焼酎の保存方法。自宅での管理の仕方や賞味期限について

入手困難な焼酎や珍しい焼酎は飲まずに飾っていることが多くあります。焼酎の本場・鹿児島県では友人知人の家を訪ねると、所狭しと床の間に並べている家庭もあります。ワインにはワインセラーがありますが、焼酎は自宅でどのように保管すると良いのでしょうか。

焼酎の賞味期限について

焼酎が入った瓶や紙パックを見ると、日付らしきものが刻印されています。この日付は賞味期限ではなく、詰めた日付になるのです。焼酎はアルコール度数が高く、雑菌が発生して腐ることがないので賞味期限はありません。賞味期限はありませんが、一度開封したら早めに飲まなければ品質が劣化してしまい、本来の味を楽しめなくなります。いつまでに飲めば良いとも書いてありませんが、香りが無くなりますから出来るだけ早く飲み切りましょう。

未開封の焼酎は置き場所によって劣化することも

賞味期限がない焼酎でも、置き場所が悪いと劣化するので注意が必要です。

焼酎のラベルにも記載されていますが、直射日光の当たる場所、高温多湿は避けなければいけません。焼酎の瓶が透明ではなく、濃い茶色になっているのは、焼酎を紫外線から守る為なのです。

劣化した焼酎は飲めない可能性もある

焼酎が劣化していないか確認する方法は2つで、1つ目は焼酎が入った瓶を光に当てる方法です。瓶の底に白く濁った沈殿物があると、劣化している可能性があります。この沈殿物は「おり」と呼ばれる焼酎の成分で、この焼酎を飲んでも問題ありませんが、風味が悪くなっています。

2つ目は開封して臭いを確認する方法です。焼酎が劣化すると、酸化した油の臭いがします。独特な嫌な臭いがするので、すぐにわかります。この臭いがする焼酎は飲むのを避けた方が良いでしょう。

自宅での焼酎の保管方法

焼酎を劣化させてしまわないようにするには、自宅での管理をしっかりしなければいけません。特に気を付けなければならないのは、直射日光による光や熱、大きな温度の変化です。また、瓶は寝かせた状態にすると空気に触れる面積が広がりますから、必ず立てた状態で保管します。

未開封の焼酎は1年を通して温度が安定していて、光の当たらない場所が最適です。

自宅で適している場所は、押し入れや床下の収納になります。箱に入れた状態ですと、光を浴びることなく保管出来ます。

自宅での保管に適さない場所

焼酎の保管に適さない場所は、直射日光が当たる、湿度が高い、温度の変化が大きい場所です。開封した焼酎を冷蔵庫に入れて保管する方がいるようですが、これは誤った方法です。冷蔵庫は扉の開け閉めで温度の変化が激しく、逆に品質を悪くしてしまいます。

飾っておくにしても、場所選びは重要になります。

買った当時の味はいつまで保てる?

賞味期限がない焼酎ですが、いつまでも同じ品質を保てる訳ではありません。最適な保管場所で管理していれば5年10年と問題ありません。

しかし、買った時の味を楽しむには2年が限界といったところです。特になかなか手に入らないプレミアム焼酎はいつまでも自宅に飾っておきたいところですが、劣化したり風味を損ねる可能性も十分にあります。

本来の味を楽しむのでしたら、早めに飲むべきでしょう。