焼酎人気ランキング上位に君臨するさつま白波とは

鹿児島県は芋焼酎の聖地とも言える場所です。

そのイメージを引き継いで来た焼酎の1つが「さつま白波」なのです。

「さつま白波」を造っている薩摩酒造は、有名な銘柄であった「白波」と「黒白波」のリニューアルを行ったことで話題となりました。

そんなこだわりを見せる薩摩酒造が造っている「さつま白波」の特徴を紹介します。

さつま白波の特徴とは?

薩摩酒造が造る白麹を使用した本格芋焼酎。アルコール度数は20度と25度のものがあります。

薩摩焼酎は「黒霧島」が定番焼酎になっていますが、「さつま白波」を知ってこその黒霧島です。

「さつま白波」の特徴などをしっかりと押さえておきましょう。

芋の香りが濃厚でしたが、リニューアル後はマイルドになりました。

芋焼酎特有のクセが弱くなり、飲みやすくなったともいえるでしょう。

サツマイモのふくよかな香りはインパクト大ですね。

焼酎を口に含んだ瞬間、まずサツマイモの強い香りを感じるのです。

「さつま白波」は、ゆっくりと香りや風味を感じながら飲みたい焼酎であるといえるでしょう。

芋本来の甘味や香りが口に広がりますが、さらりとしていて飲みやすい点が魅力です。

ロックも良いですが、お湯割りでも楽しめるでしょう。

お湯割りは香りが引き立つため、飲み比べをする際にはおすすめの飲み方でもあります。

人気の秘訣は飲みやすさ

リニューアルによって、「さつま白波」はマイルドになった印象です。

これまで芋焼酎を飲んでこなかった方にも飲みやすい、独特の甘さは控えた芋焼酎になっています。

リニューアル後には甘みが増し、非常に飲みやすくなったためロックやストレートでも楽しみやすくなりました。

そのため、食事にも合わせやすく、和食から味の濃い中華料理にまでどの様なおつまみにも最適です。

食事酒として晩酌に取り入れやすくなった事が、人気ランキング上位に君臨する理由なのかも知れませんね。

価格もリーズナブルであり、プレミアム焼酎ではないことから若い世代も手を出しやすく、売り上げを伸ばしているのでしょう。

リニューアルが人気の決め手

「さつま白波」は「黒白波」とともにリニューアルをしたことによって、薩摩焼酎としてこだわる部分はしっかりと残したまま、非常に飲みやすい芋焼酎になりました。

これまでの「さつま白波」は芋の香りが非常に強く、芋焼酎の定番といった独特のクセも特徴でした。

これは芋焼酎ファンにとって嬉しい部分ではありますが、焼酎初心者や独特のクセは苦手であるという方には嫌煙されていた部分でもあったのです。

しかし、リニューアルによって誰でも楽しめる心地よい芋の香り、口当たりの良さを造り上げました。

「さつま白波」を楽しむために

薩摩酒造の造る他の銘柄との飲み比べも楽しいでしょう。

味の違いを感じることが出来るため、一通り飲み比べた後はその日の気分に合わせて選んでみることもおすすめです。

しっかりと味わいたくなる芋の香りや旨味、あっさりとしていて食事にも合うことから、おつまみを選ぶ楽しさもありますね。

良い意味で薩摩焼酎らしさを残し、思い切ったリニューアルに成功したという点が「さつま白波」焼酎の特徴であるといえるでしょう。

プレゼントにも良いですが、自分用に購入してみるのもおすすめです。

味の感想なども一緒に伝えられると、喜んでもらえるかもしれませんね。