芋焼酎や麦焼酎など、数多い焼酎の味や香りの特徴をご紹介

焼酎の味の特徴を知ろう

普段あまり焼酎を飲まない方は、数ある種類の焼酎について、それぞれの味の特徴についてピンと来ないはずです。いざ焼酎にチャレンジしようと思っても、どれが自分に適しているかわからないと、せっかく買った焼酎が楽しく飲めずに終わるかもしれません。今回は、有名な焼酎の味の特徴や風味についてご紹介いたします。

甲類焼酎の特徴

甲類焼酎は琥珀色の銘柄もありますが、ほとんどは無色透明であり、味に焼酎独特のクセは全くありません。良く言えば何にでも合わせやすい味であり、悪く言えばアルコールの匂いしかしない味でもあります。

そのため、ロックやストレートでそのままの味を楽しむには適していません。お茶割りやソーダ割りなどチューハイとしてよく飲まれます。チューハイの中ではレモンやゆずなど柑橘系の人気が高いです。商品で言うと鏡月やビダンなどが甲類焼酎になります。
ですが、お酒のプロは甲類焼酎でもストレートで飲むのが一番美味しいという方もいらっしゃいます。人気の飲み方にとらわれず、自分の好きな飲み方でチャレンジしてみると新たなおいしさが発見できるでしょう。

乙類焼酎について

乙類焼酎は「本格焼酎」とも言われ、芋焼酎・麦焼酎・米焼酎など、素材の特徴が味や風味に出ている焼酎です。これらは比較的銘柄ごとに特徴がはっきりしているため、甲類焼酎とは逆に水割りやお湯割り、ロックやストレートで素材の味や風味を楽しむ飲み方が主流です。

乙類焼酎は地酒ならぬ「地焼酎」が展開されているため、観光地の飲み屋ではご当地焼酎を使ったカクテルなど出してくれるお店もあります。

芋焼酎の特徴

芋焼酎の多くは原料にサツマイモを使用しています。そのため芋が持っている甘みがほのかに香り、この香りが好みが分かれると言われています。同じ芋焼酎でも銘柄が違えば全く違う味わいになる焼酎ですので、何種類か飲み比べてみると面白いでしょう。芋焼酎は水やお湯で割っても味は薄くなりにくく、特にお湯割りならば香りや風味がさらに楽しめますので、ストレートでなくとも美味しくいただけます。

麦焼酎の特徴

麦焼酎は、香ばしさとのど越しのスッキリ感が特徴的な焼酎です。麦は焼酎以外のアルコールにも使われますが、麦焼酎は焼酎が持つ独特な香りが少ないため、初心者でも比較的飲みやすい焼酎の一つです。銘柄によっては、香ばしさを前面に出したものや麦の強さを抑えたやさしめの麦焼酎もありますので、実際に飲んだ人の意見を参考にしながら選ぶと良いでしょう。

米焼酎の特徴

シンプルな風味なのに何故か飽きがこない米焼酎は、米特有のフルーティーな風味があり、よく日本酒と似ていると言われます。飲みやすさの反面、日本酒と比べるとアルコール度数は高めですので、ストレートで飲みすぎないように気を付けましょう。おすすめの飲み方は水割り・ロックです。

自分好みの焼酎を見つける

焼酎は、この有名な種類以外にも数多くの商品があります。津々浦々で新たな焼酎が開発され販売されていますので、中には見たことも無いような原料を使っている焼酎もあるかもしれません。様々な焼酎にチャレンジして、自分がずっと飲みたいと思えるようなお気に入りを探しましょう。