糖尿病には焼酎がいい?焼酎と血糖値の気になる関係

現代人の怖い病気の一つである糖尿病ですが、糖尿病になると医師から初めに控えるように言われるのが「お酒」と「甘いもの」です。糖尿病では糖分のコントロールがとても重要です。お酒は一般に糖質が多いとされるので糖尿病の方はお酒を控えたほうが良いとされています。ただし、焼酎などの蒸留酒はビールやワイン、日本酒などの醸造酒に比べて糖質が少ないので良いのでは?という意見もありますが、一体本当のところはどうなっているのでしょうか。焼酎と糖尿病、血糖値の関係についてご紹介したいと思います。

焼酎は糖尿病にはダメなの?

糖質の事だけを取り上げると、日本酒やビールに比べると焼酎の糖質は「ゼロ」です。蒸留酒は糖質とアルコールを分離させるので蒸留酒には糖質は含まれません。では、カロリーは?となりますがカロリーはあります。実は、日本酒やビールよりも焼酎の方がカロリーがあるのです。カロリーは度数に比例すると思ってもらってよいのですが、100㎖あたりのカロリーはビールより日本酒より焼酎の方が高いです。焼酎より度数の高いウイスキーは焼酎よりもカロリーが高くなります。ただ、焼酎もウイスキーも常温でそのままグイグイと飲む方は少ないと思います。少なくともロックや水割りなどで飲まれる方がほとんどだと思いますので薄める分カロリーは低くなります。平均すると、おおよそビールと同じくらいのカロリーだと考えられています。糖尿病の方は糖質のコントロールとカロリーのコントロールも大切なので糖質がゼロだからといって手放しに焼酎を飲んで良いわけではなさそうです。

実は怖いのは焼酎ではない!

実は糖尿病の方にお酒を控えるようにすすめる理由はお酒そのものよりも「一緒に楽しむ食事やおつまみ」に理由があると言われています。実際、お酒だけを延々と楽しむ方はほとんどいないと思います。なんらかの食事やおつまみと一緒に楽しむ方がほとんどだと思いますが、お酒と一緒に楽しむ食べ物は味が濃かったり、脂っこかったりします。このしっかりした味わいをお酒で調和するのがお酒とおつまみの楽しみ方ですが、やはり食事やおつまみのカロリーは高めのものが多いと思います。そして、時間もポイントですが、やはり朝や昼ではなく、夜または夜中の方もいらっしゃると思います。このように総合的にみるとお酒を楽しむ環境が糖尿病には決して良いとはいえる環境でないことは一目瞭然です。

朗報!芋焼酎で血糖値コントロール

実は2016年に鹿児島大学が本格芋焼酎が血糖値の上昇を抑制する働きがある、と発表しました。本格芋焼酎と水、ビール、日本酒の3種を比較し実験した結果、本格芋焼酎を飲んだ被験者は食事後の血糖値の上昇が最も低いという結果でした。これは血糖値のコントロールが必要な糖尿病の方にはとても嬉しい研究結果となりました。現在では血糖値抑制に関与していると思われる芋焼酎の成分の特定を進めている途中で、この成分が特定できれば血糖値のコントロールや糖尿病の治療などにも役立つと期待されています。糖尿病になるとお酒は控えるように言われますが、この結果によっては本格焼酎なら大丈夫、という結果になるかもしれません。

糖尿病や血糖値コントロールと焼酎の関係はまだまだ謎が多いですが、お酒は万病の薬ともいわれます。我慢するだけでなく、適量を楽しんで身体にも心にも良い効果を得たいものです。