初心者でも楽しめる焼酎の飲み方とは

これから焼酎を飲み始めようと考えている方に、美味しく焼酎を飲むためには飲み方が重要です。

焼酎の味わいを崩さず、美味しく飲むための割り方やコツなどを紹介します。

飲み方によって味の変化を楽しめる点が焼酎ならではの魅力です。

色々と試して、好みの飲み方を見つけてくださいね。

焼酎の味を楽しめる「水割り」

焼酎には主に本格焼酎と甲類焼酎の2種類があります。

水割りで飲むのであれば、「本格焼酎」がおすすめです。

本格焼酎であれば芋や麦、米など様々な種類があり、素材の香りを楽しめるため水で割っても味わいが消えず美味しく飲むことが出来るでしょう。

アルコールが強く飲みにくさを感じる場合には、焼酎と水を3:7で割って飲んでみてください。

非常にシンプルな飲み方であるため、水と氷は美味しいお水を使用しましょう。

水は軟水、氷を作る際にも天然水を使用すると、氷が溶けだした際にも美味しく飲むことが出来ます。

水割りであればアルコール濃度も低くなるため、料理と合わせやすくなる点も魅力です。

香りが倍増する「お湯割り」

お湯割りにすることで、湯気と共に焼酎の香りを感じることが出来ます。

お湯割りは少々手間が掛かるものの、香りによるリラックス効果も期待出来る飲み方なのです。

まずはお湯をカップに入れ、そのお湯を焼酎グラスに移します。

その上から焼酎を注ぐことで、適温で飲むことが出来るのです。

お湯割りは、最も焼酎の甘味や香りを感じられる飲み方です。

初心者の方でもじっくりと旨味を感じることが出来る飲み方でしょう。

爽快な「ソーダ割り」は非常に飲みやすい

焼酎初心者の方でも飲みやすい飲み方が、ソーダ割りです。

ソーダで割った後にレモンを搾ったり、ライムなどを加えてお洒落なカクテル風にアレンジするという飲み方もおすすめでしょう。

柑橘系のフルーツを加えると、脂物の料理に合います。

すっきりとして飲みやすくなるため、アルコールが苦手という方や焼酎を飲み始めたばかりの方にもおすすめの飲み方です。

他にも、ジュースと割ることでサワーにもなります。

甘いオレンジジュースやグレープフルーツジュースなどと割るのも良いでしょう。

ジュースの甘みの中に、しっかりと焼酎のアルコールを感じることが出来るお酒になります。

カロリー控えめで飲みやすい「お茶割り」

シンプルなお茶割りは、女性にも嬉しい低カロリーで割る飲み方です。

ウーロン茶や緑茶は勿論、ジャスミン茶などで割るのも良いでしょう。

温かいお茶わりにしてゆっくりと飲むことで、飲みすぎず防止にもなります。

お茶はどの様な料理にも合うため、食中酒にするのであれば最もおすすめの飲み方です。

麦焼酎や米焼酎の香りが良く合います。

麦焼酎は麦茶と合わせると、香ばしさが増してより美味しく飲むことが出来るでしょう。

自分に合った飲み方を研究してみる

焼酎の中にも様々な種類があり、飲み方のバリエーションも沢山あるのです。

適度にアルコールを感じられる、ジュースやお茶割りから始めてみるのも良いでしょう。

割る際には、焼酎の風味を消してしまわないように注意が必要です。

焼酎と飲み方の組み合わせも無数にあるため、色々と試しながら自分好みの飲み方を探ってみてくださいね。