焼酎のカロリーは水割りで変わるのか

健康のため、ダイエットのためにカロリーを押さえたいという方も多いのではないでしょうか。

ダイエットやカロリー制限には重要なお酒のカロリーは気になりますね。

しかし、お酒の中でも糖質の低い焼酎は、糖質制限をしているダイエット中であっても飲みやすいお酒です。

そんな焼酎を、美味しくカロリーを抑えて飲む方法を紹介します。

焼酎が身体に良いって本当?

独特な香りを持つ焼酎は、好き嫌いの好みが分かれるお酒でもあります。

原材料も豊富であり、それぞれの原材料によっても好みが分かれるものでもありますね。

焼酎は、種類の豊富さだけではなく、カロリー制限中の体に嬉しい特徴もあるのです。

そのうちの1つは、糖質が低いという事でしょう。

焼酎は蒸留の段階で糖分が無くなってしまうため、糖分は含まれないお酒です。

そのため、ビールを代表とする糖質の高いお酒と比較をすると、焼酎は糖質が非常に低くなります。

また、プリン体の量も非常に少なく、生活習慣病にかかりにくいお酒でもあります。

痛風に悩む方が、ビールから焼酎に移行するという話は有名ですね。

焼酎は血糖値が上がりにくいという特徴もあり、年齢を重ねた方ほど積極的に飲みたくなるお酒である事が分かります。

焼酎のカロリーとは

焼酎には、大きく分けて甲類焼酎と乙類焼酎の2種類が存在しています。

一般的な小中では乙類焼酎が100gで約140kcal、甲類焼酎が100gで約200kcalです。

乙類は、「本格焼酎」といわれるもの、甲類は、チューハイなど割って飲む焼酎であるため、アルコール純度が高くカロリーも少々高めになります。

リキュールなどで割るカクテルと比較すると低いものですが、沢山の量を飲んでしまうと摂取カロリーは高くなるため注意が必要です。

焼酎は水割りがおすすめ

カロリーを抑えるのであれば、水割りがおすすめです。

ロックで飲んだ場合、一杯のカロリーは約70 kcalなのです。

満腹にもなりにくく、カロリー摂取量は大きくなります。

水割りでは味気ないという方は、烏龍茶や炭酸水で割ると良いでしょう。

もしくは、フルーツなどを加えて飲んでみるのもおすすめです。

焼酎に含まれているカロリーは体に蓄積されない種類のカロリーなのです。

これは、身体の中で消費される優先順位が上位のカロリーであるためです。

加えて糖質も含まない焼酎は、糖質制限は勿論、ダイエットにも向いているお酒であるといえるでしょう。

太る理由は焼酎ではない

焼酎に限らず、お酒は太るという印象が強いものです。

しかし、焼酎のカロリーについては、肥満に繋がるほどのカロリーではありません。

さらに、糖質もほとんど含まれていないのです。

それでは、焼酎を飲んでいるだけで何故太ってしまうのでしょうか。

原因は「おつまみ」です。

焼酎で摂取するカロリーを抑えたとしても、カロリーの高いおつまみを摂取してしまえばカロリーオーバーによって肥満や生活習慣病に繋がるでしょう。

また、糖質が含まれていないからといって飲み過ぎてしまうのは厳禁です。

ダイエット効果はあるかも知れませんが、健康被害なども懸念されます。

水割りやお湯割り、烏龍茶で割るなど、アルコール以外の水分と一緒に摂取をする事で体内に悪影響を及ぼす可能性も比較的低いものとなります。

焼酎を美味しく飲むためには、飲み方の工夫や一緒に食べるおつまみにも気を使いましょう。