庫で眠っていたビールなどは賞味期限を確認してから飲みましょう。賞味期限が過ぎていても、料理には使うことが出来ます。

焼酎資格を簡単に資格取得できる通信講座

太ると言われる芋焼酎とカロリーの関係

焼酎の中でも、芋焼酎は太るのではと考えてしまう方も多いようです。

太るお酒であれば、芋焼酎はダイエット中に飲むことが出来ないという事になりますね。

実際に焼酎は太るのか、さらに芋焼酎とカロリーの関係について紹介します。

ダイエット中でも気にせずにお酒を飲みたいという方は、是非チェックしてみてくださいね。
焼酎資格を簡単に資格取得できる通信講座

芋焼酎が太るという話は嘘?

「芋焼酎だから太る」という内容は、嘘であるといえるでしょう。

芋という名称から、太りやすいのではという考えに至り、「芋焼酎は太る」という話が広まったのだと考えられます。

芋焼酎は、数あるアルコール類の中でも太りにくいといえるのです。

カロリーこそ低くはないものの、飲み方が特殊であるため太りにくいお酒でしょう。

芋焼酎そのもので太るのではなく、別の要因で太ることが考えられるのです。
焼酎資格を簡単に資格取得できる通信講座

ダイエット中に飲むべきお酒

芋焼酎は、ダイエット中にこそ最適な種類のお酒であるといえるでしょう。

芋焼酎は芋の甘味を感じられるお酒ではあるものの、糖質はほとんど含まれず太りにくいお酒なのです。

さらに、焼酎自体、沢山の量を飲む種類のお酒ではありません。

そのため、アルコールとしての摂取カロリーも少なくなります。

ただし、多量の芋焼酎を飲めば、当然にカロリーが積み重ってしまうため太る要因となるケースはあります。

適量を心掛けている事で、太りにくいお酒になるといえるでしょう。

割る飲み物によって太ることがある

芋焼酎を飲んでいて太ったという経験がある方もいるはずです。

それは、芋焼酎に原因がある訳ではないと考えられます。

焼酎はストレートで飲むことが苦手であるという方も多く、ジュースなど糖分の高い飲み物で割って飲むという方も居るはずです。

飲み物の糖分を多量に摂取したことによって太るということが考えられます。

太ることを気にしている場合は、緑茶割りやウーロン茶割り、水割りなどで飲むことがおすすめです。

つまみが太る原因になる?

