数ある焼酎の中で、初心者におすすめの種類とは?

焼酎の種類について

焼酎には大きく分けて甲類焼酎と乙類焼酎の2種類があります。今ではコンビニでもプレミア焼酎が簡単に手に入るようになりましたが、数ある焼酎の中で初心者におすすめの焼酎はどんな種類でしょう。今回は、焼酎をあまり飲んだことのない方にもおすすめできる焼酎の種類をご紹介いたします。

有名な種類を知る

焼酎の有名な種類には「芋焼酎」「麦焼酎」「米焼酎」「甲類焼酎」があります。無色透明で味に癖が無いのが甲類焼酎で、芋焼酎や麦焼酎はその名の通り、原料に芋などを使っている焼酎を指します。この中でも、初心者におすすめの焼酎は「麦焼酎」と考えられます。

なぜ麦焼酎が良いのか

麦焼酎は乙類焼酎の中でも味の癖が弱く、スッキリとした味わいとほのかな香ばしさが特徴であるため、焼酎の臭みがほとんどなくどんな飲み方でも美味しく飲める焼酎です。焼酎なら芋焼酎しかないという方もいらっしゃいますが、芋焼酎は独特な香りが強く、人を選ぶ焼酎でもあるため、最初は無難に麦焼酎を飲んでみると良いかもしれません。

麦焼酎は、ロックやストレートでも楽しめてサワーやカクテルのベースにも使える焼酎です。サッパリしているので脂っこい食事の口直しにも使え、どんな時でも飲める焼酎として愛されています。悪く言うと、目立つ個性が無いため同じ飲み方だと飽きてしまうかもしれません。炭酸水のフレーバーなどを変えて、様々な飲み方で試してみましょう。

初心者には甲類焼酎もおすすめ

甲類焼酎は全く癖がないため、そのままの味を楽しみながら飲むことは適していません。銘柄で言う、鏡月やビダンなどが甲類焼酎になりますが、お茶割りやソーダ割りなどチューハイとしてよく飲まれます。ですが、特徴が無い分自分で好きなように割って作れるため、自由度が高いお酒でもあります。甲類焼酎の人気の飲み方はお茶割りですが、ハイボールのように炭酸で割って爽やかに飲む方法も若い方を中心によく飲まれています。チューハイの中ではレモンやゆずなど柑橘系の人気が高いです。

気になった焼酎を飲もう

最初は何の焼酎が有名か、美味しいかなどはあまり気にせず、気になったお酒を買ってみることも、良いお酒と出会うためのコツです。人気で美味しいと言われているお酒も自分の口に合うかどうかわからないのだから、自分が飲んでみたいと思えるようなお酒を探しましょう。今は魔王など「3M」と言われるプレミア焼酎も、コンビニで買えるような時代です。自分好みのお酒は、案外近いところに眠っているのかもしれません。

苦手な焼酎のおすすめの飲み方

せっかく買った焼酎が思ったよりも飲みづらく、処理にどうしようか悩んでいる時には、まずオレンジジュースで割ってみてください。オレンジジュースは味そのものが濃いため、少しくらい焼酎の味に癖があってもオレンジがかき消してくれるので、割合を考えて混ぜればジュースのように飲めてしまいます。参考までに、オレンジジュースなど果物系のジュースは100%のものを使うと美味しく飲めます。特に甲類焼酎ならば、どんな銘柄でも合わせられるでしょう。まずは気になった銘柄の小さいサイズを見つけて、焼酎に挑戦してみてください。