健康的なお酒・焼酎。糖質・プリン体がゼロ!

焼酎は適量を守って楽しめば体に良い効果をもたらします。健康的だと言ってたくさん飲むと、健康を害するので注意しなければなりません。酔っぱらって他人に迷惑をかけるような飲み方にも気を付けたいです。

焼酎の種類について

焼酎は蒸留酒であり、蒸留方法の違いによって種類が分けられています。甲類と乙類の2種類があるのですが、甲類は連続式蒸留で無味無臭でクセがない焼酎です。乙類焼酎は別名本格焼酎とも呼び、単式蒸留で原料の香りや風味を味わえる焼酎になります。沖縄県の泡盛は乙類焼酎に分類されます。

焼酎に含まれる糖質やプリン体について

日常生活で健康に気を遣っているのでしたら、お酒に含まれている糖質やプリン体について知っておいた方が良いでしょう。

焼酎の糖質はゼロ!

糖質は甘いものだけではなく、焼酎の原料となる穀類やイモ類にも含まれています。糖質は体に必要な栄養素ではありますが、摂り過ぎると肥満の原因や病気の原因になります。

糖質が含まれる原料から造られる焼酎なのですが、焼酎が出来上がる頃には糖質がゼロになっています。焼酎に糖質が含まれない理由は、焼酎が蒸留酒だからなのです。蒸留酒はアルコール分を蒸発させて抽出したものがお酒になるのですが、糖質はもろみの中に含まれているので、焼酎になる前に糖質がカットされます。

プリン体もゼロ!

プリン体はほとんどの食物に含まれている成分です。特にレバー、白子、エビ、貝類などの魚介類の一部や干しシイタケにプリン体が多く含まれています。プリン体を多く摂り過ぎると、尿酸値が高くなり過ぎて痛風を起こす原因になると言われています。

焼酎にプリン体が含まれていないのは、糖質と同じく蒸留で取り除かれるからなのです。

焼酎は糖質・プリン体がゼロ!

このように焼酎に糖質やプリン体が含まれていないのは製法によって除去されているからなのです。最近は糖質の摂取を制限したダイエットが流行っており、ダイエット中にお酒を飲みたいという方からは焼酎が注目されています。ダイエット中は基本的に禁酒するのですが、禁酒がストレスになって、逆に太る原因になります。ジムのトレーナーもダイエット中の飲酒は少量なら許可するそうです。

焼酎と食事の関係

夕食の楽しみの一つにお酒があります。一日の疲れを癒す為にはお酒が欠かせませんが、お酒と食事を一緒に楽しむには焼酎が最適です。糖質や脂質が含まれない健康的な焼酎は原料の種類や、飲み方も色々あります。その日の食事の内容に合わせられますし、飽きることもありません。体の健康を考えるのでしたら、食事も低カロリーで高タンパクのヘルシーな内容にしましょう。

飲んだら乗るな!!

外出先でお酒を飲む機会が多いのでしたら飲酒運転は絶対に止めましょう!飲酒したあとに車を運転するのは法律によって禁止されています。相変わらず飲酒運転で検挙される人が多いですが、ほんの小さな出来心が大きな事故につながります。社会的な制裁が非常に大きく、免許も取り上げられてしまうと仕事になりません。飲酒運転をしている車に乗ることも同罪で罰せられます。飲酒したら車の運転はしない、させないは鉄則です。タクシーや代行を使って帰りましょう。