九州で人気の芋焼酎とは

芋焼酎は、臭みがあり飲みにくいという印象はなくなっているほど、一般的に飲まれるようになりました。

九州地方の酒造の工夫や努力によって、若者にも飲まれる焼酎が数多く作られたためです。

芋焼酎といえば九州ですが、九州地方で人気の焼酎を紹介します。

九州で人気のある焼酎であれば、美味しい事は間違いありません。

焼酎選びの際には、是非参考にしてみてくださいね。

リニューアルした「白霧島」

宮崎県にある霧島酒造は、芋焼酎売り上げ日本一を誇る会社です。

霧島山系の天然水を使用し、黄金千貫と呼ばれるサツマイモを使用して造り上げています。

「白霧島」は、霧島酒造の代表的な焼酎であった「霧島」をリニューアルして造られた焼酎。

甘さとコクが絶妙であり、非常にバランスが良く飲みやすい点が魅力です。

さらりとした口当たりですが、後味が芳醇。高い旨味と香りが広がります。

1.8リットル、アルコール度数25度のものであれば1,700円前後で販売されています。

長年愛される「白玉の露」

大隅半島にある、プレミア焼酎「魔王」を造る白玉醸造の芋焼酎です。

大隅産の黄金千貫と、高隅山系の天然水を使って造られた芋焼酎は、後味が優しくまろやかな芋の香りが特徴でしょう。

しかし、口に含んだ際の香りは、強い芋の香りを感じます。

芋焼酎らしさを感じられる逸品です。

地元で愛され続けている人気の芋焼酎であり、芋の香りを感じられる焼酎を飲みたい時に最適でしょう。

1.8リットル、アルコール度数25度のものは1,700円前後で販売されています。

原材料にこだわった「華奴」

鹿児島県大隅半島の太久保酒造が造る芋焼酎です。

元々はサツマイモを扱う会社であったため、原材料となる芋には強いこだわりがある点が特徴でしょう。

芋の甘みを抑えている点も特徴であり、あっさりと飲みやすい味わいが魅力です。

焼酎初心者の方におすすめであり、芋焼酎の魅力を知るきっかけにも良いでしょう。

1.8リットル、アルコール度数25度のものは1,800円前後で販売されています。

芋焼酎といえば赤兎馬

鹿児島いちき串木野市の濱田酒造が造る有名な芋焼酎です。

赤兎馬は、選び抜かれた黄金千貫を使用しています。

仕込む際に使用する水は、鹿児島県特有のシラス台地から湧き出る水を使用。

こだわりの原材料で造られた赤兎馬は、コクがあり滑らか、多少の甘味を感じられる点が魅力です。

後味は鼻につき、芋焼酎らしさも感じられる焼酎です。

1.8リットル、アルコール度数25度のものが3,000円前後で販売されています。

他の焼酎よりも多少高級志向の焼酎ですね。

九州で人気の焼酎は注目

芋焼酎の本場といえる九州地方。

酒造も数多くあり、そこで人気の焼酎といえども、すべて紹介することは非常に難しいほど沢山の銘柄があります。

原材料であるサツマイモ、麹の種類だけでも非常に多いのです。

職人のこだわりや伝統的な醸造技術を知る事で、さらに焼酎の魅力が増すことでしょう。

そんな奥が深い焼酎、まずは九州で人気の銘柄から試すことで、美味しさを知る事が出来ます。

有名な銘柄であっても、価格はリーズナブルです。

インターネットの情報は沢山手に入りますが、まずは自分で飲んでみることが重要なのです。

是非、様々な焼酎の飲み比べを楽しんでみてくださいね。