焼酎ランキング上位の焼酎は高級ではない

焼酎ランキングにランクインする焼酎の特徴として、「高級ではなくリーズナブル」という点が挙げられます。

高級ではないため、若い世代でも購入しやすく、人気ランキングに入るのです。

そんな焼酎ランキングで上位を占める焼酎をいくつか紹介します。

どれも飲みやすいため、購入の際には参考にしてみてくださいね。

まるでウイスキー「百年の孤独」

宮崎県にある黒木本店が造る麦焼酎です。

原材料にもこだわって造られています。

また、通常の焼酎の醸造方法とは異なり、蒸留後にウイスキー同様ホワイトオークの樽で3年から5年程熟成させて感性となります。

そのため、芳醇で独特な香ばしさが魅力です。

水割りで飲むと、熟成された風味を豊かに感じることが出来るでしょう。

穀物の香ばしさや、アルコールとともに感じる甘みが口に広がります。

黒木本店の焼酎は、どれも美味しいことで有名。他にも「㐂六(きろく)」など、焼酎ランキングにランクインする焼酎を多数販売しています。

スタンダード焼酎「黒霧島」

宮崎県にある霧島酒造が造る、知らない人はいないスタンダード焼酎。

一時入手困難ともいわれていましたが、高級志向ではなくコンビニエンスストアやスーパーも扱いがある焼酎です。

黒麹を使用しているため甘みが特徴であり、後味は軽快で飲みやすい点が特徴です。

芋焼酎特有の臭みは無く、焼酎初心者からの支持が厚い焼酎なのです。

そのため、焼酎ランキングでも上位に入っています。

霧島酒造は「白霧島」や「赤霧島」なども有名。

ランキングに入る人気焼酎を多数産みだしているのです。

三国志の名馬から取った「赤兎馬(せきとば)」

三国志に登場する名馬からその名をとった赤兎馬」鹿児島県にある濱田酒造が造る芋焼酎。

芋焼酎ならではのアルコールの感覚はあるものの、芋臭差が無い点が特徴です。

品の良い香りがあり、飲みやすいことが魅力でしょう。

紫芋で作られた「紫の赤兎馬」も人気です。

紫はフルーティー香りが際立ち、赤兎馬よりも飲みやすいでしょう。

生産量が赤兎馬よりも少ないため、焼酎ランキングにランクインする機会は少ないようです。

しかし、赤兎馬と合わせてチェックをしたい焼酎であるといえるでしょう。

長年愛され続ける「富乃宝山」

創業1845年の老舗酒造である西酒造が造る「富乃宝山」。

黄麹を使用した芋焼酎で、日本酒にも似た香りが特徴です。

それもそのはず、元々黄麹は日本酒に使用される麹なのです。

フルーティーな香り、滑らかかつキレのある飲み口が特徴。

2011年にはモンドセレクション金賞を受賞するほど、有名な焼酎です。

芋焼酎が多くランクインする

焼酎ランキングにランクインする焼酎の一部を紹介しましたが、焼酎といえば、やはり芋焼酎。

焼酎ランキングにランクインする焼酎も、必然的に芋焼酎が多くなるのです。

ランキングに入る焼酎の特徴は、飲みやすさと高級ではなくリーズナブルな価格であるという点、プレミア焼酎ではなく、入手しやすい焼酎であるという点です。

プレミア焼酎であるといわれる焼酎であっても、実はインターネットで入手可能である場合もあります。

是非チェックしてみてください。

誰でも気軽に飲める焼酎である事が、人気の理由なのかも知れませんね。