焼酎ハイボールとは?チューハイと焼酎ハイボールの違い

焼酎ハイボールとチューハイは同じ

本来チューハイは「焼酎ハイボール」を略してチューハイと呼ばれているため、本当は焼酎ハイボールとチューハイは同じものです。しかし現在では必ずしも同じお酒を指しているわけではありません。今回は、チューハイと焼酎ハイボールの厳密な違いをご紹介いたします。

焼酎ハイボールとは

焼酎ハイボールとは、基本的に焼酎の炭酸割りになります。昔は焼酎そのものだけでは飲みづらく、爽やかに炭酸で割ることで誰でも美味しく焼酎を楽しめることから、焼酎ハイボールが爆発的に全国で飲まれるようになりました。

チューハイと焼酎ハイボールの違い

同じくチューハイも本来は焼酎ハイボールの略ですので、意味や割り方も同じであるはずです。しかし現在は、チューハイと言うと必ずしも焼酎がベースとなっていることはないのです。焼酎ではなく、ウォッカやジンをソーダで割ったお酒も「チューハイ」と呼ばれます。そしてもう一つ似たようなお酒の種類に「サワー」があります。

チューハイに似ているサワーとは

居酒屋でよく頼まれるサワーですが、これもチューハイと非常に似ているお酒です。サワーはウォッカやラムなどをベースに炭酸で割るお酒ですが、チューハイも同じように作られますので、チューハイとサワーの意味に大きな差は無いと思われます。

それぞれの見分け方

一応それぞれ「焼酎×炭酸水」や「ウォッカ×炭酸水」など広義がありますので、苦手な人は原材料を確認しましょう。缶などを購入し飲む場合は原材料名に「ウォッカ」や「ラム」などの記載がありますので、そこを参考にしてください。外食時に注文する場合は、直接店員さんに聞きましょう。

有名な商品で言うと、普通のウイスキーベースで作られたハイボールならば「ブラックニッカクリアハイボール」「トリスのハイボール」などがあります。焼酎を使った焼酎ハイボールは「タカラ焼酎」、ウォッカで作られたチューハイは今話題の「ストロングゼロ」や「氷結」などがよく飲まれています。市販のチューハイは焼酎ではなくウォッカがベースであることが多いです。

全てこれが絶対という決まりがあるわけではないので、あまり考えすぎることはないでしょうチューハイやサワーに使われているベースは甲類焼酎やウォッカのように独特な味の無いものばかりですので、味に関しても大きな違いはありません。

昔ながらの焼酎ハイボールが飲みたい時

居酒屋などでよく飲んだ昔ながらの焼酎ハイボールが飲みたいときには、宝酒造の「焼酎ハイボールドライ」がおすすめです。元祖焼酎ハイボールの味を目指しており、糖質やプリン体はもちろん甘味料もゼロである辛口のチューハイです。はっさく割りなどの期間限定感もあれば、北海道から沖縄までの地域限定缶もあり非常にレパートリーが豊富な焼酎ハイボールでもあります。

焼酎ハイボールは自分で作るのが確実!

実際に焼酎がベースとなっているチューハイは実は少ないため、焼酎で作ったハイボールが飲みたいのならば、自分で作った方が確実です。市販の甲類焼酎を用意して炭酸水で割るだけなので、誰でも自分好みの濃さと甘さで美味しく作れます。炭酸水も様々なフレーバーが手軽に手に入るため、飽きることなく飲めるでしょう。