焼酎が糖質ゼロなのは本当?はちみつの焼酎でも糖質は無い?

焼酎は健康的なお酒

ほとんどの焼酎は糖質がゼロであるため、他のお酒と比べると健康的でもあります。その秘密は蒸留製法にあり、蒸留製法で作られた焼酎ならば糖質はもちろん、プリン体もゼロになります。焼酎は糖尿病患者に唯一許されたお酒とよく言われるのも、これが所以です。ほとんどの国産焼酎は甲類でも乙類でも糖質はゼロですが、焼酎製法以外の焼酎は糖質が含まれている可能性があります。

蒸留製法で作られた焼酎について

焼酎は主に蒸留製法で作られているため「蒸留酒」と呼ばれます。蒸留酒は、乙類焼酎で使う芋や麦などの成分も蒸発させ、余分な成分のみを取り除き作られます。焼酎には芋のほかに蜂蜜や果物など、甘さがあるものを原料として作られる銘柄もありますが、蒸発により糖質は全て飛び、糖質ゼロの焼酎が出来上がります。どんな原料でも、蒸留酒と表記があるのならば糖質はゼロですので、糖質制限している方も十分楽しめます。

缶や居酒屋の焼酎には注意

スーパーなどで売っている缶のチューハイなどは、全て糖質ゼロとは限りません。例え蒸留酒と書いてあっても、シロップなどが使われていればその分カロリーも糖質も加わります。居酒屋など外食での焼酎も同じで、焼酎割りなど書いてあっても、お茶や水以外で割られているものでしたら糖質が含まれている可能性があります。糖質制限している時は、あまり外で焼酎を頼まないようにしましょう。甲類や乙類焼酎を買って自宅で飲むのが一番安全です。甲類焼酎ならばウーロン茶や緑茶でのお茶割り、芋焼酎や麦焼酎なら水割りかお湯割りをおすすめします。

糖質制限するならおつまみもチェック

糖質制限を考えているのであれば、焼酎のおつまみも要チェックです。お酒を飲んだ後は体が脂質や糖分を求めてしまうので、予め食べる量や種類を決めておくと良いでしょう。低カロリーでヘルシーな食品を心がけてください。

糖質ゼロでも太る!?

例え糖質ゼロの焼酎でも、飲みすぎたら太ってしまいます。それは焼酎のせいではなく、焼酎が持つカロリーの力にあります。焼酎などお酒全般のカロリーは「エンプティカロリー」と言われ、食事でとるカロリーよりも消費優先度が高く飲んだらすぐに消費されます。しかしアルコール度数が高かったり飲みすぎてしまうと、その分エンプティカロリーの消費時間が長くなり、結果として食事やおつまみのカロリーはいつまで経っても消費されず脂肪に変わります。そうなるとまるで「お酒を飲んだら太った!」となってしまうので、お酒のカロリーが原因ではなくてもお酒が太らせたかのように感じられます。お酒そのものもカロリーが高いので、飲みすぎると良いことは無いので注意しましょう。

糖質・プリン体ゼロの焼酎は比較的体に優しいお酒

糖質やプリン体がゼロである焼酎ですが、アルコール度数も高くカロリーも高いお酒ですので、飲んで健康に良いとは言えません。ですが、他のお酒と比べると焼酎は糖質制限中でも適量ならば許されており、血糖値も上がりにくいお酒であるため、ダイエット中には心強い味方となるでしょう。量を考えて飲めば禁酒する必要も無いため、過度な飲みすぎに注意しながら適度に楽しみましょう。