お酒好きなら知っておきたい。焼酎の甲類と乙類の違い

焼酎は芋焼酎、米焼酎、麦焼酎のように使用する原料によって分けられていますが、その前の段階で、大きく2種類に分けられているのです。甲類、乙類と種類分けされているのには、もちろん理由があります。製造方法を知ると、その違いについて知ることが出来ます。

甲類焼酎について

甲類焼酎の特徴は、香りやクセが無いので無味無臭の焼酎と言って良いでしょう。そして、価格も乙類焼酎よりも安くなっています。乙類焼酎よりも馴染みがないように思われがちなのですが、居酒屋などお酒を提供する飲食店では、酎ハイやサワー、リキュールの材料用として使われているので、知らないうちに飲んでいることが多いのです。また、果実酒を作る時に使われるホワイトリカーも甲類焼酎の仲間になります。大五郎、鏡月、眞露といった銘柄はコンビニでも販売されています。

乙類焼酎について

乙類焼酎の特徴は、主に使われている原材料の個性がハッキリとしています。芋、米、麦、黒糖、蕎麦といった焼酎は、それぞれに味や香りに個性があります。甲類焼酎とは違い、ロックや水割り、お湯割りと飲む人の好みによって飲み方があり、香りを楽しみながら飲むのが一般的になっています。乙類焼酎は「本格焼酎」と呼ばれており、主に九州地方の各地で生産が盛んに行われています。

甲類、乙類は製造の過程に違いがある

甲類、乙類は味や香りに違いがあるのですが、その違いは焼酎を造る過程に違いがあります。焼酎を造る時の蒸留方法によって甲類、乙類に分けられおり、蒸留の仕方でそれぞれの特徴が出てきます。また、蒸留すると原料の糖質や不純物が取り除かれるので、焼酎には糖質やプリン体が全く含まれていないのです。

甲類焼酎の蒸留方法

甲類焼酎は連続式蒸留方法で造られています。甲類焼酎以外にはウイスキー、ウォッカ、ジンもこの方法で造られています。原料を糖化、発酵させて出来た「もろみ」を連続式蒸留機で高純度のアルコールを抽出し、焼酎になるのです。

乙類焼酎の蒸留方法

乙類焼酎は単式蒸留方法と言って、連続式と違って一度しか蒸留しません。乙類焼酎以外では、ラム酒、ブランデーがこの方法で造られています。仕組みもシンプルになっており、アルコール以外の香りも抽出されるので、風味が豊かになっています。一度しか蒸留しないので、原料の風味や香りが残って個性のある焼酎が出来るのです。

法律でも定められている

甲類焼酎と乙類焼酎の分類は蒸留方法だけでなく、1949年に制定された酒税法によって区分けされています。また、税法上では甲類焼酎のアルコール濃度は36%未満、乙類焼酎は45%以下に定められているのです。

甲乙混和焼酎とは?

甲類焼酎と乙種焼酎を混合したものを混和焼酎と言います。クセのない甲類焼酎と、香りや味の個性が強い乙類焼酎とそれぞれの特徴を活かしてブレンドされています。甲乙混和の焼酎は、どちらをメインにブレンドするのかで呼び方が変わります。甲類が50%以上使われていると甲類乙類混和、50%未満になると乙類甲類混和の表示になっているのです。比較的価格も安く販売されており、コンビニよってはプライベートブランド商品が販売されています。