焼酎のカロリーはダイエット向き?ダイエット中に飲める焼酎

焼酎はダイエット向けのお酒

焼酎は糖質ゼロ・プリン体ゼロの数少ないお酒ですから、比較的健康的でありダイエット向けのお酒だと言われています。しかしカロリー自体は決して少なくはありません。お酒のカロリーはアルコール度数に比例するため、度が強いお酒がカロリーも高いことになります。焼酎だと、甲類は100mlあたり205kcal、乙類は100mlあたりおよそ145kcal程度と言われています。ビールならば100mlで40kcal、白・赤ワインが100mlで73kcalですので、カロリーだけを見ると焼酎はダイエット向きのお酒とは言えません。

アルコールのカロリーについて

アルコールは脂質の次のカロリーが高い、ダイエットの大きな敵となる成分です。本当はダイエット中の飲酒はおすすめできませんが、飲み方によっては太らずにお酒を楽しむことも可能です。アルコールのカロリーは「エンプティカロリー」とも言われ、このカロリーは脂肪に変わりにくい特徴があります。正確には、他のエネルギーよりも先に消費されるため、お酒のカロリーは体に溜まりにくいのです。

ですが、その分前に食べたもののカロリー消費が遅れることになりますので、お酒を飲みすぎることによって結果的に全てのカロリーが消費されずに太ってしまうことになります。例えお酒自体のカロリーが低かったり、健康的な焼酎だからと言って飲みすぎると肥満のもとになります。

出来るだけカロリーを抑える

焼酎だけでも結構な数値のカロリーになりますから、ジュースやサワーで割るとさらにカロリーも糖質も高くなります。ダイエット中に焼酎を飲むのなら、カロリーの無い水やお茶を使って飲みましょう。甘みが付いていると、カロリーだけでなく糖質の摂りすぎになってしまいますので、ジュースを飲む感覚で飲むと太りやすくなります。

ダイエット中はおつまみにも気を付けよう

ダイエット中に焼酎を飲むならば、おつまみにも気を付けてください。糖質ゼロ・プリン体ゼロの焼酎の健康的特徴を生かすため、おつまみも低糖質でヘルシーなものを選ぶと太りにくいです。例えば、刺身などは比較的糖質が低めであるため、多く食べても太りにくいおつまみです。ナッツ類が好きならば、カシューナッツやピーナッツは控えましょう。ダイエット中はアーモンドが一番おすすめです。濃い味のおつまみでないと飲めない方は、塩焼き鳥やチーズが良いでしょう。揚げ物やドレッシングのたっぷりかかったサラダなどは食べないように気を付けてください。

健康的にお酒を楽しむ

ダイエット中だからと言って禁酒までするのは、成功する確率がとても低いです。それどころか禁酒によるストレスもたまるため、箍が外れた時、一気に食べてしまうなどリバウンドや暴飲暴食も十分考えられます。それならば、最初から少しの制限でお酒を楽しんだ方が、健康的かつ長期間のダイエット出来るでしょう。好きなものを制限するのは難しいので、食事によるカロリーを制限したり、毎日ダイエットに十分な運動しているのであれば、お酒くらいは好きに飲んでも、ダイエットに失敗することはありません。自分に合ったお酒とダイエットの向き合い方について考えましょう。