人気の焼酎ギフト!お酒好きの人に送る最高の銘柄とは

お酒好きに喜ばれるギフト

お酒好きに何かプレゼントを贈りたいのであれば、普段自分では買わないくらいの少し高級な焼酎をおすすめします。今回は、毎日飲むような銘柄ではないけれど、あったら嬉しいような焼酎の銘柄を5種類ご紹介いたします。

1位:魔王

芋焼酎が好きな方ならば絶対喜ぶであろう「魔王」は、プレミア焼酎の1つであるため目上の方へ贈るギフトとして最適です。まさに高級酒といったような口当たりで、フルーティーな風味が強く女性ファンも多い芋焼酎です。プレミア焼酎ではありますが、現在はネット通販でも様々なサイトで取り扱われているため、入手困難な焼酎ではありません。価格も贈り物としては良い値段で、名入れできるショップもありますので、忘れられない贈り物をしたいのでしたら、プレミア焼酎の魔王がおすすめです。

2位:村尾

こちらも魔王と同じくプレミア焼酎の1つで、サツマイモを使った芋焼酎です。飛行機のファーストクラスで出される焼酎として、世界中から愛されている焼酎とも言われています。芋焼酎なのに澱みが一切無く、澄み切った味が他の銘柄では味わえないと、お酒離れが進んだ今でも多くの人に支持されている焼酎です。値段も魔王と同じく安くは無いので、こちらも目上の方や先輩への贈り物としては良いでしょう。

3位:赤霧島

ちょっとしたギフトに焼酎を贈りたいのならば、万人に好かれる芋焼酎「赤霧島」をおすすめします。「黒霧島」で有名な霧島酒造の芋焼酎であり、上品な香りの中甘みもあり、まさに「ちょっと良い焼酎」の代表でもあります。贈り先が、とりあえず芋焼酎を飲むということが分かっていれば、赤霧島を贈れば間違いありません。価格も2,000円以内で収まりますので、ギフトでなくてもみんなで集まる時に用意したい焼酎でもあります。

4位:百助

長期貯蔵の麦焼酎「百助」は、樫樽熟成されているため味に深みがあり、まろやかかつスモーキーな香りが大人気の焼酎です。ボトルも通常の焼酎とは違い、クリスタルカットが施されていて見た目から高級感あふれるデザインとなっています。価格は3,000円以内とお手頃ですが、決してお粗末に見える焼酎ではありません。

5位:農林二号

自社栽培の芋とこだわりの水で作った農林二号は、黒麹独特のコクと口当たりの良いバランスが楽しめる芋焼酎です。「農林二号」とは、昭和の初期に栽培された芋の品種名です。モンドセレクションで最高金賞を4年連続受賞した焼酎でもあるので経歴もあり、ギフトとしては適した焼酎です。

名入れや飲み比べで楽しんでもらう

今回は5つのギフト人気の高い銘柄をご紹介しましたが、焼酎は種類が多いため飲み比べセットなどもギフトでは人気です。5種類程度のアソートで、価格も3,000円程度から10,000円以上の商品まで様々ですので、1つを選べないのならばそちらもおすすめです。子供が生まれた際の贈り物などならば、名入れ焼酎が良いかもしれません。気が長いですが、子供の名前を入れることで子供が成人になった時に楽しめる粋な贈り物もできます。焼酎は賞味期限が無いため、正しい保管方法ならば20年でも飲むことが可能です。自分が貰ってうれしいような焼酎を考えながら、商品を選びましょう。