美味しい焼酎ハイボールの作り方

焼酎には大きく分けて甲類焼酎と乙類焼酎があります。乙類焼酎は原料本来の風味や香りを楽しむ為に、お湯割りや水割りで飲むことが多いです。

甲類焼酎も同じような飲み方も出来ますが、炭酸水で割ったハイボールも作ることが出来る使い勝手の良い焼酎であり、しかも格安で購入出来ることから人気があります。

甲類焼酎とは?

甲類焼酎は主にサトウキビの搾りかすである廃糖蜜を原料にして造られています。繰り返し蒸留する連続式蒸留法で造られるので、純度の高いアルコールを抽出することが出来ます。甲類焼酎の特徴は無味無臭で、本格焼酎のようなクセが無いことです。

このようなことから、さまざまな飲み方で楽しめる焼酎として利用されているのです。

ハイボールとは?

ハイボールはカクテルの一種で、ウイスキーを炭酸水で割ったものです。ビールと同様にハイボールを置いてある外食店が増えているほど人気があり、サントリー角ウイスキーのCMでお馴染みの飲み物です。

焼酎ハイボールとサワーの違い

焼酎ハイボールは、ウイスキーの代わりに甲類焼酎をベースにしており、名前を略して「酎ハイ」と呼んでいます。サワーはウォッカ、ジン、ラムといった蒸留酒を使っていることもありますが、ほとんど同じ飲み物であり、呼び名に違いがあるだけと認識して良いでしょう。

世界ではハイボールはウイスキーをベースにしたものを指していますが、日本では焼酎、ウォッカなどをベースにしたものをハイボールと呼んでいます。

焼酎ハイボールの作り方

基本的な作り方としては、グラスに甲類焼酎を適量注ぎ、氷を2,3個入れて、炭酸水を静かに注ぎ、グラスを満たせば完成です。これにレモンを加えるとレモン酎ハイになります。レモン以外ではグレープフルーツ、かぼす、ゆず、すだちが適しています。

居酒屋の酎ハイを自宅で作る

自宅でも簡単に居酒屋で出される酎ハイを再現することが出来ます。

本格的な酎ハイは、甲類焼酎、炭酸水、果汁、シロップを合わせるだけです。シロップは好みで構いませんが、より居酒屋の味に近づけるには加えた方が美味しく仕上がります。

①レモン酎ハイの作り方

材料は甲類焼酎、炭酸水、レモン果汁、氷です。

氷を入れたグラスに、焼酎と炭酸水6:4の割合で注ぎ、適量のレモン果汁を加えます。炭酸が飛ばないように軽く混ぜると完成です。酸っぱいようでしたらシロップを少々加えます。

②りんご酎ハイの作り方

材料は甲類焼酎、リンゴジュース、炭酸水、ガムシロップ、氷です。

氷を入れたグラスに、焼酎とリンゴジュースを2:1で注ぎ、炭酸水を1割入れます。

好みでガムシロップやレモン果汁を加え、軽く混ぜると完成です。

③カルピスサワーの作り方

材料は甲類焼酎、カルピス、炭酸水、氷です。

氷を入れたグラスに、カルピス1:焼酎1:炭酸水5の割合で注ぎ、軽く混ぜるだけで、缶飲料のカルピスサワーを再現出来ます。好みでレモンスライスなど加えると良いでしょう。

他にもレシピは豊富にある

ここに挙げたのは一部で、レシピは豊富にあります。ネットで調べると本科的な作り方から、簡単レシピまであるので色々試してみると良いでしょう。また、使用する甲類焼酎の銘柄によっても味に変化があります。