焼酎に合うつまみは甘い食べ物

料理を選ばずに楽しめるお酒として有名な焼酎は、人気のお酒です。

和食、揚げ物やサラダなど、互いに邪魔をせずに美味しく食べ、飲むことが出来ます。

なぜ焼酎は料理を選ばないお酒といわれているのでしょうか。

また、焼酎に最も合うつまみとは何かについてもまとめました。

焼酎のつまみを探す際には参考にしてみてくださいね。

なぜ焼酎は何にでも合うのか

そもそも、何故焼酎はどの様な料理にも合うといわれているのでしょうか。

それは、焼酎の作られる過程に理由があります。

焼酎は蒸留酒であり、日本酒やワインとは異なり甘みや酸味などが含まれていません。

焼酎に甘みを感じるとしても、それは「香り」なのです。

特に甲類焼酎は、ほぼ味も香りもしないような「アルコール」です。

そのため、レモンやウーロン茶などで割って味を付けて飲むのです。

郷土料理と本格焼酎の関係

伝統的な味や香りを守ってきた伝統的な本格焼酎は、焼酎の郷土料理と合います。

焼酎の産地では、焼酎に合うつまみを「郷土料理」として残してきたのです。

そのため、産地ごとの焼酎と郷土料理が合うのは当然のことですね。

鹿児島県の芋焼酎であればさつま揚げ、飲み口の軽い泡盛であればゴーヤチャンプルーなどです。

どの様な食材にも合う焼酎ですが、折角本格焼酎を飲むのであれば郷土料理もチェックしてみてはいかがでしょうか。

焼酎の産地によって、その土地の郷土料理が最も合うつまみであるといえるでしょう。

焼酎には甘いつまみが合う!

例えば日本酒であれば、辛口のものであっても甘さが残ります。

そのため、塩辛いつまみが合うのです。

醤油をつけて食べる刺身や、塩辛などですね。

ワインであれば酸味が効いているため、オイルに塩辛さをプラスしたつまみが合います。

味に特徴が無く、アルコールを味わう焼酎には甘いつまみが合うといわれています。

アヒージョやピザなどです。

味が無く、アルコールの刺激を楽しむ焼酎には、甘く塩分のあるつまみが合います。

先に挙げた角煮などにも、調理の過程で砂糖が使用されています。

角煮は、甘みと塩分の強いつまみの定番ですね。

さらに、焼酎は和菓子との相性も抜群です。

和菓子の中でもかりんとうなど、こってりとした甘さではない和菓子が合うでしょう。

甘党の方であれば、スイーツなどをつまみにしてみることもおすすめです。

モンブランなど、スイーツの中でも和の要素が入っているものが最適です。

お酒といえば、塩分のあるつまみが定番であるという方が多いでしょう。

お菓子など合うのかと思われる方も多いことでしょう。

しかし、甘いものもお酒も好きという方には、おすすめの組み合わせです。

焼酎は何にでも合う

甘いものから塩辛いものまで、焼酎はつまみを選ばず、アルコールの香りを楽しむことが出来る魅力的なお酒です。

つまみを選ばないお酒であると考えると、魅力的でもありますね。

しかし、それぞれの焼酎が持つ味の個性を考えながらつまみを選ぶと、より楽しめるのではないでしょうか。

特に本格焼酎は、伝統的な奥深い香りに特徴があります。

本格焼酎を楽しむ時には甘いつまみも良いですが、産地を確認し、その土地の郷土料理とともに味わってみましょう。

つまみも厳選することによって、よりアルコールと香りを楽しむことが出来るはずです。