本格麦焼酎いいちこのカロリーはどれくらい?

本格麦焼酎のいいちこは、大分県にある三和酒類から発売されており、国内での焼酎売り上げ高が2003年から2009年までの7年連続で日本一を記録しています。現在も根強い人気に支えられて、売上高を落とすことなく2位を堅持しています。いいちこは大麦と麦麹を使い、麦の香りと、口当たりの良さが人気の秘訣ではないでしょうか。本格焼酎は、健康に良いと言われており、血栓症の予防効果が広く知られています。

本格麦焼酎いいちこは糖質ゼロ!ダイエット中も飲んで大丈夫

本格焼酎は糖質を含まないお酒ですから、もちろんいいちこも糖質ゼロなのです。ダイエット中は基本的にお酒は止めなければいけませんが、現在流行中の糖質制限ダイエットでは、本格焼酎が注目されています。糖質の摂取を制限するダイエット方法なのですが、本格焼酎は糖質が含まれていないこともあり、他のお酒から切り替える方もいるようです。お酒はストレス解消にも効果がありますから、ダイエット中に飲めるのは気分転換になります。焼酎を割って飲むときに、炭酸飲料などのジュースを使うと糖質ゼロの効果が無くなってしまうので気を付けましょう。

本格麦焼酎いいちこのカロリーはどれくらい?

いいちこのアルコール濃度は、20度、25度、30度の3種類が販売されています。健康に良いと言っても、アルコール濃度が高くなるほどカロリーも高くなっていきます。いいちこの100ml当たりのカロリーは、アルコール20度で113㎉、25度で142㎉、30度で169㎉となっています。他の本格焼酎と比較しても、カロリーにあまり変化はありません。また、飲む際に水やお湯で割ることが多いですから、実際にはもう少し低くなります。しかし、ロックやストレートはそのまま飲むため、何杯も飲んでいると、かなりのカロリーを摂取してしまうことになるので、飲み方には十分な注意が必要になります。

アルコール分解に役立つ食べ物

外でお酒を飲む時には、いつもよりも飲む量が増えてしまいがちです。仕事の付き合いではなかなかお酒を断ることも出来ません。そのような場合は、おつまみで上手にカロリーを抑えたり、アルコールを分解しやすい食べ物を取り入れます。枝豆や冷やっこなどの豆を使ったもの、タンパク質が豊富な肉や魚はアルコールの分解を早めてくれる食べ物です。食べ過ぎは摂取カロリーを増やすことになりますから、野菜サラダなどヘルシーな食べ物も一緒に食べて、お腹を満たすとお酒を飲む量も減らす効果があります。お酒を楽しむ時には食べ物の栄養バランスをしっかりと考えてください。

本格麦焼酎いいちこはプリン体ゼロ!

お酒の飲み過ぎで気になるのがプリン体です。このプリン体は痛風の原因と言われており、最近はプリン体ゼロのビールが販売されています。全ての本格焼酎にはプリン体が含まれていないので、いいちこも安心して頂けます。他のお酒しか飲まなかった方が、本格焼酎に切り替えたという話も多く聞きます。しかし、いくら本格焼酎が体に良いとは言っても、やはり飲み過ぎは健康を害する元になりますから、適量を心がけましょう。健康のためには、休肝日を1週間に2日は確保しましょう。