焼酎に一番適したおつまみは?糖質ゼロの焼酎に合うおつまみ

焼酎に合うおつまみ

焼酎は芋焼酎や麦焼酎など様々な種類がありますが、この種類によって適したおつまみも異なります。今回は、焼酎それぞれの風味や香りを最大限に生かしたかんたんなおつまみレシピや、糖質制限中やダイエット中におすすめの焼酎に合うおつまみをご紹介いたします。

芋焼酎にぴったりのおつまみ

芋焼酎の芳醇な香りと絶妙にマッチする「みょうがのみそ焼き」レシピをご紹介いたします。材料は1人前で「みょうが3本・大葉1枚・みそ適量」のみです。まずみょうがを縦半分に切り、切り口に味噌を塗ります。そしてオーブンやグリルで3分から5分焼き、千切りにした大葉を乗せましょう。これだけで完成です。みょうがの食感と味噌の香ばしい味が、特徴ある芋焼酎の風味とぴったりであり、お酒が進むおつまみです。芋焼酎と同じく独特な味である泡盛とも相性が良いおつまみです。

麦焼酎にぴったりのおつまみ

少ない材料で作れ、サッと手早く作れる「韓国のり和え」レシピをご紹介いたします。材料は2人前で「のり数枚・醤油大さじ2・ごま油大さじ2・すりごま大さじ2・砂糖小さじ1・ニンニク一かけら・一味唐辛子適量」です。まずのりを全て直火であぶり、くしゃくしゃにもみほぐしてください。にんにくは摩り下ろして置き、先ほどののりをちぎり一つのボウルに入れ、材料をすべて投入し手で混ぜてください。のりを手でもみほぐすのは、この時味が馴染みやすくなるためです。これでおつまみが1つ出来上がりました。簡単でありながら保存も聞くレシピであるため、多く作って冷蔵庫で保存できるおつまみです。味も濃い目であるため、さっぱりとした風味の麦焼酎におすすめです。

米焼酎にぴったりのおつまみ

工程は少し面倒ですが、調理の難易度は簡単な「ぶりの胡麻和え」をご紹介します。材料は2人前で「ぶり1柵・みりん大さじ1・酒大さじ半分・万能ねぎ適量・しょうゆ大さじ1と半分・すりごま大さじ1・おろししょうが適量」です。まずみりんと酒を耐熱ボウルに入れて30秒程度加熱して冷ましてください。冷めたらしょうゆ・すりごま・しょうがも投入し、これに切ったぶりを和えて冷蔵庫で30分程度寝かせます。取りだしたぶりをお皿に持ったら、万能ねぎをかけて完成です。スッキリとした味わいの米焼酎や麦焼酎に特におすすめのおつまみです。お好みでわさびを乗せても良いでしょう。残ったら白米に乗せても美味しく食べられるので、多めに作っても良いかもしれません。

ダイエット中にぴったりのおつまみ

ほとんどの焼酎は糖質ゼロであるため、ダイエット中や糖質制限中にも楽しめるお酒です。この健康的な要素を無駄にしないよう、焼酎を飲むときはおつまみも糖質が低めのものを選びましょう。例えば、一夜干しや刺身など魚系は低糖質であるため、糖尿予防中やダイエット中でもたくさん楽しめます。ナッツ類が好きならアーモンド、濃い味が好きならばチーズを選びましょう。揚げ物系やカロリーの高いドレッシングのかかったサラダなどは、食べ過ぎないように楽しむ範囲ならば問題ありませんが、カロリーに気を付けてください。

お気に入りのおつまみを見つける

おつまみは、焼酎を楽しく飲むために必要不可欠な要素です。市販のおつまみでも良いですが、たまにはいつもと一風変わった、自分で作るおつまみに挑戦してみてください。