初心者に人気の芋焼酎と飲み方などをご紹介

焼酎ブームによって、最も注目を浴びている焼酎は芋焼酎です。

「芋焼酎特有のクセが苦手」と、苦手意識の高い焼酎の種類でもあります。

しかし、芋焼酎の銘柄は非常に多く、味の魅力は一言で語ることは出来ないほどです。

いくつかの飲みやすく人気のある芋焼酎と、焼酎の飲み方を紹介します。

焼酎を飲み始めたばかりの初心者の方から芋焼酎を嫌煙してきた方まで、是非参考にしてみてくださいね。

芋焼酎は乙類本格焼酎

焼酎には甲類焼酎と乙類焼酎があり、芋焼酎は乙類焼酎、本格焼酎と呼ばれる種類になります。

チューハイやホッピーのベースになる焼酎が甲類焼酎です。

甲類焼酎はアルコールの味のみと言って良いほど、そのまま飲むケースはほとんどない種類の焼酎です。

芋焼酎を含む乙類焼酎は、素材の味を楽しむことが出来る種類になります。

割らずに、焼酎本来の味を楽しむのです。

糖質も低く、ダイエット対策にもおすすめされる乙類焼酎(本格焼酎)は、ハイボールのようにソーダ割りでも飲まれています。

人気の芋焼酎は香りが高い

芋焼酎最大の特徴は、特有の香りでしょう。

人気の芋焼酎に共通している点は、この香りの良さなのです。

初心者から芋焼酎好きの方にまで、人気の高い芋焼酎を見てみましょう。

「黒霧島」は、見かけることも多い定番焼酎です。黒麹で造られており、辛口である事も特徴ですね。

芋の甘さを感じることができ、アルコールの風味とのバランスが絶妙で飲みやすい芋焼酎です。

芋焼酎特有のクセを多少残しつつ、すっきりとした後味が魅力でしょう。

「富乃宝山」は、非常にほのかな甘味と柔らかな口当たりが優しい芋焼酎です。

芋焼酎特有のクセはほとんど感じられず、華やかな香りが広がります。

非常に飲みやすいため、焼酎初心者の方にもおすすめです。

澄んだ香りを楽しめるため、ロックやストレートでも飲める逸品なのです。

芋焼酎の人気の飲み方

焼酎好きの方であれば、ストレートやロックが多いでしょう。

これらの飲み方は、芋焼酎に使用されている素材の香りまで楽しむことが出来る飲み方です。

ただし、アルコール度数が高いままになるため飲みすぎに注意が必要です。

初心者に人気の飲み方は水割り。氷を入れたグラスに芋焼酎と水を注いで割る飲み方です。

クセがある芋焼酎であっても、クセがまろやかになるため飲みやすいでしょう。

水との割合も自分で調整可能である点も人気の理由です。

ソーダ割りも人気の飲み方。水割り同様に氷を入れたグラスに炭酸水を入れて割る飲み方です。

非常に飲みやすい方法ではあるものの、風味が炭酸によって消されてしまうため、こだわって造られる高級焼酎の飲み方としてはおすすめできません。

ロックや水割りで飲んでいる際に、気分転換に飲んでみることがおすすめの飲み方です。

お湯割りは寒い冬におすすめの飲み方でしょう。

焼酎によってはクセが立ってしまう場合があるため、元々マイルドな焼酎を飲むときにおすすめです。

人気芋焼酎はダイエット中でも楽しめる

芋焼酎のアルコール度数は、25度もしくは20度が一般的。水割りで飲んだ場合は5度前後になるため、ビールと同等の度数となります。

また、カロリーは100gあたり約140キロカロリーほどです。

カロリーは高いと感じるものの、焼酎は糖質が含まれていないため太りにくいと言われています。

甲類焼酎はジュースなどで割って飲むことが多いため、糖質を摂取する事に繋がるのです。

しかし芋焼酎などの乙類焼酎は、ロックや水割りで飲むことが一般的でしょう。

焼酎以外で糖質を取らずに済むという点が魅力でもありますね。