芋焼酎を飲んでいて太ったという方の中には、つまみで太った方も多いはずです。

芋焼酎は、アルコール度数の高いお酒。そのため、つまみも塩辛く、甘みのあるおかずが合うのです。

太ることを気にしている場合に芋焼酎を飲むのであれば、つまみを食べないということが最も有効な方法でしょう。

芋焼酎自体の糖質や、摂取カロリーを意識していたとしてもつまみのカロリーによって太ることに繋がるのです。

つまみを食べなければ、芋焼酎以外のカロリーを摂取しないという事になるため、太る可能性も非常に低くなるでしょう。

どうしてもつまみが欲しい場合は、カロリーの低い野菜などを摂取することがおすすめです。

ピーナッツやスナック菓子などは控えるように注意が必要です。
焼酎資格を簡単に資格取得できる通信講座

芋焼酎だけでは太らない

カロリー自体は低く、100ml当たり約140キロカロリー程度です。

芋焼酎自体で太ることは考えにくいお酒であるといえるでしょう。

しかし、そこにジュースやつまみなどのカロリーが加わると、太る原因となってしまいます。

つまり、芋焼酎を単体、ロックや水割りなどで飲む場合以外には、飲む時間なども太る原因となるのです。

ダイエット中に芋焼酎を楽しみたいのであれば、一緒に飲む飲み物、食べ物、時間帯にも気を付けなければなりません。

芋焼酎以外のカロリーにも意識を向けましょう。

焼酎資格を簡単に資格取得できる通信講座

甲類焼酎でおすすめのキンミヤとは

焼酎には、大きく分けて乙類焼酎(本格焼酎)と甲類焼酎との2種類があります。

この2種類については、耳にしたことがあるという方も多いのではないでしょうか。

このうち、リーズナブルな価格と飲みやすさから人気となっているのは甲類焼酎です。

中でも非常に人気が高く、おすすめの銘柄が亀甲宮(キッコーミヤ)、キンミヤ焼酎と呼ばれる銘柄です。

キンミヤ焼酎はホッピーの焼酎としても知られており、チューハイにも使用され人気となっている銘柄なのです。

キンミヤ焼酎とはどの様な焼酎なのか、人気の秘訣や一般の甲類焼酎と異なる部分などを紹介します。

甲類焼酎とは何か

キンミヤ焼酎は、2種類に分かれる内の甲類焼酎です。

甲類焼酎とは、一体どの様なものなのでしょうか。

基本的に焼酎は、原料を発酵、蒸留させることで出来るお酒です。

甲類と乙類は、原材料と蒸留方法が異なります。

乙類焼酎は米や麦が原材料となりますが、甲類焼酎は糖蜜を原材料としているのです。

さらに何度も蒸留する事で原材料の香りはほぼ無くなり、クリアな見た目と無臭である事が特徴でしょう。

そのため、サワーなど別の飲み物で割って飲む方法が人気となっているのです。

キンミヤの特徴と他の焼酎との違い

キンミヤ焼酎は、三重県の宮崎本店という蔵元が造っている甲類焼酎です。

キンミヤ焼酎も、他の一般的な甲類焼酎と同様、糖蜜を使用して作られています。

つまり、他の甲類焼酎と大きく異なる部分は無いという事です。

しかし、キンミヤ焼酎は使用する水にこだわっています。

非常に硬度の低い鈴鹿山系の伏流水を使用しており、ミネラルが少ないことで飲みやすさがあるのです。

加えて、多少の甘みも感じることが出来る点が特徴でしょう。

こだわりの軟水を使用しているため、かすかに甘さを感じるさっぱりとした味わいの甲類焼酎となっているのです。

この味わいが、キンミヤ焼酎と他の甲類焼酎との違いであるといえるでしょう。

ストレートでも飲みやすい甲類焼酎なのです。

なぜキンミヤ焼酎は人気が高いのか

軟水にこだわるという部分は分かりましたが、それほど大きな差は無いようにも感じられます。

それでは、なぜキンミヤ焼酎は人気が高いのでしょうか。

人気の秘密は、サワーとの良く合うという点です。

さっぱりとしている上に、多少の甘みを感じられるキンミヤ焼酎は、他の甲類焼酎よりもアルコールのクセが弱いのです。

そのため、サワーやホッピーなどのベース焼酎として非常に合います。

飲食店でも重宝されるため、人気が高い焼酎になっているのです。

キンミヤ焼酎はサワーに最適

キンミヤ焼酎は、レモンサワーなどすっきりとした味のものから、オレンジジュースなどと割る甘いサワーにまで重宝される甲類焼酎です。

合わせるものを選ばない甲類焼酎なのですね。

中でもキンミヤ焼酎は、どの様な味とも相性が良いということが人気の秘訣なのでしょう。

基本的にアルコールの印象が強い甲類焼酎ですが、ソーダ割りで楽しむことも出来るほど、甘みやクリアなアルコールの風味を楽しめる甲類焼酎は珍しいものです。

リーズナブルな価格であるため、自宅でも気軽に楽しむことが出来る焼酎の1つです。

是非、晩酌に利用してみてくださいね。

焼酎に合うつまみは甘い食べ物

料理を選ばずに楽しめるお酒として有名な焼酎は、人気のお酒です。

和食、揚げ物やサラダなど、互いに邪魔をせずに美味しく食べ、飲むことが出来ます。

なぜ焼酎は料理を選ばないお酒といわれているのでしょうか。

また、焼酎に最も合うつまみとは何かについてもまとめました。

焼酎のつまみを探す際には参考にしてみてくださいね。
焼酎資格を簡単に資格取得できる通信講座

なぜ焼酎は何にでも合うのか

そもそも、何故焼酎はどの様な料理にも合うといわれているのでしょうか。

それは、焼酎の作られる過程に理由があります。

焼酎は蒸留酒であり、日本酒やワインとは異なり甘みや酸味などが含まれていません。

焼酎に甘みを感じるとしても、それは「香り」なのです。

特に甲類焼酎は、ほぼ味も香りもしないような「アルコール」です。

そのため、レモンやウーロン茶などで割って味を付けて飲むのです。
焼酎資格を簡単に資格取得できる通信講座

郷土料理と本格焼酎の関係

伝統的な味や香りを守ってきた伝統的な本格焼酎は、焼酎の郷土料理と合います。

焼酎の産地では、焼酎に合うつまみを「郷土料理」として残してきたのです。

そのため、産地ごとの焼酎と郷土料理が合うのは当然のことですね。

鹿児島県の芋焼酎であればさつま揚げ、飲み口の軽い泡盛であればゴーヤチャンプルーなどです。

どの様な食材にも合う焼酎ですが、折角本格焼酎を飲むのであれば郷土料理もチェックしてみてはいかがでしょうか。

焼酎の産地によって、その土地の郷土料理が最も合うつまみであるといえるでしょう。

焼酎には甘いつまみが合う!

