プレミアム芋焼酎「魔王」その味・人気・定価で購入する方法を解説

プレミアム芋焼酎の3Mと言えば「魔王」「村尾」「森伊蔵」ですが、その中でも独特のネーミングが目を引く魔王。地元・鹿児島県では量販店などで比較的容易に手に入れることが出来るようになっていますが、定価よりも割高で販売しているお店がほとんどです。根強い人気がある魔王について解説します。

魔王のネーミングについて

幻の焼酎とも言われる魔王のネーミングですが、樽で長期熟成しているところから由来しています。お酒を樽で熟成している時に蒸発してしまうものを「天使の取り分」「天使の分け前」というのですが、その天使を誘惑して、魔界へもたらす悪魔から魔王と名付けられたのです。それだけ特別な焼酎だということなのです。

魔王を産み出した蔵元

魔王を造っている蔵元は、鹿児島県肝属(きもつき)郡錦江町にある白玉醸造です。

白玉醸造のメインとなる銘柄は創業当時から造られている「白玉の露」ですが、他にも「元老院」「天誅」があり、梅酒も製造しています。

魔王の製法

魔王の原料はサツマイモと麹ですが、麹には黄麹が使われています。黄麹は主に日本酒の醸造に使われていますが、焼酎に黄麹を使うと芋の独特な香りが無く、フルーティーな香りになります。原料と麹を発酵して出来た「もろみ」を蒸留するのですが、魔王は「減圧蒸留」をしています。蒸留器内の気圧を下げると、低温で蒸留出来るので、雑味が無くなるのです。そして完成した焼酎は樽で長期間熟成してから商品になるのです。

魔王の味や飲み方

魔王は芋の香りがせず、フルーティーな香りが特徴で、味は芋の甘みがあって、雑味のないすっきりとしてマイルドな口当たりです。クセがないので焼酎の初心者でも飲みやすいです。

飲み方は、魔王のそのままの味を楽しむのならストレートですが、ロックや水割りがおすすめの飲み方です。水割りでもフルーティーな香りと甘さを十分に味わえます。アルコールは25度ですが、飲みやすい焼酎なのでついつい飲み過ぎてしまうほどです。

魔王を定価で購入する方法

お店やオークションでお金さえ出せば購入出来ますが、定価で購入するのなら正規のルートを利用しましょう。魔王を定価で販売しているのは、白玉醸造の関連会社である「玉利商店」です。ここに注文すれば確実に定価で購入することが出来ますが、納品されるまでかなり時間がかかります。届くまで1年半以上かかるとも言われていますが、オークションに出されている不正転売されたような商品に高額なお金を出して買うよりは、待った方が良いでしょう。

玉利商店で購入する方法は、玉利商店に電話をして専用の申し込み用紙を送ってもらいます。用紙が届いたら必要事項を記入して返送すると申し込み完了になります。申込出来るのは1800mlは1本、720mlは3本までとなっています。予約順に着払いにて発送される仕組みになっています。

魔王の定価は1800ml3240円+送料、720ml1730円+送料となっています。

玉利商店の電話番号は0994-40-3741です。受付時間は平日の午前10時くらいまでのようです。電話で魔王が欲しいと伝えると、申し込み用紙の送付先を聞かれますから伝えましょう。