鹿児島県産本格芋焼酎の人気ランキング1位から10位

芋焼酎といえば鹿児島ですが、本格焼酎の売り上げのトップは宮崎県なのです。今回は鹿児島県産の本格焼酎の人気ランキングを10位から1位まで紹介していきます。鹿児島産ということで芋焼酎の定番からプレミアム焼酎までバランスよく揃ったランキングになっています。

10位 西酒造 富乃宝山

プレミアム焼酎・天使の誘惑を造る西酒造の代表銘柄は宝山シリーズ。薩摩宝山、吉兆宝山などがあります。富乃宝山は日本酒で使われる黄麹を使用しており、ほのかに柑橘類の香りがします。芋の風味やほのかな甘みがあり、特にロックや水割りで美味しく飲めます。

9位 長島研醸 さつま島美人

鹿児島県の北西部にある長島町で造られています。5つの蔵元で造られた焼酎をブレンドしており、島美人の他にも黒麹を使った黒島美人や島内限定販売の島娘があります。島美人は白麹を使っており、まろやかな甘みが特徴です。

8位 大石酒造 鶴見

鹿児島県阿久根市にある大石酒造は明治時代から焼酎造りをしている歴史ある蔵元です。県内産の芋と国産米で造られており、とにかく香りが強いのが特徴的で、芋の甘みが感じられる昔ながらの芋焼酎です。地元阿久根市では、焼酎と言えば鶴見しか飲まない頑固な年配の方も多く、独特の香りや味わいはまさに通好みです。

7位 小牧醸造 小牧

小牧は焼酎の中では歴史の浅い銘柄になります。小牧醸造の焼酎では、一刻者も美味しい焼酎として知られています。小牧は芋の香りが強いですが、味はまろやかで甘みがあります。

6位 本坊酒造 桜島

本坊酒造が造る桜島のブランドにはいくつかの種類がありますが、この中でも「あらわざ桜島」は新しい技術で蒸留した焼酎になります。白麹を使っており、独自の技術で芋のコク、旨味、香りを存分に味わうことが出来ます。なめらかで、かろやかな味わいです。

5位 大口酒造 黒伊佐錦

黒伊佐錦の蔵元は、鹿児島の米どころ伊佐市にあります。現在はお笑い芸人の博多華丸さんがCMに出演しています。黒伊佐錦は鹿児島県ではクロイサの愛称で広く親しまれており、焼酎の黒ブームの先駆けとなった商品です。黒麹独特のコクとまろやかな口当たりがある人気の焼酎です。

4位 村尾酒造 村尾

村尾はいわゆる3Mの中の一つで、生産数が少なく、入手するのが非常に困難な銘柄です。

地元でもなかなか飲む機会がありませんが、芋の香りが強いですが、甘みがあり、柔らかい口当たりで、非常に飲みやすい焼酎です。

3位 森伊蔵酒造 森伊蔵

焼酎を飲まない人でも知っているくらい高い知名度を誇る森伊蔵。焼酎ブームが去った今でも高い人気があり、オークションでは高値で取引されています。その味は口当たりが非常にまろやかで、雑味がなくすっきりとしています。

2位 白玉醸造 魔王

プレミアム焼酎として知られる魔王ですが、鹿児島県では量販店でも販売されており、3Mの中では手に入れやすくなっています。黄麹を使用した焼酎で、樽で熟成させています。そのため、芋焼酎の強い香りがなく、洋酒のような味わいです。

1位 佐藤酒造 佐藤

佐藤には白と黒があり、白は白麹、黒は黒麹で造られています。霧島山系の水を使用しており、旨味とキレがあって深い味わいを楽しめます。