例えば日本酒であれば、辛口のものであっても甘さが残ります。

そのため、塩辛いつまみが合うのです。

醤油をつけて食べる刺身や、塩辛などですね。

ワインであれば酸味が効いているため、オイルに塩辛さをプラスしたつまみが合います。

味に特徴が無く、アルコールを味わう焼酎には甘いつまみが合うといわれています。

アヒージョやピザなどです。

味が無く、アルコールの刺激を楽しむ焼酎には、甘く塩分のあるつまみが合います。

先に挙げた角煮などにも、調理の過程で砂糖が使用されています。

角煮は、甘みと塩分の強いつまみの定番ですね。

さらに、焼酎は和菓子との相性も抜群です。

和菓子の中でもかりんとうなど、こってりとした甘さではない和菓子が合うでしょう。

甘党の方であれば、スイーツなどをつまみにしてみることもおすすめです。

モンブランなど、スイーツの中でも和の要素が入っているものが最適です。

お酒といえば、塩分のあるつまみが定番であるという方が多いでしょう。

お菓子など合うのかと思われる方も多いことでしょう。

しかし、甘いものもお酒も好きという方には、おすすめの組み合わせです。
焼酎資格を簡単に資格取得できる通信講座

焼酎は何にでも合う

甘いものから塩辛いものまで、焼酎はつまみを選ばず、アルコールの香りを楽しむことが出来る魅力的なお酒です。

つまみを選ばないお酒であると考えると、魅力的でもありますね。

しかし、それぞれの焼酎が持つ味の個性を考えながらつまみを選ぶと、より楽しめるのではないでしょうか。

特に本格焼酎は、伝統的な奥深い香りに特徴があります。

本格焼酎を楽しむ時には甘いつまみも良いですが、産地を確認し、その土地の郷土料理とともに味わってみましょう。

つまみも厳選することによって、よりアルコールと香りを楽しむことが出来るはずです。

焼酎資格を簡単に資格取得できる通信講座

焼酎いいちこのカロリーは低いのか

全国的に有名ないいちこ。ダイエットを意識している方や、糖質を制限しなければならない方はカロリーも気になるところですよね。

いいちこの糖質や、カロリーを紹介します。
焼酎資格を簡単に資格取得できる通信講座

「いいちこ」とは

いいちことは、三和酒類から販売されている麦焼酎の一種です。

三和酒類は大分県のメーカーが販売している「いいちこ」の名前の由来は、大分県の方言である「いいですよ」といった意味を指します。

なんと、この銘柄名は地方紙の公募で決定したとのことです。

いいちこは3種類が発売されており、アルコール度数によってカロリーなども異なります。
焼酎資格を簡単に資格取得できる通信講座

いいちこの糖質は非常に低い

そもそも、いいちこは焼酎であるため糖質をほとんど含んでいないお酒です。

「麦」焼酎という点から、当然に糖質を含んでいると勘違いをされる方も多いようです。

また、いいちこに限らず、焼酎は基本的に糖質をほとんど含まないと考えて良いでしょう。

黒糖や米など様々な原材料で造られる焼酎ですが、原材料に限らず醸造方法は共通しています。

醸造過程で糖質に変化が起こるため、原材料に限らず含まれる糖質に差はないのです。

そのため、いいちこは「お酒は飲みたいけれど糖質は制限し無ければならない」、「ダイエット中である」といった方に人気のお酒となっています。

しかし、アルコールが入ると満腹中枢に影響を及ぼし、脳が空腹であると勘違いをするのです。

そのため、おつまみや食事を食べすぎてしまうこともあるため注意が必要です。

〆のラーメンなどが良い例ですね。

いいちこのカロリーは高い

糖質はほぼ0であるといってもよい、いいちこやその他の焼酎はダイエット中であっても飲めるため、魅力的です。

しかし、カロリーは別です。

実は以外にも高カロリーなのです。

いいちこは、度数の異なる3種類が発売されています。

のカロリーは、20度のもので100mlあたり113kcal、25度のもので142kcal、30度のもので169kcalであると表示されているのです。

