焼酎ハイボールとは?酎ハイ、サワーとの違いについて

ウイスキーを炭酸水で割ったハイボールの人気は高く、幅広い年代の方から支持を集めています。ハイボールがメニューに無いお店の方が少なく、ビールのように置いてあって当たり前のようになっています。焼酎を使ったハイボールも缶入り飲料としてコンビニや、スーパーなどで様々な果汁を使用した商品が販売されています。似たような飲み物では焼酎を炭酸水で割った酎ハイやサワーがあります。

ハイボールはどんなお酒?

ハイボールとはカクテルの名称です。ウイスキーを炭酸水で割ったものを指す場合が多いですが、日本ではスピリッツ、リキュールを炭酸水やトニックウォーターなどの炭酸飲料やフレッシュジュースなどノンアルコール飲料で割ったものを指すことが多くあります。また、外食店ではお店によって炭酸水を使用しないこともあります。

酎ハイと焼酎ハイボールは全く同じ

焼酎ハイボールの呼び方を略したのが、酎ハイになります。焼酎を炭酸水で割ったものを焼酎ハイボールと言いますが、焼酎以外のお酒を使ったものも酎ハイと呼ばれています。焼酎以外では、ジン、ラム、ウォッカなど缶飲料や、お酒を提供するお店によって使い方が違っているのです。

サワーのベースになるお酒もほぼ同じ

サワーのベースになるお酒も酎ハイと同じものを使用しています。法律上でも区分けするような決まりがありませんから、呼び方はメーカーやお店によって異なっています。缶入り飲料では、酎ハイと呼ぶことが多いですが、カルピスサワーのような例もあります。

焼酎ハイボールに使われる焼酎の種類

焼酎ハイボールのベースのお酒は、一般的に甲類焼酎を使用しています。甲類焼酎は特徴は無味無臭なので、本格焼酎のような香りやクセがなく、割る飲み物の味や香りを消すことがないので、割り材との相性がいいのです。本格焼酎をハイボールにすることはありませんが、香りが苦手な場合にはサイダーやジンジャーエールで割ると飲みやすくする方法があります。

焼酎ハイボールの割り材

焼酎と炭酸水に果汁を足して作ることが多く、戦前には梅やぶどうのシロップを加えて飲まれていたようです。果汁はレモン、グレープフルーツ、オレンジ、シークワーサーなどの柑橘類や、ぶどう、アセロラ、もも、りんご、マンゴーなどさまざまな果汁が使われています。ウーロン茶、緑茶、紅茶などお茶を使った焼酎ハイボールもありますが、炭酸水は加えません。作り方は簡単ですから、自宅でお店で飲むような本格的な焼酎ハイボールを再現することが出来ます。居酒屋などではシロップを加えることもあるようです。

焼酎ハイボールの歴史

焼酎ハイボールは、今や缶入り飲料が販売されるまでの人気になっていますが、1980年までは缶入り飲料は販売されておらず、居酒屋に行って飲むしかなかったのです。焼酎ハイボールは居酒屋チェーン店の定番メニューとして提供されていましたが、そのチェーン店が次第に全国で出店するようになり、徐々に地方に広まっていったのです。その後、焼酎ハイボールの缶入り飲料が販売されるようになって、若者や女性のファンも多くなって行き、現在に至ります。焼酎の歴史はだいぶ古いのですが、焼酎ハイボールの歴史は意外にも日が浅いのです。