飲み過ぎるとつらい二日酔い。焼酎は二日酔いしない!?

付き合いで、ついつい深酒して翌日二日酔いで調子が悪いという経験のある方は多くいます。お酒は飲み過ぎると、健康に影響を及ぼしますから、飲み過ぎには気をつけなければいけません。焼酎は二日酔いしにくいとも言われています。二日酔いが起こるメカニズムや、予防する方法について解説します。

二日酔いが起こる仕組み

お酒を飲むと、体内で酵素がアルコールをアセトアリデヒドという物質に分解します。さらに酢酸に分解し、最後に水と二酸化炭素になって排出するのですが、アセトアリデヒドは毒性が強く、体内にのことを残ったままの状態になると二日酔いを引き起こすのです。

アルコールそのものが原因と思っている方が多いのですが、実際にはアセトアリデヒドが悪さをしているのです。

二日酔いの症状

二日酔いによる症状は、頭痛、嘔吐、吐き気、胸のむかつき、喉の渇き、アルコール性胃炎があります。アルコール性胃炎は、アルコールが胃の粘膜を刺激することで起こります。また、のどの渇きはアルコールによる利尿作用で水分が排出されて、脱水症状になっている為です。

翌日もアルコールが残っていると、さらに酩酊、ろれつが回らない、ふらつきの症状があるので、車や機械の運転は絶対に避けなければいけません。

二日酔いと悪酔いの違い

二日酔いが起こる原因は、お酒を必要以上に飲んだことが原因になります。アルコールを体内に取り入れすぎると、アルコールの分解が追い付かなくなりますから、深酒や飲み過ぎには十分注意しましょう。

悪酔いは、お酒を飲んで短時間で症状のことです。また、二日酔いは悪酔いが翌日になって現れる状態になります。

焼酎は二日酔いしにくい?

お酒には大きく分けて蒸留酒と醸造酒があります。焼酎は蒸留酒で、99%以上が水とアルコールで出来ています。醸造酒には不純物が含まれており、これが二日酔いしやすい原因と言われています。焼酎のアルコールは1種類しかありませんから、効率的にアルコールを分解出来るので、二日酔いしにくいと言われているのです。

しかし、焼酎だけ飲んでいても二日酔いは起きることはありますから、必ずしも当てはまるわけではありません。やはり、お酒を飲む量をコントロールすることが何よりも大切です。

二日酔いの予防方法や対処方法

二日酔いを起こさないようにするには、焼酎を飲む時にチェイサーを一緒に飲むことでアルコールを薄めることが出来ます。チェイサーには水を飲むのが一般的です。特にロックやストレートではアルコール濃度が高いので、水と一緒に飲みましょう。飲み方は、お酒と同量の水を一緒に飲むだけです。

また、二日酔いが起きた時には、脱水症状も起きているので水分を多く補給しましょう。コーヒー割りやお茶は利尿作用があるので避けてください。

二日酔いを解消するには、睡眠が一番効果的です。良く風呂に入ったり、汗を出して治そうとする人がいますが、逆に血中のアルコール濃度の減少を遅らせてしまうとも言われています。心臓が弱い方は危険ですから、絶対にやってはいけません。

胃の調子が悪いようでしたら、市販の胃腸薬で十分間に合います。

他にも民間療法がたくさん存在しますが、その効果は未知数です。