初心者に優しい焼酎の飲み方!焼酎をカクテル風にして飲もう

焼酎のおいしい飲み方

焼酎は水割りやお茶割りなどが一般的で味気ないと思われがちですが、チューハイやサワーなど焼酎を使った甘いお酒もあります。カクテルのベースはウォッカやジンなどが多いですが、ベースに焼酎を選ぶことで、少し柔らかい口当たりになるので、お酒初心者にも飲みやすいカクテルになります。今回は、甘いお酒が大好きな人におすすめの、焼酎をベースにしたカクテルのレシピをご紹介いたします。

1.トパーズライト

スライスジンジャーを使った、簡単に作れる焼酎カクテルです。材料は「甲類焼酎30ml・ジンジャーエール60ml・スライスジンジャー適量」です。ロックグラスに氷を入れ、最初に甲類焼酎を入れます。そしてジンジャーエールをゆっくり注ぎ、軽く混ぜましょう。それにスライスジンジャーを入れれば出来上がりです。グラスを変えるだけで雰囲気が一変するので、その時の気分によって変えるのも面白いでしょう。

2.ブルーベリー・ミントジュレップ

材料は多いですが、混ぜるだけで出来上がる簡単な焼酎カクテルです。材料は「甲類焼酎30ml・ブルーベリーシロップ大さじ2・炭酸水120ml・冷凍ブルーベリー適量・ミント適量」です。最初にグラスにシロップを入れ、甲類焼酎をそそぎましょう。それから氷と冷凍ブルーベリーを入れ、炭採水をゆっくり注いでください。ミントは最後に乗せ、潰しながら混ぜるとミントの味が染みて美味しくいただけます。
ブルーベリーシロップはリキュールを使うと手軽ですが、本格的に作るならば、生のブルーベリーを砂糖とレモン汁で加熱すると出来上がります。

3.サングリア風焼酎

果物を使った、サングリアのような焼酎カクテルを作ってみましょう。材料は「りんご1/4・オレンジ半分・レモン1個・甲類焼酎100ml・グレープフルーツジュース400ml・砂糖80g」です。グレープフルーツジュースは果汁100%のものを使ってください。まず果物を皮付きのままいちょう切りにします。そして混ぜた果物に焼酎とグレープフルーツジュースをそそぎ、暫く味を馴染ませるため常温で2時間ほど置いておきましょう。そして氷を入れたグラスに寝かせたジュースをそそげば完成です。手間はかかりますが、量を増やして作れば大人数でも飲めるお酒になります。

4.スパイシーオータム

とてもお洒落なワイン風味の焼酎カクテルをご紹介します。材料は「甲類焼酎120ml・ブドウジュース200ml・シナモンスティック4本・ホールクローブ12粒・カットオレンジ4切れ程度」です。これで約4人分のカクテルとなります。ブドウジュースは果汁100%を使うと良いでしょう。使うシナモンの量はお好みの量で問題ありません。まず鍋にブドウジュースとシナモン、クローブを入れて加熱します。煮だったら火を止めて、そこに甲類焼酎を加えましょう。それからグラスに注ぎ、オレンジを絞り入れてください。これで完成です。

甘く飲みやすい焼酎カクテル

焼酎だけならば飲みにくくても、このようにカクテルにすることで焼酎は格段と飲みやすく変身します。カクテルが好きならば焼酎を使ったカクテルもおいしく飲めますので、家に甲類焼酎があるのでしたら是非チャレンジしてみてください。