焼酎に賞味期限はあるのか?未開封の焼酎について

焼酎は瓶入りが主流ですが、価格が安い銘柄などでは紙パックやペットボトル入ったものも販売されており、飲み終わった後の処分が瓶よりも楽になっています。プレミアム焼酎と呼ばれる、希少価値の高い焼酎を手に入れると、ほとんどの場合飲まずに飾っておくことが多いのではないでしょうか。焼酎は一度開封すると、焼酎本来の香りが飛び、味が変わってしまうので、早めに飲まなければいけません。

未開封の焼酎。賞味期限はどれくらい?

賞味期限は、美味しく食べたり、飲んだり出来る期限を示しています。お酒類ではビールやチューハイには賞味期限が設定されていますが、焼酎には賞味期限はないのです。焼酎はアルコール濃度が高く、細菌類が繁殖出来るような環境ではない為、傷んでしまったり簡単に品質が悪くなることがありません。瓶のラベルや紙パックに日付が印字されていますが、これは蔵元で完成した焼酎を、瓶や紙パックに詰めた日を表示しています。

直射日光や高温多湿を避ける

焼酎は腐らないといっても、保管する方法によっては品質を損なう可能性があるので注意が必要です。特に、直射日光が当たる場所や高温多湿の場所、温度の変化が激しい場所では品質に影響があるので避けてください。

焼酎を保管する最適な場所

自宅で焼酎を保管するには、上記の直射日光、高温多湿を避ける場所が望ましいです。無難な場所としては、押し入れですが、床下に収納があれば、そちらでも問題ありません。冷蔵庫の保存する方法を勧める方もいるようですが、焼酎は低温に弱く、焼酎の旨味成分が固まって底に沈殿しするので、味が落ちてしまいます。扉の開閉は温度が不安定になり、振動も品質に影響を及ぼすので、止めた方が良いでしょう。

焼酎の品質劣化について

焼酎は保管の仕方によっては、品質に影響がありますが、劣化した焼酎はどのような変化をするのでしょうか。上記の冷蔵庫の中での保管は、雑味や辛味が強くなってしまいますし、直射日光の当たる場所や高温多湿の場所で保管していると、紫外線によって焼酎に含まれる成分が酸化します。焼酎を開封したときに、油が酸化したような独特な香りがするのです。焼酎本来の香りや味が失われてしまい、そうなった焼酎は飲むことが出来ません。開封せずに保管する際には、場所選びが重要なのです。

劣化した焼酎の使い方

劣化して独特な臭いが発生している焼酎は残念ながら廃棄するしか方法はありません。せっかく高価な焼酎を手に入れても全く飲まずに捨てるのはもったいないです。もし、ご自宅で開封して飲まない焼酎があり、劣化していないようであれば、料理に使うことが出来ます。肉や魚料理には臭いを消すために日本酒を使うことが多いのですが、焼酎の本場鹿児島では、郷土料理である豚の軟骨煮を作る時に臭いを消したり、深いコクを出すために焼酎を使います。ご家庭で角煮を作る時に焼酎を使ってみると、美味しく仕上がって、焼酎のおつまみとしていただくことが出来ます。他にも、焼酎風呂やフェイスパックにも利用出来るので、リラックスタイムに焼酎を取り入れるのもおすすめです。余った焼酎の使い道はあるので、飲む以外の方法でも活用しましょう。