飲みやすさ抜群な芋焼酎おすすめ飲み方

芋焼酎は、独特のにおいやクセがあるため、好みが分かれる種類の焼酎でもあります。

そんな芋焼酎が好みではないという方でも、飲みやすくなるおすすめの飲み方です。

それが「ソーダ割り」です。

ソーダ割りは、芋焼酎独特のにおいも緩和してくれるため、飲みやすい方法ですね。

芋焼酎ソーダ割りの作り方や、ソーダ割りのアレンジ方法などを紹介します。

ソーダ割りで爽やかな芋焼酎に

芋焼酎のソーダ割りは、炭酸によって飲み口や喉越しが軽やかになります。

芋焼酎が好みではないという方の多くは、芋焼酎特有のにおいや甘さのクセが好みではなくなる原因となっているはずです。

ソーダ割りにすることで、くさみやクセを緩和します。

程よい芋の甘さになり、ソーダにしっかりと合うのです。

喉越しが良くなる

においとアルコールのクセが緩和され、甘みが引き立ってくる芋焼酎のソーダ割りです。

飲みやすさを求めるのであれば、ソーダと芋焼酎の割合も重要になります。

芋焼酎が苦手な方であれば、焼酎とソーダの割合いは、1:4がおすすめです。

芋焼酎の香りがほのかに香る程度になるでしょう。

当然、においやアルコールのクセを感じることなくなります。

しかし、芋焼酎らしさも消えてしまうというデメリットもあります。

1:2でも飲めると感じたのであれば、徐々に配分変えて行き5:5に近付けて行く事がおすすめです。

しっかりと冷えたソーダを使用する

芋焼酎のソーダ割りは、常温で飲むと全く美味しくありません。

ソーダ割りの魅力は、爽快感でもあります。

ソーダをしっかりと冷やして、氷も入れて飲みましょう。

氷を入れてしまうと、徐々に薄くなるというデメリットがあります。

このデメリットを解消するためには、グラスを冷やすという方法もおすすめです。

氷の量を減らし、しっかりと冷えた芋焼酎のソーダ割り作る事が可能になります。

芋焼酎のソーダ割りは、夏におすすめの飲み方でもあります。

冷やして飲むことや、口当たりの爽快感が特徴であるためです。

喉越しも良く、身体を冷やしてくれることからも夏の暑い時期に楽しみたい飲み方ですね。

おつまみにも工夫を

芋焼酎のソーダ割りは、芋焼酎が苦手な方であっても非常に飲みやすい飲み方の1つです。

乾き物やスナック菓子など、水分量の少ないおつまみが良いでしょう。

乾きものは口腔内の水分を奪うため、芋焼酎のソーダ割りを含めたサワー系やビールが良く合うのです。

また、芋焼酎のソーダ割りはお酒の味を感じにくい飲み方でもあります。

そのため、味の濃いおつまみを用意してしまうと、芋焼酎の味を全く感じることが出来ないという場合もあるのです。

薄味かつ水分量の少ないおつまみが最適でしょう。

お酒を美味しく飲むためには、おつまみにも工夫をしたいですね。

ソーダ割りで芋焼酎をさっぱりと頂こう

芋焼酎のソーダ割りは、1:4で割る事がおすすめです。

芋焼酎独特の香りやクセが苦手な方であっても非常に飲みやすくなるでしょう。

芋焼酎を飲み始めるきっかけにもなるかも知れませんね。

1:2の割合で作る事で、もともと芋焼酎が好きな方でもアレンジとして美味しく飲むことが出来るはずです。

しっかりと冷やしたグラスとソーダ、氷も用意することで、夏に最適な芋焼酎のソーダ割りが完成します。