焼酎のカロリーやダイエット中の飲み方

ダイエット中の方は、お酒や食事など様々なカロリーが気になるものです。

特にお酒が好きな方は、お酒の量を減らしたり禁酒をする方も多いのではないでしょうか。

ダイエット中でもお酒を飲みたいという方は、焼酎がおすすめです。

しかし、ダイエット中の飲み方では注意をしたいポイントもあるのです。

カロリーを取りすぎないための注意点や、ダイエット中におすすめの焼酎も紹介します。

焼酎のカロリーと糖質は?

焼酎は蒸留酒であり、蒸留する過程で糖質が排除されるため糖質が含まれないお酒なのです。

100mlあたりのカロリーは、乙類焼酎が約140kcal、甲類焼酎が約200kcalです。

他のお酒と比較をするとカロリーこそ際立って低くはないものの、糖質が含まれないという点は嬉しいポイントですね。

糖質ゼロという点から、焼酎はダイエットに向いているお酒であるといわれているのです。

ダイエット中の注意点

乙類焼酎は、ロックやストレートで飲む方も多い人気の焼酎です。

他のお酒と比較をするとアルコール度数は高くカロリーは低いため、割って飲むことでカロリーを抑えることに繋がります。

しかし、割って飲む際には、ジュースなどで割らないように注意が必要です。

糖質が含まれている飲み物を使用してしまうと、カロリーも糖質も摂取する事になります。

ビールや日本酒などよりも高い糖質を摂取してしまう可能性も高いため、十分に注意が必要です。

水や炭酸水、お湯やお茶割りなどで飲むようにしましょう。

ダイエット中におすすめの焼酎

水や炭酸水など、カロリーや糖質を含まない飲み物で割って飲む場合、最適な焼酎は麦焼酎です。

特にお茶で割る場合には、麦焼酎が最適でしょう。

麦焼酎の香ばしい香りと、緑茶やウーロン茶の香ばしさがマッチします。

非常に飲みやすく、満足感もあるでしょう。

夏場は麦茶で割る事もおすすめです。

ミネラルも摂取する事ができ、麦茶は身体を冷やしてくれる効果も期待出来ます。

また、味の濃い芋焼酎もおすすめです。濃厚な芋の香りは、お湯割りにしてもおすすめです。

湯気から香りを感じることが出来るため、麦焼酎のお茶割り同様の満足感があるでしょう。

これらをふまえると、甲類焼酎ではなく本格焼酎である乙類焼酎が良いことが分かります。

甲類焼酎はアルコールの成分が強いため、味のしっかりとしたジュースなどで割る事が一般的であるためです。

割る飲み物のカロリーを抑えるためには、焼酎自体の味がしっかりとしているものを選びましょう。

飲む時間にも注意

カロリーのある焼酎は、当然のことながら遅い時間に飲むことは好ましくありません。

割る飲み物やおつまみのカロリーに気をつけていても、しっかりと消化も出来ず健康にも良くないのです。

内臓脂肪として蓄積される可能性が高いため、深い時間に飲む事は控えましょう。

焼酎は糖質が含まれておらず、割って飲むことでカロリーも抑えることが可能です。

しかし、ジュースで割ったり、飲む量が増えてしまえば、摂取するカロリーも増加します。

ダイエット中に書中を飲む際には、飲み方にも工夫をしましょう。

薄く割ったからといって、飲みすぎてしまえば健康を害します。

飲みすぎに注意しながら、割り方をアレンジして楽しんでみてくださいね。