焼酎の種類を詳しく解説!乙類と甲類の違いをチェックしよう

乙類と甲類の違いを知る

焼酎には大きく分けて乙類・甲類の2種類があります。乙類はアルコール度数が45%以下のもの、そして甲類はアルコール度数36%未満のものと酒税法にて規定されています。2種類の焼酎の特徴を見ていきましょう。

甲類焼酎について

甲類焼酎は無色透明が特徴であり、全くクセがないためそのままの味を楽しむには適していません。お茶割りやソーダ割りなどチューハイとしてよく飲まれます。チューハイの中ではレモンやゆずなど柑橘系の人気が高いです。商品で言うと鏡月やビダンなどが甲類焼酎になります。

乙類焼酎について

乙類焼酎は「本格焼酎」とも言われ、芋焼酎・麦焼酎・米焼酎など、素材の特徴が味や風味に出ている焼酎です。これらはお茶やジュースなどで割らずに、水割りお湯割りやロックでいただき風味を楽しむ焼酎と言われています。乙類焼酎で人気のある原料についてもご紹介いたします。

一番人気の芋焼酎

芋焼酎はサツマイモを使用した焼酎であるため、芋特有の甘みがほのかに香ります。銘柄によって芋の種類も変わるため、種類によっては同じ芋焼酎でも全く違う味わいになりますので、飲み比べてみると面白いでしょう。芋焼酎は水やお湯で割っても味は薄くなりにくいので、ロックでなくとも美味しくいただけます。少し度数が強い芋焼酎にチャレンジするならば、ストレートでなくまずは水割りで味見しても良いでしょう。

シンプルに作られた米焼酎

その名の通り米と水のみで作られた焼酎であるため、シンプルな味わいなのに飽きがこない種類の焼酎です。フルーティーな風味がしてよく日本酒と似ていると言われています。ですが、日本酒と比べるアルコール度数は少々高いので、同じペースで飲みすぎないよう注意しましょう。

味に特徴のある麦焼酎

麦焼酎は芋や米と違って、香ばしさが特徴的な焼酎です。麦は様々なアルコールで使われる原料ですが、麦焼酎は麦にかき消されているからか焼酎独特の香りが少なく、お酒初心者でも比較的飲みやすい焼酎の一つです。もちろん銘柄によっては、香ばしさを前面に出した銘柄や、麦の強さを抑えたやさしめの麦焼酎もありますので、販売員やレビューの意見を参考にしながら選んでください。

黒糖焼酎は産地限定だった!

今では全国どこでも手軽に入手できるようになった黒糖焼酎ですが、実は鹿児島県の奄美王島でしか作られていない、産地限定の焼酎なのです。黒糖のコクがあり他の焼酎とはひと味違いますが、あまり濃すぎずこちらもさっぱりと飲めてしまう焼酎です。現地では黒糖焼酎を飲みながら黒糖をつまむ飲み方をされています。いつもの焼酎に飽きたら、現地の飲み方で是非チャレンジしてみてください。

豊富な種類からお気に入りを探す

焼酎は今回紹介した種類以外にも様々なものがあります。根強いファンが多い「泡盛」も焼酎の一種であり、これから新たな材料を使った焼酎も出現するかもしれません。今は、今ある焼酎を目一杯楽しみましょう。参考までに現在は、アロエや栗から作った焼酎もありますので、お酒が苦手な女性でも美味しく飲める焼酎は山ほどあります。どれもあまり知られていないため、一口飲んでおけば酒の席の話題にも困りません。