米焼酎の人気ランキングトップ3

日本人の主食といえば米です。

そのまま食べるというだけではなく、日本酒や焼酎の原料としても使用されています。

米焼酎の特徴は、爽やかな飲み口や味わい、そして米の香りです。

焼酎の種類は芋、麦など様々なですが、もっともの見やすいのは米焼酎であるといっても過言ではありません。

料理と合わせやすいだけではなく、ストレートで焼酎のみを楽しむことにも適しているのです。

そんな米焼酎の「飲みやすさ」人気ランキングトップ3を紹介します。

米焼酎ランキング1位「鳥飼」

次の日に残りにくい米焼酎として人気を博している「鳥飼」。気温が低い時期に仕込み、醸造しています。

価格も手ごろであり、晩酌用など気軽に楽しめる米焼酎です。

日本酒好きの方からの支持もあり、人気となっています。

品が良く柔らかな口当たりと、米の風味をしっかりと感じたい逸品です。

飲みやすさの中にもアルコールをしっかりと感じられる点が魅力でもあります。

醸造のこだわりを楽しむためにも、ストレートやロックで飲むことがおすすめです。

また、まろやかで雑味が無く、クリアな旨味はお湯割りでゆっくり飲むことも良いでしょう。

米焼酎ランキング2位「よかいち」

芋焼酎では「一刻者」などでも有名な宝酒造ですが、この「よかいち」は、米の他に芋や麦などの種類があります。

中でも「米焼酎よかいち」は、アルコールのクセがなくバランスが良い味である事が特徴です。

低温でゆっくりと蒸留されており、米の旨味だけを抽出したかのような香りは魅力的です。

口当たりから喉越しまで非常に爽やかであり、他にはない米焼酎となっています。

和食、洋食などジャンルを問わず、優しい味付けのおつまみと合うでしょう。

爽快な香り、すっきりとした飲み口を体感するためにはロックや水割りがおすすめです。

さらりと飲めてしまうため、飲みすぎには注意をしてくださいね。

米焼酎ランキング3位「かなた」

「かなた」は、女性や焼酎初心者の方に非常におすすめの焼酎でもあります。

優しい香りと飲みやすさが特徴であり、人気の銘柄になっています。

かなた特有の優しい香りの秘訣は、白麹と湧き水へのこだわりです。

爽やかな軽い口当たりは、米焼酎とは思えないほどの飲みやすさなのです。

飲みやすさもありつつ、米焼酎特有の華やかな甘味も楽しめる、魅力的な米焼酎になっています。

蔵元も推奨するロックでの飲み方の他、ストレートで飲むこともおすすめの焼酎です。

おつまみも薄味の料理がおすすめです。

優しい風味を味わいながら飲んでみてくださいね。

米焼酎は日本酒に通ずる?

同じ米を使用する日本酒と米焼酎は、どこか通ずるところがあります。

日本酒好きの方は、焼酎も米焼酎が好みであるというケースが多いのです。

焼酎は初心者でも日本酒は好きであるという方であれば、焼酎は米が良いでしょう。

ストレートやロックで飲めるため、日本酒とは異なる味わいを楽しめるはずです。

ランキングトップ3の米焼酎は、どれも強いこだわりがありながら飲みやすい点が特徴でしょう。

米焼酎は芋などと比較するとクセがないため、飲みやすく焼酎初心者の方にもおすすめの焼酎です。

芋や麦に飽きた方も、是非米焼酎ランキングを参考にして焼酎選びから楽しんでみてください。