ツウ好みの米焼酎!球磨焼酎や泡盛を徹底解剖

原料によって焼酎の種類は様々ですが、芋焼酎や麦焼酎と違って少し地味なイメージがあるのが米焼酎です。実は、熊本などで作られる米焼酎も有名ですがもっと有名なのが沖縄で造られる米焼酎、「泡盛」です。泡盛=米焼酎というイメージの方は少ないかもしれませんが、泡盛はれっきとした米焼酎です。それでは、泡盛も含めて米焼酎についてご紹介したいと思います。

米焼酎とは

米焼酎とは、米を原料とした焼酎です。熊本県で造られる「球磨焼酎」が有名ですが沖縄県で造られる「泡盛」も米焼酎の一種です。大きな違いは、「球磨焼酎」は基本的に白麹、黒麹、黄麹どの麹を使って製造しても良いのですが、「泡盛」は黒麹のみ使用が認められています。また、原料米も、球磨焼酎が国産米を使用することが多いのに比べて「泡盛」はタイ米を中心に製造されます。出来上がった味わいも全く違いますがそれぞれ米焼酎にカテゴライズされます。では「球磨焼酎」とは詳しくどのような焼酎なのでしょうか。

球磨焼酎とは

米焼酎の中でも中心的なブランドとして有名な球磨焼酎ですが、球磨焼酎を名乗るには3つの条件があります。一つは原料が米を100%使用している事、二つ目は球磨川の伏流水で仕込んでいる事、最後に球磨地方で蒸留、瓶詰めされている事、この3つの条件をクリアしなければ球磨焼酎と名乗ることはできません。昔ながらの球磨焼酎の特徴としては度数が高いものが多く独特のクセがあります。ただ、熟成するにつれクセが旨味となり球磨焼酎にしか出せない味わいを作りだします。焼酎は球磨焼酎でないと、という方がいるのも納得いきます。最近では綺麗な味わいで飲みやすいタイプのものや、樽などで熟成させたタイプのものなど様々な球磨焼酎が広く流通しています。球磨焼酎の有名な銘柄としては、昔ながらのタイプですと「武者返し」や「豊永蔵」などがあり、すっきり綺麗な味わいだと「鳥飼」や「吟醸房の露」などが人気があります。また、全国的に有名なものはすっきりと飲みやすいタイプの「白岳しろ」や「もっこす」などがあります。米焼酎をお探しならまずは、球磨焼酎からはいられると色々楽しむことができ本格的に味わいの幅を感じることができると思います。もう一方で有名な米焼酎に沖縄で造られる泡盛があります。

泡盛とは

沖縄で造られる米焼酎で黒麹を使用することが決められています。泡盛にも実は、細かい規定がありそれをクリアしていないと「琉球泡盛」と名乗ることができません。泡盛の規定は、原料に米を使用すること、黒麹菌を使用すること、仕込みは一回だけの全量仕込みをしていること、単式蒸留で蒸留すること。この4つが琉球泡盛を名乗る為の要件です。米を使用することは球磨焼酎と同じなのですが、黒麹を使用するのは泡盛独自のルールです。暑い沖縄では麹菌自体が強い黒麹菌を使います。全量仕込みというのは原料の米に黒麹をかけて麹米をつくりそこに水と酵母を加えてもろみをつくり発酵させるという、一工程でアルコール発酵まですすめるシンプルな造りの事を全量仕込みといいます。単式蒸留はいわゆる本格焼酎の事で、乙類の焼酎の事です。逆に連続式蒸留というのは甲類の焼酎の事です。泡盛は作る地域によって味わいが違うのでそれぞれ贔屓にしている銘柄があります。中でもやはり地元の蔵元の泡盛は人気があるので好きな銘柄で出身地がわかったりします。全国的に良くしられているのは「残波」や「菊の露」などが有名ですが、「瑞泉」や「八重泉」なども最近では人気があります。

米焼酎と一言でいっても、様々な味わいがあり芋焼酎や麦焼酎に比べても味わいの幅は広いものだと思います。色々のみ比べてお気に入りの一本をみつけてみてはいかがでしょうか。