焼酎のアルコール度数はどれくらい?

乙類焼酎は本格焼酎と呼ばれており、芋、米、麦、蕎麦といった焼酎が九州地方の各地で生産されています。同じ原料を使った焼酎であっても、蔵元や銘柄によって味や香りに違いがあり、特に芋焼酎はクセがある特徴があります。割り方によっても味が変化するので、焼酎の楽しみ方も色々なのです。焼酎のアルコール度数には決まりがありますが、乙類焼酎のアルコール度数は銘柄によっては濃いものや薄いものが販売されているものもあります。

甲類焼酎と乙類焼酎のアルコール度数について

焼酎は甲類と乙類に分類されています。それぞれのアルコール度数は、甲類焼酎が36%未満、乙類焼酎が45%未満と酒税法で決められています。一般的に市販されている焼酎のアルコール度数は20~25度ほどで、飲みやすいように水で薄められているのです。

本格焼酎のアルコール度数

本格焼酎には芋、米、麦、黒糖などがありますが、蒸留したての原酒のアルコール度数は芋焼酎で37~38度、麦や米焼酎で43~44度ほどあります。原酒は何もブレンドしていない状態であり、アルコール度数が高く、香りやクセが強い特徴があります。原酒は限られたユーザーしか好まないので、あまり市販されていません。販売されていても、一般的な焼酎より割高になっています。特に蒸留初期段階で取れる初垂れ(ハナタレ)は焼酎の旨味が凝縮されており、市場に出回ることが少なく焼酎世界に通が好む逸品です。

飲みやすくするには濃度を低くする

原酒の状態ではアルコール度数が高いので、蔵元で原酒と他の原酒をブレンドしたものに、割り水を加えてアルコール度数を25度程度に調整して瓶詰めして出荷しています。原酒よりは飲みやすくなっていますが、さらに美味しく飲みやすくするには、お湯や水で割るのが最適なのです。

他のお酒のアルコール度数はどれくらい?

お酒と言えば、やはりビールです。ビールも銘柄によってアルコール度数に違いがありますが、一般的には6~7度で販売されることがほとんどです。中にはアルコールの強さを売りにした、9度のビールがあったり、健康志向の方向けに4度ほどに抑えたものがあります。その他では、日本酒、ワインは15度程度、ウイスキーは40度となっています。世界に目を向けると、ポーランドのお酒にスピリタスというものがあり、アルコール度数は96度とアルコール消毒液よりも濃いお酒があるのです。

健康の為にはアルコールは控えめに

ウイスキーのように、焼酎以上にアルコール度数が高いお酒もありますが、ビールやサワーなど低アルコールの商品が売り場で多く見られるようになりました。アルコールの摂り過ぎは、身体に有害ですから、飲み過ぎには気をつけなければいけません。焼酎は他のお酒と比べても健康に良いお酒ではありますが、やはり飲み過ぎは良くありません。休肝日も必要ですが、焼酎は自分で濃度を変えられる強みがあります。どうしても飲みたい時には、いつもより薄めに作って飲みましょう。節度ある適度な飲酒の1日平均の純アルコール量は20gなのだそうです。アルコールが25度の焼酎で換算すると、約0.6合ですから、約110mlになります。これからも健康でお酒を楽しみたいのでしたら、この量を目安にしてください。