焼酎はアルコール度数ごとにカロリーが異なるため、度数が高い焼酎が好きな方はカロリーの摂取量に注意が必要でしょう。

それぞれの度数ごとに数十kcalの差になりますが、飲む量によっては大きく差が開きます。

例えば30度のいいちこをロックで飲み続けてしまうと、合計して高いカロリーを摂取することに繋がるのです。

いいちこのカロリーが気になる場合には、水割りやお湯割りなど飲み方を工夫しましょう。

量を増やし、いいちこ自体の飲む量を減らす様に工夫をしながら飲んでみてくださいね。
焼酎資格を簡単に資格取得できる通信講座

おつまみにも工夫を

さらに、おつまみのカロリーを抑えることも重要です。アルコールと同時に摂取した食物は消化に時間が掛かり、体内に蓄積されやすくなります。

カロリーの低いおつまみを選ぶことが大切ですが、反対にカロリーの高いおつまみで調整をするという方法も有効です。

揚げ物などカロリーの高いおつまみは、自身で「カロリーを摂取している」と認識出来ます。

そのため、いいちこを飲む量を抑えることに繋がるのです。

いいちこを美味しく飲むためには、自分でコントロールをして後悔なく飲むことが大切です。

単純に「お酒を飲む」のではなく、いいちこや焼酎を味わって飲むためには、一緒に食べるおつまみまでカロリーコントロールをする必要があるのです。

焼酎資格を簡単に資格取得できる通信講座

コスパの良い焼酎ランキングベスト5

甲類焼酎は健康的でコスパも良い

焼酎といえば本格焼酎と言われる乙類が人気ですが、炭酸割りやお茶割りに適している甲類焼酎も見逃せません。甲類焼酎は乙類よりも安価であり、毎日飲むと体に悪そうと思われがちですが、実は甲類焼酎は体に優しいアルコールです。正確に言うと、体に優しくなるように自分で調整できるアルコールなのです。今回は、甲類焼酎の中からたっぷり飲めるのに安いコスパ良しの銘柄を5つご紹介いたします。

1位:宝焼酎

安価でありながら4Lの大容量から2.7L・1.8L・900ml・700mlと幅広いラインナップが用意されている宝焼酎は、明治45年から発売されている甲類焼酎の老舗ブランドです。そのブランドの力からか、特に年配の方から熱い支持のある焼酎です。アルコール度数は25度と20度があり、アルコールに強くない方でも飲みやすく割れるでしょう。爽やかな味わいであり、焼酎初心者の方でもスッキリと飲め楽しめるはずです。取扱店舗によって大きく異なりますが、4Lはネット通販で一本当たり2300円前後で購入できます。

2位:大五郎

大容量の焼酎といえば大五郎と言えるくらいポピュラーな甲類焼酎です。アルコール度数は25度で、どんな割り方でも美味しくいただける、まさに家に1つ置いておきたい焼酎です。気分によってどんな味にでも変身させられますので、自宅でチューハイを作る時や大人数で集まる時にも重宝します。他の甲類焼酎に比べて少しマイルドで優しい味わいです。大五郎は4Lで2000円前後で購入できます。

3位:ビッグマン

こちらも大五郎と並びコスパが良いと有名な甲類焼酎です。品ぞろえの良いコンビニやスーパーには必ず置いてある銘柄であり、癖のない味が好評です。特にお茶割りと相性が良く、ビッグマンのウーロン茶割りはお酒の苦手な女性でも飲みやすいと人気です。アルコール度数は20度で、4Lで2000円前後で購入できます。

4位:大地喝采

コスパ重視の大容量焼酎と言ったら大地喝采が思い浮かぶ人も多いと思います。アルコール度数は25度ですが、4Lでネット通販では2000円を切る価格で販売されているため、水割りで飲む方にもチューハイやサワーにして飲む方にも大人気の銘柄です。まろやかというよりは、切れがある味わいですので、炭酸系で割る飲み方をおすすめします。

5位:鏡月

スナックやバーでもよく使われる鏡月も、大容量のコスパが良いと人気があります。4Lが1本2500円以内で変えるため、外でよく飲む味を家でも楽しめると評判です。アルコール度数は20度と25度がありますが、20度の方がよく飲まれています。蔵元が信頼のブランド・サントリーであるのも、人気である所以かもしれません。

