グラスで焼酎を変える!焼酎がもっと美味しくなる飲み方

焼酎を飲む際使うグラス

普段晩酌に焼酎を飲む方は多いですが、焼酎を入れる「グラス」にこだわっている人は少ないかもしれません。焼酎の種類や銘柄は譲れない点があると言う方が多いですが、グラスはコレでないと嫌だというこだわりを持つ人は決して多くありません。しかし焼酎も、決まったグラス一つでもっと楽しいお酒を楽しむことが出来るのです。今回は、焼酎の飲み方別に敵したいグラスについてご紹介いたします。

焼酎をお湯割りで楽しむときのグラス

いつもお湯割りで焼酎を飲む方は、陶器製のものをおすすめします。ガラス製だと熱が伝わり持ちづらく、なかなか思うように飲めずにすぐ冷めてしまいます。グラスでお湯割りを飲む際は、ステンレスの取っ手が付いたグラスが良いでしょう。

陶器のコップはお湯割りに最も適しており、自宅での晩酌にも雰囲気が出て、気分も良く飲めるはずです。家でお湯割りを飲むときは、飲めれば何でもよいではなく、気分を高める要素を加えていくとさらに楽しく飲めるでしょう。

ロックで飲むときのグラス

手間もかからず簡単に飲めるロックは、グラスに入れると水滴が付き、コースターが無いとテーブルが濡れてしまいます。テーブルだけでなく、グラスを持つ手も濡れてしまうため、出来れば水滴が出ないグラスを使いたいところです。

そんな時は「ダブルウォール」のグラスをおすすめします。ダブルウォールのグラスはガラスが二重になっており、水滴が表面につきません。見た目がお洒落なだけでなく、機能性まで高いダブルウォールのグラスは、保温や保冷性にも長けています。焼酎をロックで飲まなくても、氷を入れた冷たい飲み物をよく飲む方は1つ持っていても良いかもしれません。

どんな飲み方にも合うグラス

決まった飲み方は無いけれど良いグラスを探している方は、ステンレス製をおすすめします。見た目は無機質であるかもしれませんが、温度調節機能は一番優れており水滴も出ず、小さなストレスが溜まることもありません。ステンレス製のグラスといえば、タンブラーが一番身近に感じられると思います。

最近はステンレス製でも高級感あふれるデザインが多く非常にお洒落で、良い意味で宅飲みに適していないグラスもありますので、ぜひ探してみてください。焼酎を飲むためだけに作られたステンレスグラスも販売されています。

手にフィットするグラスを探す

材質にこだわらず、ガラス製でも良いグラスは沢山あります。現在はネット通販で様々なグラスが販売されていますが、一番良い探し方は実際に手に持って自分の手に馴染むグラスを見つけることです。中には、ろくろを使わずわざと捻った手法でグラスを作り、人の手に馴染むことを一番の目的として作られたグラスもあります。

焼酎用のグラスもピンからキリまでの価格帯ですので、まずは1つ普段使いのグラスを探してみてください。相場は1つ1,000~2,000円程度のグラスを選ぶと良いでしょう。あまりのめり込んで探し過ぎると、奥が深い世界であるためいつまで経っても見つからないか、高級な物が欲しくなってしまうかもしれません。最初はネット通販で見たものでも「コレだ」と思ったものを注文し、使いましょう。