焼酎でハイボールを作る!美味しい焼酎ハイボールのレシピ

ハイボールはウイスキーのソーダ割り

そもそもハイボールはウイスキーをソーダで割ったカクテルですが、焼酎をソーダ水で割ることにより「焼酎ハイボール」を作ることも可能です。今回は、美味しい焼酎ハイボール(チューハイ)のレシピをご紹介いたします。

女性に大人気のピンクチューハイレシピ

生姜の甘酢漬けを使った焼酎で、ピンクの色合いとほんのりとした酸味が女性に大人気なチューハイのレシピをご紹介いたします。材料は「甲類焼酎・炭酸水・ガリと漬け汁・りんご酢・クエン酸・チアシード」です。使う焼酎は大容量の甲類焼酎で問題ありません。まず氷をたっぷり入れたグラスに焼酎を入れ、ガリと漬け汁、チアシードを適量いれて炭酸水をそそぎ混ぜます。混ぜたらりんご酢とクエン酸を入れながら、酸味を確かめましょう。これでダイエット効果も期待できる、疲労回復チューハイの完成です。苦手な材料がある場合は抜かしても問題ありません。ガリの代わりに紅ショウガを使うと、少し辛味のある大人の味になりますので、辛口チューハイが好きな方はお試しください。

ビタミンもとれるみかんチューハイレシピ

みかんの缶詰を使うことで、果物のフレッシュさが堪能できるチューハイも作れます。材料は甲類の焼酎と炭酸水、そしてみかんの缶詰を使います。氷を使わないため、材料をあらかじめ冷やしておくと美味しくいただけます。冷えたチューハイでないと嫌だという方は、みかんの缶詰を別の容器に出して氷として作ると良いでしょう。混ぜた後にレモン果汁を入れても美味しくなります。

夏にピッタリのアイスを使ったチューハイレシピ

チューハイと言ったらレモンなどの柑橘系ですが、レモンのアイスを使ってひんやりと美味しいチューハイを作ることもできます。必要な物は焼酎とソーダ、そしてアイスの「サクレ」の3つのみです。アイスを使うため、こちらも氷は要りません。グラスにサクレをいれてから焼酎を入れ、ソーダをそそぎましょう。アイスの冷たさを味わうためにそのまま飲んでも良いですし、味がしみこむようしっかり混ぜてからでも美味しく飲めます。溶けてきたらアイスを追加しても良いでしょう。ガリガリ君など、他のアイスを使っても美味しく飲めるはずです。

トマトたっぷりの健康チューハイレシピ

リコピンがたっぷり入って美容効果も高いチューハイレシピを作ってみましょう。材料はトマトジュースと焼酎を使います。ソーダの代わりにトマトジュースを使いますが、ソーダを使わずに他のジュースで割っても「チューハイ」と呼びます。氷を少なめにしたグラスに焼酎とトマトジュースを入れて混ぜましょう。「トマト8:焼酎2」程度が美味しく飲める割合です。これに塩やレモン汁、パセリをかけたらお洒落なチューハイカクテルが出来上がります。トマトの酸味がアルコール臭を消してくれるので、つい飲みすぎてしまわないように気を付けましょう。

焼酎を好きな味に変身させる

焼酎チューハイは缶でも様々な種類が販売されていますが、自分でお気に入りのジュースとカクテルにして作るとさらに美味しく飲めます。焼酎チューハイはレシピが多いわけではないので、自分で色々な材料を使いアレンジして作ってみてください。