焼酎をロックで飲んだ時のカロリーはどれくらい?

焼酎の飲み方や割合は色々あり、それぞれ飲む人の好みで楽しめるお酒です。焼酎は健康的なお酒であることが知られていますが、アルコール度数は他のお酒よりも高めですから飲み過ぎには気を付けなければいけません。焼酎は適度な量を楽しむことで、体にも良い方向に作用することを頭の中に入れておきましょう。

焼酎はダイエット中に最適?

焼酎は蒸留酒ですから、糖分を含んだ原料から造っていても、蒸留することで糖分は取り除かれますから、糖質はゼロなのです。また、痛風の原因と言われるプリン体も含まれていないのいで、健康的なお酒です。

通常はダイエット中には禁酒するのが当たり前なのですが、最近流行りの糖質制限ダイエットではお酒を飲むことが許されています。これは焼酎に糖質が含まれていないからなのです。焼酎は糖質制限ダイエットの方には最適なお酒と言えますが、飲み過ぎは禁物です。

焼酎をロックで飲んだ時のカロリー

同じ焼酎でも、甲類焼酎と乙類焼酎ではカロリーが異なっています。甲類焼酎100gでは206kcal、乙類焼酎100gで146kcalとなっており、乙類焼酎の方がカロリーが低くなっています。このカロリーはストレート状態の時の数値ですから、ロックにすると一杯当たり約90kcalになります。ちなみにビールと比較すると、100ml当たりのカロリーは焼酎の方が高めになっています。しかし、ビールは飲む量が多いですから、結局は焼酎の方が低カロリーになります。

カロリーを抑える飲み方

低カロリーを意識するのでしたら、甲類焼酎よりも乙類焼酎を飲んだ方が良いでしょう。

上記のように、乙類焼酎の方が低カロリーです。これでもカロリーが高いと思うのでしたら、ロックよりも水割りやお湯割りにします。そして、焼酎の量を減らすとカロリーが低くなります。

焼酎の割合を少なくしても、何度もおかわりをすると飲む量が増えて、結局摂取カロリーが多くなるので注意しましょう。

焼酎が原因で太ることは無い

焼酎のカロリーはエンプティカロリーと言われており、飲んでも体に蓄積されることはありません。代謝に利用されて消費されてしまうので、焼酎が肥満の原因になる事はないのです。お酒を飲んで太る原因は、一緒に食べるおつまみなどにあります。焼酎そのもののカロリーが低くても、アルコールにより食欲が増進されますから、食べる量が増えてしまいます。その食べ物のカロリーが高いと体内に蓄積されて肥満へとつながるのです。

体重や健康をきにするのでしたら、低カロリー、低脂質の食べ物をおつまみにして、ヘルシーな食事を心がけるようにしましょう。

焼酎の健康効果

焼酎は血栓病を防ぐ効果が広く知られています。エコノミークラス症候群や、動脈硬化の病気は血管に血栓と言われる塊が詰まってしまうことで起きるのですが、焼酎には血管内の老廃物を除去する成分が含まれています。飲むだけでなく、香りを嗅ぐことでも病気を防げます。

焼酎の香りにはリラックス効果がありますから、一日の仕事の疲れを癒すには焼酎は最適な飲み物です。アルコールが高く、飲み過ぎは体に良くないので、週に2日ほどは休肝日を設けて、適度に楽しむことが、健康を維持する秘訣になります。