なぜ甲類焼酎は糖質がゼロ?その理由と注意点を解説

焼酎は糖質ゼロのアルコール

チューハイなどの缶を見ると、ほとんどの商品に「糖質ゼロ・プリン体ゼロ」の表記があると思います。この通りほとんどの甲類・乙類焼酎は糖質が含まれていません。今回は、糖尿病の方御用達である焼酎の糖質はなぜゼロであるかについてご紹介いたします。

蒸留酒ならば糖質はゼロ

焼酎は蒸留酒とも言われ、水でアルコールを薄めたお酒を意味します。焼酎のほかにもよくカクテルで使われるウォッカやウイスキーも、この蒸留酒になります。蒸留酒はその名の通り蒸留させて作るお酒であり、不純物を取り除きながら作るため余計なものが混ざりません。そのため純粋な焼酎が出来上がり、その中に糖質は一切含まれません。

糖質の有り無しを見極める方法

ですが、全ての焼酎が糖質ゼロではありません。ほとんどの焼酎は蒸留製法で作られているため心配いりませんが、もし不安でしたらその銘柄の製法を調べましょう。他の作り方であるならば、糖質が含まれている可能性もあります。外食で頼む味付き焼酎にはシロップなどがたっぷり含まれている可能性があるため、割る飲み物についても気を付けると良いでしょう。

芋や黒糖が原料でも糖質はゼロ

芋焼酎や黒糖焼酎など、甘さのイメージがある焼酎はなんとなく糖質があるように感じられますが、これらも蒸留酒として作られている場合は糖質はゼロですので、問題なく飲めます。例え原料がはちみつだったとしても、原料が持つそもそもの糖質は製造過程の蒸留により全てアルコールに変化します。そのため、どんな原料を使っていても蒸留を経ている限り、糖質は含まれません。

飲み方を工夫する

甲類焼酎は特に味が無いため、ついジュースで割ったり甘いカクテルにして飲んでしまうこともあると思いますが、糖質制限中であったりダイエットをしているのであれば、水割りやお茶割りにしましょう。せっかく焼酎自体の糖質が無いのですから、他のところでプラスしてしまうと勿体ありません。味に飽きるようでしたらウーロン茶を使ったり、ジャスミンティーや無糖の紅茶を使っても良いでしょう。

おつまみに気を付けよう

こちらも飲み方同様、糖質が気になるのでしたら工夫したい部分です。一夜干しや刺身などの魚系は低糖質であるため、糖質制限中やダイエット中でもたくさん食べられます。ナッツ類が好きならばピーナッツやマカダミアナッツではなくアーモンド、濃い味が好きならばタレのついていない塩味の焼き鳥やチーズを選びましょう。揚げ物系やカロリーの高いドレッシングのかかったサラダなどは、糖質制限中にはおすすめできません。特に、揚げ物の中でもフライドポテトやピザなどの高カロリーであるものは控えましょう。

飲み方・おつまみを少し工夫すれば、お酒を我慢しなくとも糖質ゼロの焼酎ならば酔えるほど十分に楽しめます。

焼酎は比較的体に優しいお酒

糖質やプリン体がゼロである焼酎もお酒はお酒ですので、健康に良いとは言えません。しかし、他のお酒に比べると焼酎は糖質制限中でも適量が許されたお酒であり、血糖値も上がりにくいお酒であるためダイエット中に楽しむお酒としても適しています。飲みすぎに注意しながら、適度に楽しみましょう。