焼酎の飲み方おすすめのストレートで美味しく飲むコツ

本格焼酎や高級な焼酎など質の良い焼酎は、ストレートで飲むことが良いとされています。

しかし、ストレートで飲むことが苦手であるという方も多いはずです。

特にアルコールの感覚が強い焼酎は、ストレートで飲むことを控えたいという場面もあります。

ストレートで楽しむためのコツを押さえて置くことで、付き合いで飲まなければならない場面でも困らないはず。

焼酎をストレートでも美味しく飲むためのコツを紹介します。

水も同時に飲む

焼酎をストレートで飲む場合、同時に水を飲むというのもコツの1つです。

ただし、口の中に同時に含むということではありません。

まずはストレートの焼酎を飲み、その後で水を含んで口の中の焼酎を流す様に飲むのです。

焼酎独特の香りが口の中に残ることを予防し、さっぱりとした後味になるでしょう。

口の中がリセットされるため、独特の香りによって気分が悪くなることも予防出来ます。

酔うことを予防するためにも、水を同時に飲むことは重要です。

水も同時に飲んでいると、基本的には水の摂取量の方が多くなるものです。

血液中に吸収される量が減るため、酔いにくくなり次の日にも残りにくくなります。

二日酔いにならず、楽しいお酒を飲むことが出来る方法なのです。

ゆっくり時間をかけて飲む

焼酎をストレートで飲む場合には、飲むペースも大切です。

ゆっくりと時間をかけて飲むことで体内への負担も軽減され、酔いにくくなります。

また、ゆっくりと飲んだ方が飲みやすく、気分が悪くなるということも予防できるはずです。

これはストレートではなくお湯割りなどでも応用できます。

味わって飲むことで飲みやすく、焼酎本来の旨味を感じることも出来るのです。

味の濃いおつまみと一緒に飲む

おすすめの飲み方であるストレートで飲むのであれば、おつまみは味の濃いものが適しているでしょう。

焼酎はストレートで飲む場合であっても、焼酎の甘みを感じるものです。

甘いお酒には、塩辛いおつまみが最適です。

焼酎の独特のクセも消すという役割を果たします。

濃い味の豚の角煮や、塩辛などがおすすめです。

ストレートで飲むことが苦手であるという方は、おつまみを工夫してみるのも良いでしょう。

飲みすぎを予防したい時にも、お腹を膨らませるためにおつまみを沢山食べるという方法は有効です。

単純な工夫ですが、意識をしてみると格段に飲みやすくなるでしょう。

焼酎の香りが苦手な方は多い

どうしてもストレートで飲まなければならない場合や、焼酎初心者の方がこれから焼酎を味わえるようになりたいといった場合に有効な方法を紹介してきました。

焼酎独特のアルコールの香りが苦手であるという方は非常に多いものです。

ストレートで飲む場合、その香りをダイレクトに感じることになります。

そのため、工夫をして飲むことが大切です。

水や、おつまみなど同時に摂取するものを工夫しましょう。

お湯やジュースなど、同時に摂取するものを自分好みにアレンジしてみることもおすすめです。

おつまみは塩分を取りすぎないように調整をしてください。

単純に工夫するだけではなく、焼酎の味わいも楽しまなければ損ですよね。

無理に飲むような事はせず、楽しく飲むことを一番に考えて工夫をしてみてください。