焼酎は糖質ゼロだけど、糖尿病の人が飲んでも良いの?

糖質ゼロの焼酎は健康的?

焼酎は糖質やプリン体がゼロであるため、他のお酒と比べると健康的であると言われています。今回は、糖質がゼロならば糖尿病の人が飲んでも問題ないのかについてをご紹介いたします。

アルコールは血糖値が上がりやすい

そもそも飲酒が原因で糖尿病になるかどうかの問題ですが、焼酎以外のビールや日本酒などは糖質が含まれていますので、毎日飲みすぎることで糖尿病のリスクは上がると考えられます。焼酎の中でも、チューハイなど別の素材と混ぜて作るものには糖質が含まれている可能性もありますので気を付けましょう。

ですが、糖質ゼロだからと言って油断してウォッカや焼酎を飲みすぎて良いわけではありません。焼酎もアルコールの1種ですから、アルコールが及ぼす作用で血糖値が揺らいでしまうとも言われています。健康が気になる方は、休肝日を2日以上設けながら飲みすぎないように注意してください。

それでも焼酎はリスクが低い

糖尿病患者が唯一許されたお酒が焼酎だったという話も聞くと思いますが、糖質ゼロの焼酎は他のお酒と比べて糖尿病の方でも適度に楽しめるお酒なのです。もし飲むのならばブランデーや焼酎、糖質ゼロのチューハイを楽しみましょう。

糖尿予防したいのならばおつまみにも気を付ける

糖尿病の方や糖尿予防時に焼酎を飲むならば、おつまみについても気を付けましょう。焼酎の糖質ゼロを無駄にしないように、おつまみも糖質が低めのものを選びましょう。一夜干しや刺身など、魚系は低糖質であるため糖尿予防中やダイエット中でもたくさん楽しめます。ナッツ類が好きならアーモンド、濃い味が好きならばチーズを選びましょう。揚げ物系やカロリーの高いドレッシングのかかったサラダなどは、食べ過ぎないように楽しむ範囲ならば問題ありませんが、カロリーに気を付けてください。

よく飲酒時に食べられるものとしてピザやフライドポテト、ラーメンなどがありますが、あれらはカロリーだけでなく糖質も非常に高いので、誘惑に負けずに我慢することも大切です。例え付き合いでも、自分の体のために必ず断るようにしましょう。

毎日体重計乗ることを忘れずに

制限中にお酒を飲むならば、例え糖質がゼロの焼酎しか飲んでいなくても毎日体重計に乗りましょう。焼酎は血糖値が上がりにくいですが、アルコール度数が高いためカロリーは高いお酒です。お茶割りや炭酸割で飲むならば体重は大きく変化しませんが、ストレートやロックでたっぷり飲むとなるとその分体重や健康にも影響が出てきます。毎日決まった時間に体重計に乗り、数値の変化を見てください。

糖尿予防のお酒である焼酎

糖尿病患者の方は、診察時に「食べて良いもの・悪いもの」についての話があると思います。もしくは冊子が渡されるでしょう。その時に、焼酎は飲んで良いのかしっかり医師に聞いてください。個人の状態により、飲酒についての限度も大きく変わるはずですので、専門家に聞くのが一番です。

毎日少量、休肝日が2日以上と厳しい条件を言われるかもしれませんが、医者の指示を守らなければ苦しくなるのは自分や家族です。話をちゃんと聞いて、自分がどれくらい飲んで良いのか、どんなお酒ならば飲んで良いのかを明確にしておきましょう。