初心者にもおすすめ!焼酎のおいしい飲み方5選

焼酎を飲んでみたいけど、どんな飲み方がおいしいかわからないという方は結構いらっしゃるのではないでしょうか。また、初めて飲んだ焼酎が芋焼酎の結構濃い目のお湯割りで、「苦手」と思ってしまったなど、焼酎はいろいろなアレンジで楽しむことができる分、最初の飲み方が良い印象でなかったり、どういう飲み方をして良いかわからずにさけている方も少なくないと思います。今回は初心者の方におすすめなおいしい飲み方をご紹介したいと思います。

シンプルにおいしい!水割り

焼酎の味わいをシンプルに楽しむなら水割りがおすすめです。水割りは芋、麦、米など原料を問わず素材の良さを引き出してくれます。また、レモンや梅干しなどを入れてもOKです。とにかく焼酎をおいしく楽しく飲みたい方にはとてもおすすめの飲み方です。水割りをおいしく作るには、割水はミネラルウォーターがおすすめ。焼酎の上級者になるとわざわざ、焼酎の仕込み水を取り寄せて割水にする方もいらっしゃいます。あと使用するグラスも冷やしておくと、きりっとおいしい水割りができます。少しの手間でグンとおいしくなるので是非、焼酎の水割りを楽しむ1時間くらい前にグラスも冷蔵庫で冷やしておくことをおすすめします。

水割りよりも飲みやすい炭酸割り

焼酎を炭酸ソーダで割るのもおすすめの飲み方です。シュワっとした飲み口になるのでビールのようにスイスイ飲めてしまいます。焼酎ハイボールなどと言われることもあります。女性にも人気の飲み方で、麦焼酎や米焼酎などでつくるとカクテルのような飲み方ができます。レモンをしぼったり、ミントやライムをいれたりアレンジは様々。おいしい作り方のポイントは、冷たく冷やしたグラスに氷をいれて焼酎1に対して炭酸を3くらいの割合で注ぎます。この時に、炭酸は氷にあてずに優しくグラスに注ぐこと。こうすると炭酸が抜けずにおいしい炭酸割りができます。混ぜるときも縦に1,2回すっと混ぜて、あまりかき混ぜないことがポイントです。

やっぱり焼酎を楽しむならロック

焼酎の味わいをしっかり楽しむならやはりロックがおすすめです。焼酎初心者の方でもロックで焼酎を飲んで焼酎の印象が変わったという方がいるほど、上等な焼酎であればロックで飲むのがおすすめ。焼酎をロックで飲む時は、すこし薄手のグラスを予め冷やしておき、使用する氷は不純物の少ない透明な大きいものをひとつ。なぜ、大きい氷にするかというと、小さめの氷だと、飲んでいるうちにとけてどうしても焼酎が水っぽくなってしまいます。最初から最後までおいしいロックで焼酎を楽しみたいなら、大き目の不純物のない氷を用意することをおすすめします。

お湯割りにするならゴーゴーで

焼酎を初めてお湯割りで飲んで、嫌いになったという声をちらほらききます。是非、初めてお湯割りを飲むときはゴーゴーから初めて見て下さい。ゴーゴーとは、お湯と焼酎の割合が5:5のことです。そこから、濃い目ならロクヨンに、もう少し薄目ならヨンロクに自分の一番おいしい割合を是非見つけて下さい。お湯と焼酎の順番は、先にお湯が正解です。

意外といけるお茶割り

焼酎を緑茶や麦茶などで割るととても飲みやすくなります。麦焼酎を麦茶で割ると麦の香ばしさが増してびっくりするほどおいしいです。食事と一緒に楽しむにはとてもおすすめです。ウーロン茶やジャスミン茶で割っても口の中がさっぱりします。焼酎の味も楽しみたいけど水割りだと少ししんどいかな、といいう際には一度お茶割りを試してみてはいかがでしょうか。

焼酎はこうしなくてはいけない、なんていう難しい飲み方はありません。色々な飲み方を試して自分の好きな焼酎を好きな飲み方で楽しんでみてはいかがでしょうか。