焼酎の飲み方おすすめ5選

焼酎には様々な種類がありますが、それぞれの焼酎の味や香りによって飲み方を変化させてみることもおすすめです。

ストレートやロックで飲む機会が多い方は、是非参考にしてくださいね。
 

トゥワイスアップ

ウイスキーを飲む方であれば定番のトゥワイスアップです。

焼酎と水を1:1で割る飲み方です。

氷は入れないため、お酒が薄くならずに最後まで楽しむことが出来ます。

冷えた水で飲むことでアルコールの鼻に付く香りだけを和らげてくれるため、飲みやすくなるでしょう。

さらに、焼酎本来の香りを引き出してくれます。

割る水は美味しい水を使用してくださいね。

パーシャルショット

アルコールの高い焼酎を冷凍庫にいれ、氷点下で冷やした状態で飲むという飲み方です。

冷やした状態であることに加えて、アルコール度数も高いことによって少し濁り、とろっとした感触になります。

舌触りが良く、さらに身体を抜けるような冷たさも味わえる楽しい飲み方です。

焼酎独特の風味は多少感じにくくなり、シャープでドライな飲み口に変化します。

とろっとした舌触りの中にもキレやアルコールを感じ、甘さの余韻は少なくなります。

お茶で割る飲み方

近年人気となっている飲み方が、焼酎の緑茶割りです。

特に和食料理屋さんで人気となっています。

冷えている緑茶であっても、暖かい緑茶であっても美味しくいただける点は魅力です。

緑茶の苦味と焼酎の香りが、料理の旨味を向上させる効果も期待出来ます。

ウーロン茶割りやそば茶割りといった飲み方もお勧めです。

ウーロン茶割りは脂ものなど、一緒の食べる料理との相性を考えて楽しんでみてくださいね。

お酒が苦手という方は、焼酎をメインにせずお茶をメインにして見ても良いでしょう。

お茶に焼酎を少し垂らし、味わうという飲み方もおすすめです。

サワーやチューハイで

お茶なども含めて、自分が好きな飲み物と割って飲むという方法はカクテルとも呼べる飲み方です。

チューハイ、サワーとして飲まれることも一般的であり、焼酎は自分の好みのお酒を作る事が出来る点が魅力です。

焼酎の生まれた場所の名産品などでカクテルを作ってみることも良いでしょう。

ジュースや果物などと混ぜて楽しんでみてください。

ジュースを多めにすることで、お酒が苦手な方でも楽しめるでしょう。

アルコールの香りが薄くなる事で飲みやすくなるため、飲みすぎに注意が必要です。

すっきりと炭酸割りで

炭酸で焼酎を割ることで、爽快感を全面に押し出した飲み方です。

そこに果物や野菜を浮かべるようにして飾り付けることで見た目も華やかなサワーになります。

焼酎の香りを楽しみたい、濃厚なプレミアム焼酎なども炭酸で割ることがおすすめです。

甘味が引き立ち、一味違う香りを楽しめる事でしょう。

炭酸の割合は1:1がおすすめです。

薄すぎず、濃すぎずに焼酎を味わう事が出来ます。

焼酎が苦手な方にもおすすめ

様々な飲み方ある焼酎ですが、おすすめの飲み方の一部を紹介しました。

焼酎の量を自分で調整できるため、焼酎が苦手な方や初心者の方でも飲みやすいでしょう。

カクテルは女性に方におすすめ。写真映えもするため、SNSでも人気になるかも知れませんね。

焼酎を混ぜる際には適量を守り、美味しく楽しく飲んでください。