焼酎を英語で言うと何になる?日本酒との違いの説明は?

日本ではとてもポピュラーなお酒の一種である焼酎ですが、英語ではなんと説明するのでしょうか。日本に訪れる海外の方も多くなり話題になる機会もこれから増えると思います。

今回は、焼酎を英語で伝えたり、日本酒との違いを英語でうたえるにはどのように表現するかをご紹介したいと思います。

焼酎は英語でなんていう?

焼酎はそのまま「sho-chu」で通じます。少し説明も付け加えるなら「Sho-chu is a traditional Japanese distilled spirit.」(焼酎は日本の伝統的な蒸留酒です。)でわかると思います。ここから細かく説明するなら、主に九州で造られていることや、原料は基本的に芋・麦・米が主流ですが、色々な原料から作ることができることなどを説明するともっと理解を深められると思います。例えば「Sho-chu is a Japanese distilled beverage. Although sho-chu is made at pretty much everywhere in Japan, Kyushu is a famous district for it. It can be made from from barley, sweet potatoes, rice, buckwheat and other ingredients. There are many ways to drink sho-chu.」(焼酎は日本の蒸留酒です。全国で造られていますが、最も盛んにつくられているのは九州です。麦や芋、米、黒糖など様々な原料から作られます。焼酎は色々な方法で飲むことができます。)と説明するとよりわかりやすい説明になると思います。そこに続く言葉として覚えておきたいのが飲み方を表す英語の表現です。

焼酎の飲み方を表す英語の表現

水割りやソーダ割りなど、「~割」という表現は「with~」というのが一番わかりやすいとおもいます。水割りなら「with water」ソーダ割りなら「with soda」のように表現します。お湯割りなら「with hot water」ですね。量も付け加えたい場合は「with a little bit of water」や「with a lot of water」と加えます。また、割らないでそのまま飲む場合は「straight」や「neat」という表現を使います。「with~」はとても便利でレモンを添える場合には「with lemon」などのように添えたいものを後ろに付け加えるだけで色々な表現ができます。それでは良くきかれる焼酎と日本酒の違いについての表現をご紹介したいと思います。

焼酎と日本酒の違いを英語で説明する方法

まず、焼酎は「sho-chu」、日本酒は「Sake」または「Japanese Rice Wine」といいます。焼酎と日本酒の違いは、製造方法の違い、原料の違い、飲み方のバリエーションの違いがあります。まず、製造方法ですが焼酎は蒸留して作られるのに対して日本酒はワインなどと同じ醸造酒です。こちらを英語で表現すると「What is the difference between Sho-chu and Sake?」(焼酎と日本酒にはどのような違いがありますか?)「The biggest difference is that Sho-chu is distilled and Sake is not distilled.」(最も大きな違いは焼酎は蒸留されていますが、日本酒は蒸留されていません。)と伝えると良いと思います。次に原料の違いですが、日本酒が米からしか作られないのに対して焼酎の原料は様々です。これを伝えるときには「Secondly, the ingredients are different.」(次に原料にによる違いがあります。)「Sake is always made of rice, but Sho-chu is made of different ingrediants, such as rice, wheat, sweet potato, and so on.」(日本酒は米から作られますが、焼酎は米や麦、さつまいもなど様々な原料から作られます。)と表現します。最後に飲み方のバリエーションですが、日本酒は温度の差はあれどそのまま飲むことが基本です。それに比べて焼酎は様々な飲み方ができます。それを伝えるには「Most people drink Sake straight, but when they drink Sho-chu, they like to put some ice in or add some water, hot water, soda,and so on.」(多くの日本人は日本酒をそのままストレートで飲みます、でも焼酎を飲むときは氷を入れたり、水を加えたり、お湯やソーダを加えます。)という表現を用います。このように焼酎と日本酒の違いを表現する際はまず、焼酎と日本酒の違いを考えて説明するようにすると伝わりやすいと思います。

色々な国から外国の方が来日され焼酎を飲まれる方も増えてきています。ぜひ記事を参考に焼酎の良さを伝えて頂ければと思います。