翌日まで効果が続く?焼酎風呂の驚きの効果とは

今流行りの焼酎風呂

焼酎風呂や日本酒風呂など、お酒を使った温泉もありますが、焼酎風呂は自宅でも手軽に出来る健康的な入浴方法です。今回は、女性に大人気の焼酎風呂について詳しくご紹介いたします。

焼酎風呂の効果

焼酎風呂は特に女性人気が高く、保温効果もあるけれど、肌が白くなったりハリが出たという美容効果を実感したという声も多いです。特に体を温める効果が高いため、冬の寒さに弱い方は焼酎風呂に入ることで、体も心もリラックスした状態を作れ、健康的な睡眠環境が作れるでしょう。人は気温が低いだけであっても気持ちが沈んだり、軽いうつ傾向に陥りやすいため、体を中から温めてくれる焼酎風呂はおすすめです。

焼酎風呂は特に美肌作りに良いと言われており、焼酎のもろみが肌のメラニン生成を阻むため、シミやくすみなどを防ぐアンチエイジング効果が期待できます。毎日のお風呂で少しでも肌ケアしたい方に、焼酎風呂は見逃せない方法です。

焼酎風呂に向いている人

焼酎風呂はその名の通り湯船に焼酎を入れる入浴方法ですが、この焼酎風呂に向いているのはこのような方々です。

・冷え性で悩んでいる
・寒いと気持ちが沈む
・美容効果の高い入浴方法を探している

これらに当てはまる方は、是非一度焼酎風呂を試してみてください。普通のお風呂では得られないような温かさと肌の調子良さが実感できるかもしれません。

焼酎風呂を作る方法

焼酎風呂は様々な女性向け書籍で紹介されていますが、その方法は紹介されている本によって異なります。決まった作り方は無いため、まず100~200ml程度から始めてみましょう。足りないと思ったら、400mlくらい足しても問題ありません。

使う焼酎はお好きな銘柄を使用してください。甲類でも乙類でも構いませんが、最初は価格が安いものから始めてみると良いでしょう。体全体で温まれる熱いお湯に、塩をつまんでいれて、焼酎を入れ混ぜてください。これで焼酎風呂の完成です。

焼酎風呂に向いていない焼酎

焼酎風呂にはどんな焼酎でも使えますが、お湯に投入することで焼酎の匂いが広がるため、あまり馴染みのない焼酎を使うのはおすすめしません。例えば、普段甲類焼酎しか飲まないのにいきなり芋焼酎を入れると、慣れない香りで気持ちが悪くなる可能性もあります。芋焼酎は、本当に普段から飲んでいて香りが好きだという方におすすめします。

逆に、焼酎風呂に向いている焼酎の種類は「麦焼酎」です。麦焼酎は芋のように独特な香りが少なく飲みやすいため、お湯に入れても香りが充満することはありません。更に麦焼酎には、動脈硬化の原因となる血栓を溶かす成分も含まれているため、麦特有の健康的効果として期待できます。普段お酒をほとんど飲まないのならば、独特な香りが全く無い甲類焼酎でもよいでしょう。

焼酎を使って健康になる

飲むと体に悪そうに思えるお酒ですが、焼酎風呂のようにお酒を間接的に使う健康法もあります。お酒に馴染みのない方から見ると少々抵抗があるかもしれませんが、一度入ってみるとやみつきになるくらいに体の芯から温まり気持ちいいとも言われています。家に焼酎がある方は是非チャレンジしてみてください。