プレミア焼酎の魔王はなぜ人気?最安値などをチェック

プレミア焼酎の1つ「魔王」

焼酎の中には「3M」というプレミア焼酎の呼び方があります。これは銘柄ではなく「魔王・森伊蔵・村尾」の三つの銘柄の頭文字を合わせた言葉で、一時期はプレミア価格が付き入手困難な焼酎でした。今はネット通販やオークションサイトが充実しており、価格は高いですが入手自体は難しくありません。今回は各ネットショップの最安値や魔王についての基礎知識をご紹介いたします。

魔王が作られている酒造

魔王は鹿児島県にある「白玉醸造」で作られています。創業は明治37年と、現在まで100年以上地域に愛されてきた蔵元です。有名な銘柄は魔王以外に「白玉の露」や「天誅」があります。鹿児島県での希望小売価格は720mlで1,240円、1,800mlで2,468円ですが、ネットショップではもちろん上回る価格で販売されています。

魔王の味について

魔王は実際に飲んでみると、迫力のある名前とは裏腹に軽い口当たりが特徴的で、芋のフルーティーな甘みが感じられる芋焼酎です。万人に愛されるような味で、あまり焼酎が得意でない方でも比較的飲みやすい芋焼酎に分類されるでしょう。飲み方はロックがおすすめですが、飲む機会があれば最初はストレートで頂き味をしっかり確認した方が良いかもしれません。

魔王の原材料である芋の種類

魔王はよく芋焼酎に使われる芋の品種「コガネセンガン」から作られています。焼酎の原料として一般的でしたが、最近ではスーパーでも見かけるようになった品種です。見た目はジャガイモに似ていますがれっきとしたサツマイモであり、魔王が作られている鹿児島や宮崎県が主な産地となっております。

魔王が安く買える場所

どこのネットショップでも魔王は小売店よりも確実に高値で販売されています。定価で買う方法としては、酒造メーカーから直接の仕入れや、販売店で予約や抽選を使い手に入れるなどがあります。どれも確実ではないため、多少高くても良いから早く手に入れたいというのならば、ネットショップがおすすめです。

魔王の相場について

2018年3月現在、魔王(720ml)の価格はAmazonで3,500円、楽天市場で3,700円前後になります。オークションサイトでは出品も多いですが入札数も多く、定価通りの値段では購入できません。送料などを含めると、1本で5,000円程度と見た方が良いでしょう。特別な時に飲んだり、上司や先輩への贈り物としては最適な焼酎です。

容量の多い1,800mlだとAmazonでも8,000円以上になるため、本当に今すぐ欲しい方のみが買える価格となっています。720mlは他の焼酎と抱き合わせで売られることもあり、その方がお得に買える場合もあるので、魔王を手に入れたいのならネットショップは要チェックです。

入荷を待っても良し

魔王は酒屋でも取り扱われているので、なかなか棚には並ばないかもしれませんが、意外と地元の酒屋に行くと置いてある可能性があります。最寄りの酒屋に無い時は、行ける範囲で入荷しそうなお店に電話連絡してみるのも手に入れるための手でしょう。抽選や予約でないと手に入れにくい銘柄ですので、諦めず根気よく探しましょう。