焼酎の飲み方には何種類がある?

焼酎の飲み方は、人によって様々。

また、サワーなどを含めるとその飲み方の種類は無限にあります。

そのため、数えることは不可能であるといっても良いでしょう。

飲み方に決まりはなく、最も美味しいと感じる方法で飲むことが重要です。

いくつかの種類を紹介します。

焼酎を飲む際には、是非試してみてください。

まずはロックで

焼酎本来の甘味や香り、旨味などといった味を楽しむことが出来る飲み方はロックです。

麦焼酎であれば香ばしさ、芋焼酎であれば甘さなどが引き立つ飲み方。

飲み始めは冷たいストレートのような刺激と味、徐々に氷が溶けて水割りとなり、ほのかな香りを楽しみながら飲むことが出来ます。

そのため、レモンや梅干といった果物を乗せて楽しむ方法もおすすめです。

美味しいロック焼酎の作り方

まずは、ロックグラスも冷蔵庫や冷凍庫に入れて冷やしておきましょう。大きいサイズのグラスがおすすめです。

氷も大きめのものを使用し、氷に優しく当てるように焼酎を入れます。

程よく氷が溶けるため、すぐに美味しい焼酎を味わう事が出来るでしょう。

ロックで楽しむ焼酎は、しそ焼酎の「鍛高譚(たんたかたん)」や、麦焼酎の「すごむぎぎ」などがおすすめです。

冷やすことで、しそや爽やかな香りや麦の香ばしさが引き立ちます。

調整できる水割りもおすすめ

焼酎のアルコールを和らげ、優しい飲み口で楽しむことが出来る飲み方。

グラスに氷を入れ、焼酎を注ぎます。次に好みの量になるよう水注ぎましょう。

水割りの場合でも、ロック同様にグラスを冷やしておきます。

水を入れる割合によって、焼酎の味が変化をする点が魅力の飲み方です。

レモンやライムを絞ると、水の割合が少なめであってもさっぱりと飲むことが出来るでしょう。

水割りに利用したい焼酎は、「博多の華 むぎ」「米蔵(こめぞう)」「麦盛り(むぎざかり)」などがおすすめです。

本格焼酎はロックも良いですが、水割りにする事で香りが引き立つでしょう。

立ち上る香りも楽しめるお湯割り

湯気に乗って、焼酎の素材の香りも立ち上ることが魅力の飲み方です。

湯気に乗った香りは華やか、芋焼酎は優しい甘さが引き立ち、麦焼酎であれば香ばしさが増すでしょう。

香りは高いものの、飲み口はあっさりとしたものに変化をする点が魅力です。

潰した梅干を入れて、味に変化を与えてみても良いでしょう。

お湯と焼酎は、注ぐ順番にも大切。耐熱グラスなどに、適温のお湯を入れます。

次に焼酎を注ぎ、飲みやすい温度へ調整をするのです。

お湯割りで楽しむのであれば、「黒海渡(くろかいと)」「博多の華 芋」などがおすすめ。

寒い季節にはおすすめの飲み方です。

他にも沢山の種類がある

ロックやお湯割りなど、定番の飲み方を紹介してきました。

他にも、グラスに氷を入れ、焼酎を注いだ後に冷やしたソーダを入れるソーダ割りなどもあります。

ソーダはレモンの風味が付いている商品も販売されているため、好みに合わせて選んでみてくださいね。

梅干しやレモンなどを加える場合もありますが、基本的にはどれも焼酎本来の味わいを大切にした飲み方。

風味を消さないように注意が必要です。

本格焼酎は、焼酎本来の味が楽しめる方法で飲んでみてくださいね。