焼酎の賞味期限や開封後の保存方法

お酒に賞味期限は存在しないともいわれています。

しかし、開封してしまったお酒の賞味期限はどうなのでしょうか。

お酒の中でも一度に飲みきるケースの少ない、焼酎の賞味期限や保存方法について紹介します。

焼酎に賞味期限の記載は無い?

一般的に、焼酎に賞味期限の記載はありません。

そもそも「賞味期限」とは、食品として体内に入れることの関する安全性、風味や味が変化をせずに美味しい状態で栗にする事が出来る期間を指します。

お酒の中でも焼酎は、アルコール濃度が高いお酒です。

そのため、長期間保存をしていても風味が損なわれにくく、味も変化しないと考えられているのです。

さらに、焼酎は蒸留酒と呼ばれる種類のお酒であるため、糖分が含まれないお酒でもあります。

蒸留酒は、造られる過程で不純物が排除されて行くため、細菌が繁殖する元となる栄養素も無いのです。

開封前は何年まで飲むことが出来るのか

賞味期限が存在しないのであれば、10年、20年経過した焼酎であっても飲むことが出来るのではと考える方も多いのではないでしょうか。

開封前の状態であり、焼酎が日の当たらない場所に保管してある状態であれば、飲むことが出来るでしょう。

焼酎をはじめとして、ワインや日本酒といった醸造酒には、あえて数年置くことで旨味が倍増するという事もあります。

しかし、開封していない状態であったとしても、焼酎本来の風味が落ちる可能性はあるのです。

焼酎本来の風味を楽しむのであれば、瓶で平均2年、紙パックやペットボトルのもので1年程を目安に飲みきるようにしましょう。

開封後の保存方法や保存期間

開封後の焼酎が、どの程度の間、風味を維持できるのかは保存方法によって異なります。

焼酎を直射日光があたる場所に置いておく事は厳禁です。

お酒の瓶は黒といった濃い色のものが多い印象があるはずです。

この色は、日光によるお酒の劣化を防ぐ効果が期待出来るための色なのです。

この様に、焼酎を含めてお酒は日光に弱いため、室内の暗い場所に保管することがおすすめでしょう。

さらに、焼酎は温度変化によっても質が変化をします。

冷蔵庫などの家電製品の近くに置くことは避けた方が良いでしょう。

また、温度が低い冷蔵庫や室外に置くことも避けます。

風味を損なわずに保管するためには、室内の収納棚などに保管することがおすすめなのです。

品質チェック方法で味を確認

開封済みの焼酎を長期間保管していた場合、飲むことが出来るかどうか不安になるという方も多いのではないでしょうか。

飲んで確かめる前に、見た目と焼酎のにおいをチェックしましょう。

まずは見た目。瓶に入った焼酎であれば、瓶を光に当てて見ます。

この時、沈殿物が確認出来た場合は品質の劣化が懸念される状態です。

この沈殿物は焼酎の成分であるため、飲んだ場合であっても問題はありません。

しかし、購入時よりも旨味や風味は劣ってしまうでしょう。

次に、においです。言葉で表現することは難しい、‘嫌なにおい’を発する場合があります。

瓶やパックに口を付ける方は居ないはずですが、何らかの形で雑菌が入ってしまい、繁殖した場合に起こります。

基本的に、焼酎に賞味期限はありません。

保管場所として、適度に涼しく暗い場所を用意するだけで長期間保存をしても美味しく飲むことが出来るでしょう。