今回紹介した5つの銘柄は、どれを選んでもはずれの無いコスパの良い甲類焼酎です。毎日たくさん飲むから出来るだけ安く、美味しい焼酎を探している方は、是非この5つを試してみてください。また、独特なクセも無く焼酎初心者でも飲みやすいため、これから焼酎にチャレンジしてみたいという方は、是非この5つの銘柄を飲んでいただきたいです。きっと、お気に入りの銘柄が見つかるでしょう。

簡単にできる焼酎の基本的な飲み方5選

焼酎の基本的な飲み方

一つの焼酎でも、飲み方一つ変えれば味や口当たりが別物の焼酎のように変化します。今回は焼酎の飲み方として、これだけは知っておくべきである基本的な飲み方をご紹介いたします。

1.水割り・お茶割り

たっぷりの氷が入ったグラスに焼酎をそそぎ、水やお茶をゆっくり加えていく「水割り・お茶割り」が、焼酎の基本的な飲み方として有名です。グラスに氷を入れないのでしたら、水をそそいだ時に自然と水と焼酎が混ざりあうので、マドラーで混ぜる必要はありません。

使う水は、水道水ではなくミネラルウォーターが良いでしょう。ミネラルウォーターの中でも特に軟水がおすすめです。国内のミネラルウォーターはほとんど軟水であるため、コンビニでも購入できます。

お茶ならば、ウーロン茶などよりも緑茶を使う方が多いです。ウーロン茶は味の区別があるお茶であるため、使われる際は「ウーロン茶割り」と言うようにお茶割りと別にされます。

水と焼酎の比率などに決まりはありませんので、自分で飲みながら調節し、飲みやすいバランスを見つけてください。スタンダードは割り方としては、焼酎6:水4で割った飲み方が有名です。

2.オン・ザ・ロック

水割りやお茶割りの次に有名な飲み方が「ロック」です。ロックグラスに一つ大きい氷を入れて、あとは焼酎だけそそぐ飲み方です。焼酎が持っている本来の香りや風味を味わえる飲み方であり、飲み始めは焼酎そのものの味が強く出ますが、氷が溶けていくうちに濃い目の水割りのような口当たりを楽しめます。

ロックの美味しい飲み方のポイントとしては「ロックグラスをあらかじめ冷やしておく・市販のおいしい氷を使う・焼酎をそそぐときは優しく氷に当てながら」とこの3点を気を付ければ、本格的なロックを飲めるでしょう。

3.お湯割り

冬の寒い夜に大人気のお湯割りは、水割りの水がお湯になっただけと思われがちですが、実は割り方も変わるので注意してください。お湯割りは、先にグラスにお湯を注いでから焼酎をそそぎます。これは、先にお湯を注いでからぬるい焼酎をそそぐことで、熱すぎずすぐに飲めるお湯割りが作れるためです。

お湯割りの基本的な飲み方として、まず湯気の香りから楽しみましょう。使うお湯は熱湯ではなく、70度程度のお湯が丁度良い熱さです。グラスは耐熱容器であるかしっかり確認してから使いましょう。

4.ストレート

ご存知の方も多いと思いますが、ストレートは氷などを使わずに焼酎そのものの味のみを楽しむ飲み方です。焼酎は様々な原料で全国各地で作られているお酒であるため、その種類も莫大な数があります。ストレートは、焼酎の作られた風景や風土など、焼酎の個性を素直に受け止められる飲み方です。焼酎本来の味を楽しみたいのならば、まずストレートで飲んでみることをおすすめします。

5.前割り

ストレートやロック、水割りに比べて通な飲み方である前割りは、焼酎をあらかじめ水で割っておき、1番寝かせる飲み方です。事前に水で割っておくため前割りと呼ばれます。前割りすることによって焼酎と水が馴染み、まるで二つが最初から一つだったかのようにまろやかな口当たりとなります。寝かせるときは冷蔵庫に入れて一晩置きましょう。冷えた状態でそのまま飲んでも良いですし、寒い日は温めて飲んでも美味しい飲み方です。

好みの飲み方を見つけることが大事

今回は基本的な飲み方のみを紹介しましたが、焼酎の飲み方は人によってそれぞれで飲み方一つで個性が見えるものです。まずは基本的な飲み方で飲んでみて、自分が本当に美味しいと思える飲み方を見つけることが、お酒を楽しむコツです。