プレミア焼酎3Mのひとつ!魔王の魅力

芋焼酎『魔王』という名前は誰しもが一度は耳にしたことがあるのではないでしょうか。緑色のすりガラスのボトルに力強い筆文字で書かれた魔王の文字。それだけでもインパクト抜群です。未だ人気が衰えない芋焼酎『魔王』とはいったいどんな芋焼酎なのでしょうか。

魔王とは

魔王とは、鹿児島県の南部にある焼酎蔵「白玉醸造」で作られる芋焼酎です。白玉醸造は魔王の他に「白玉の露」や「元老院」「天誅」「さつまの梅酒」などの銘柄を世に送り出しています。実は、「白玉の露」や「元老院」「天誅」なども「魔王」の人気との相乗効果で入手困難となりプレミア価格で販売されていることも。白玉醸造の焼酎はどの銘柄もとても人気があり手に入れるのが難しいといわれています。その中でも、魔王は芋焼酎の中では珍しい「黄麹」を使用し「減圧蒸留」という蒸留方法で造られています。「黄麹」は焼酎に華やかな香りを「減圧蒸留」はフルーティで芋焼酎独特の臭さをやわらげる効果があるので「魔王」はフルーティで飲みやすい芋焼酎に仕上がっています。そんな飲みやすさが人気となり今では入手困難な焼酎の代表銘柄になったといわれています。

『魔王』も含むプレミアム焼酎3Mって何?

爆発的に人気が出るあまり、幻といわれ定価ではなかなか手に入れることができない焼酎のことをプレミア焼酎と呼びますがその中でも『魔王』『森伊蔵』『村尾』は特に手に入りにくいといわれています。この3銘柄の頭文字をとって『プレミア焼酎3M』と呼ばれ芋焼酎ファンの中では一度は飲んでみたい憧れの芋焼酎といわれています。

魔王の名前の由来

『魔王』という焼酎の名前はとてもインパクトがありますが、どうしてこのような名前になったのでしょうか。魔王と名付けられた思いは焼酎の裏ラベルに『天使を誘惑し、魔界へ最高の酒を調達する悪魔達によってもたらされた特別のお酒という意味で命名』と記載があります。実は、焼酎を熟成しているうちに蒸発してしまい量が減ってしまう事を『天使の分け前』といいます。この天使さえも誘惑してしまう悪魔たちをも、魅了して酔わしてしまうという意味から『魔王』と名付けられたといわれています。

魔王のおいしさを徹底解剖

魔王のおいしさは何と言っても、芋焼酎の中でもかなりフルーティで飲みやすいということです。一般的には芋焼酎は独特の香りがしクセがあるといわれています。魔王に関しては黄麹という元々日本酒を造る際に使われていた麹を使用しています。日本酒の吟醸香のように梨や青りんごのような華やかな香りを生み出すのが特徴です。味わいもあっさりしていて飲みやすくなります。また減圧蒸留という蒸留法で製造している為さらにすっきりと飲みやすくなります。このように造った魔王を熟成させることで角がとれ、フルーティでさとまろやかさがひきたつ焼酎ができあがります。この味わいのきれいさ、洗練された味わいが魔王の人気の秘密です。

魔王を定価で手に入れるには?

焼酎ブームの時には法外な価格で取引されていましたが、現在では少し落ち着いてきていて百貨店などの正規販売店では定価で販売されているようです。また、WEBサイトなどでも定期的に抽選などの販売方法で定価販売されることがあるので、こまめにチェックしたり百貨店に問い合わせするなど情報収集が有用です。

一度は飲んでみたい芋焼酎『魔王』。居酒屋さんなどでもメニューになっていることもあるので機械があれば是非一度お試し下さい。